国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Chapter 1】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Chapter 1】

撮影:平間至

「未来は、私たちの手で変えられる」。そんな熱い想いを抱くモデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。およそ20年をフランスで暮らし、日本に移り住んで5年。国民性や文化の違いを乗り越えて、いまの日本の若い世代を自分の言葉で勇気付けたい、と語ります。

本企画は、パリでファッションを学び、モデルとして活躍する国木田さんに、日本の女性たちのエンパワーメントを目指し、ファッションの歴史を紐解きながら、セクシャリティやジェンダーの問題について、フランクに語っていただく連載コラムです。

プロローグを読む>>>

「ファッション」の誕生

 

——「ファッション」とひと口に言っても、その言葉が意味するものは非常に広範です。まず第1回では「ファッションとは何か」ということについて、国木田さんなりの言葉で語っていただければと思います。

 

「ファッション(Fashion)」という言葉が確立するのは、1940年代、戦後になってからです。それまでは「モード(Mode)」という言葉が用いられていました。(※今回のコラムでは、便宜上、過去の歴史について言及する際や、両者を総括して話す際にも「ファッション」という言葉を用いる場合があります)

 

「ファッション」が登場するまで、「モード」は、ごく一部の特権階級のみに許されたものだったと言えます。贅を尽くした王侯貴族のオーダーメイド品が、各時代の「モード」でした。そもそも戦前、庶民に服飾品を楽しむ余裕なんて、ありませんでしたから。

 

現在「ファッション」という言葉がカジュアルに用いられ、幅広いものを対象としているのに対して、「モード」という言葉に高級でエッジィなイメージがあるのも、そのためです。ハイブランドは「ファッション」という言葉よりも「モード」という言葉を用いていますよね。

 

それが戦後、産業・経済の発展によって、大衆の「ファッション」が生まれました。ですから「ファッション」は、マスプロダクション、量産可能な規格製品の意味合いが強いんです。

 

CHLOE(クロエ)がプレタポルテ(高級既製服)を発表し、他のメゾンが次々にプレタポルテ市場に参入するのが、1950年代。CELINE(セリーヌ)が60年代後半にプレタポルテのコレクションを展開したのが、「ファッション」という市場が隆盛する決定打だったと思います。

 

撮影:平間至

「モード」から「ファッション」へ

 

——日本語の「モード」や「ファッション」は、かなり曖昧な意味で使われていますが、歴史的には「モード」から「ファッション」に向かって、服飾文化の裾野が広がっていったということですね。

 

波及の流れも、人が変わり、モードが変わり、それに伴ってファッションが変わっていきます。そうしてまた、そのファッションの変化に、人が影響される場合があるのですが。日本語の「ファッション」には、最新のものというイメージがありますが、新たな価値観やスタイルが「ファッション」として認識された時点で、それはもはや広く世間に浸透しているので、最新のものではなくなっている、とも言えます。

 

「モード」はコンセプチュアルで、より前衛的。新しい思想を取り入れているんです。日本においては、Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)やCOMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)などが挙げられると思います。それに対して「ファッション」の方は、より形式化されたもの、と言えばよいでしょうか。

 

「モード」の例としては、近年のLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン)がわかりやすいかもしれません。2018年にクリエイティブ・ディレクターに採用したヴァージル・アブローは、もとは建築学を学んでいて、ストリートカルチャーに通じていました。また彼はDJ(ディスクジョッキー)の顔も持ち合わせています。ハイファッションの世界に、異ジャンルの思想を導入したことが「モード」だったんです。

 

けれど今、ストリート系はひとつの「ファッション」として市民権を獲得してしまっていますから、時代はもう次のフェーズに向かい始めているのかもしれませんね。

「内」と「外」の中間にあるファッション

 

——国木田さんは、学生時代にファッションの勉強をされて、そこからどんなことを学び取られたのでしょうか。

 

とても多くのことを学びましたが、ひとつには、ファッションがポリティカルな側面を持っているということ。ファッションが、その成り立ちからマスのものである、ということは、つまり社会・経済と密接に結びついているということです。

 

そして、ファッションは「内」と「外」の中間にあるものだということです。本来の自分と、対外的な自分。自分が認識している自分と、他人に認識させたい自分。ファッションは、この「内」と「外」の中間にあります。自己表現のツールであると同時に、社会的役割を演じるためのツールでもあるんです。

 

ファッションは、長い歴史の中で、女性たちを幸福にもしたし、不幸にもしてきたと思います。ファッションの歴史を学ぶことは、現代のセクシャリティやジェンダーの問題を考える上で非常に有意義です。

 

——次回は、ファッションの歴史をたどりながら、その社会的な影響力についてお話をうかがっていきます。

続きを読む【Chapter 2-1】>>>

国木田彩良/Saila Kunikida

1993年、イギリス・ロンドン生まれ。フランス・パリで育ち、高校卒業後に服飾の名門スタジオ・ベルソーでファッションの歴史、デザイン、マーケティングを学ぶ。日本人の母とイタリア人の父を持ち、明治時代の小説家・国木田独歩の玄孫にあたる。

自身のルーツである日本に興味を持ち2014年単身来日、モデル活動を開始。2015年、三越伊勢丹の企業広告「this is japan」のイメージビジュアルに登場し注目を集める。国内外のハイファッション誌を中心に活動の傍ら、パリで形成された感性と日本で暮らす中で見えてきたことを発信していこうとSDGsに携わりながら、主にフェミニズムに関するトークショーに参加したり文章書いたりするなど活動の幅を広げている。

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業8期目に入り「BRAND STUDIO」事業を牽引、webマガジン『ethica(エシカ)』の運営ノウハウとアセットを軸に、webマガジンの立ち上げや運営支援など、企業の課題解決を図る統合マーケティングサービスを展開。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

パネルディスカッション「グローバル企業に学ぶサステナブル・ビジネスの実践法~課題を乗り越えるための方策とは」 フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん
一期一会

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます