(第8話)「いい塩梅な食のカタチ 」 キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第8話)「いい塩梅な食のカタチ 」 キコの「暮らしの塩梅」

酵素玄米と白米のおむすび

「私によくて、世界にイイ」が実現できる、エシカルな暮らし・食のカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に…日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らし、一日三度のごはんを、少しでも”良い”ものにできたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

リュックを背負ってピクニック

第7話では「食品ロス」について、暮らしのなかでできる工夫をお話しました。

「Food」カテゴリー最終話となる今回は、これまでの話を振り返りつつ、私にとっての「いい塩梅」な食のカタチについてお伝えできればと思います。

「食べたもので体はできている」

自身のアトピーをきっかけに食に関心を持ち、「食べたもので体はできている」という言葉に出会ってから、日々口にする食べ物をできるだけオーガニックで自然な形で作られたものを選んだり、動物性の食品を控えたりするなど「何を、どう食べるか」を意識するようになりました。

食べものによって体調や体質が変化していくことを実感したこと、

食品ロスの問題を目の当たりにしたことで、その後は食にまつわる問題へと関心が広がります。

今の食のあり方は持続可能でないことを知り、暮らしのなかでできることはないかと工夫するようになりました。

・不自然な原料や製造方法を経たものでないか

・生産から消費のプロセスで環境に大きな負荷がないか

・作り手も食べ手にも有益なものか

小さなことですが、消費者である私たちがどのような選択をするか、その小さな積み重ねによって少しずつ未来は変えることができるのです。

畑の白菜

ストイックに取り組んでいた先に見えたこと

一方で食にまつわる情報は多様です。あるところでは「良い」とされていたものも、別のところでは「悪い」とされていたりします。

自分や家族のため、環境のためにより良いものをと考えれば考えるほど、結局何が「いい」のかわからなくなってしまったり、毎日のごはんとなると、家族の同意を得ることが難しかったり、、

悩んでしまって負担になることも少なくないと思います。

今でこそ「いい塩梅」を心がけるようになりましたが、

「こうあるべき」にとらわれてしまっていた時期もありました。

いろんな情報を知れば知るほど、そこで悪いと認識したことは避けたり否定したり、

その選択をする相手を受け入れることができなかったり、、

外食に行った時など、何を食べたいか以上に何を食べたほうがいいのかな…という考えが頭をよぎり食事そのものを素直に楽しめず、自分の思いと違うものを食べた時には罪悪感すら感じていました。

これって本当に自分が目指していたカタチなのだろうか。

ストイックに取り組んでいたこの先にある未来は、私にとっては持続可能じゃないなと感じ、自分や家族にとって無理のないあり方を模索するようになりました。

米粉、甘酒、豆乳のパンケーキ

毎日の生活に「ハレとケ」を

そのようななかで出会った「ハレとケ」の考え方。

日本人が古来より大切にしてきた伝統的な世界観のひとつで、衣食住や振る舞い、言葉遣いなどを日常と非日常ではっきりと使い分けていました。

質素倹約なケの日と贅沢を楽しむハレの日。そのようにメリハリある生活によって、心身の健康と自然環境に無理のない、理にかなった生き方をしていたのではないかと思います。

今はいつでもどこでも手軽に欲しいものが手に入ります。

食のグローバル化は暮らしの便利さを生んだ一方で、それぞれの土地に根ざし気候風土に適した日本の食文化からは大きく離れていってしまいました。

お肉や精製された小麦、砂糖、油をたくさん使う西洋的な食のスタイルは、長い年月お米や野菜が中心の食生活を送っていた日本人の体にとっては消化の負担が大きく、またその材料の多くは輸入に頼っており、環境にも大きな負荷を与えてしまっています。

発酵食品をはじめ、その土地にあるものを活かし自然のリズムに沿って無理のない形で受け継がれてきた日本の食を暮らしの中に取り入れることは、毎日がハレの日のような今のライフスタイルを見直すきっかけになるように思います。

一汁一菜のケの日のごはんを基本に、時にはご馳走をめいっぱい楽しむ。

「ハレとケ」の考え方は、日本の食文化を見直しつつ、今の時代にもそれぞれの暮らしに合った形で応用できるところに魅力を感じました。

一汁一菜

それぞれの「いい塩梅」を大切に

「塩梅(あんばい)」とは、もともと食酢が無い時代に梅酢(梅を塩に漬けた時にできる酢)と塩を合わせて料理に使っていた際、塩と梅酢の配合加減や加える量で味を変えて工夫していたことから、その加減がちょうどいいことを「いい塩梅だ」と表現していたことが由来とされています。

料理の味加減をはじめ、物事の具合や調子、また体の具合や健康状態を表す言葉としても使われるようになりました。

塩梅

その感じ方、「ちょうど良さ」は人それぞれ。

特定のものを人にとっての善悪や優劣で「食べる」か「食べない」かと対立させる考え方は、一見わかりやすく効率的に考えられますが、一方で価値観の異なる人との対立を生み、分断させてしまう危うさも抱えています。

「ハレとケ」のように、相反する二つの価値観を、けじめをつけて区別し使い分けつつも、矛盾や曖昧さをそのまま包括し間を取り持つ日本の伝統的な価値観。

「いい塩梅」には、単なる「バランス」とは異なる調和的な意味が込められているように感じています。

ヴィーガンハンバーグ

何をどのように食べるかは、一人ひとりの価値観や感覚、心身の状態に大きく影響を受けるものです。

インスタントラーメンを食べても風邪知らずで調子が良い人がいれば、スナック菓子を食べると肌荒れしやすい人もいる。

同じファーストフードでも、ある人にとっては忙しい時にゆとりを作ってくれる「いい食べ物」、ある人にとってはただ体に悪いだけの「よくない食べ物」。

栄養いっぱいの玄米も、冬は美味しく感じるけれど夏はなかなか喉を通らない日も。

辛いことがあった時は、大好きなものさえ口にしたくなくなる、、。

食べものには、栄養学的な数値や効果だけでは測れない側面がたくさんあると思います。

自分自身の体調や、その食べ物が作られる背景に目を向けて、そこに向き合うことこそが大切なのではないでしょうか。

意味を理解したうえで、実際の暮らしのなかではそれぞれが心地よくいられるカタチ(スタイル)にアレンジしてもいい。

無理して我慢してお互いしんどい思いをしながら食べるごはんよりも、たまには好きなものを食べたり、外食や加工食品に頼ってでも家族や友人、パートナーと楽しく過ごせる時間がある方が、日々の生活も心も豊かになるように思うのです。

「ハレとケ」と「いい塩梅」。

自分のなかに基準ができたことで、

以前より肩の力を抜いて少し楽に過ごせるようになりました。

自分にとっての「良い」をこだわりつつも、今は大切な人や私がごきげんに過ごせることを一番大事にしたいと考えています。

私自身のため、家族のため、地球環境のために大切にしたいこと

相手が大切にしていること。

いろんな思いが重なるところに、まずは自分や大切な人の笑顔があるか。

そこに「いい塩梅」な食のカタチ、そして「いい塩梅」に暮らすヒントがあるのではないかと考えています。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(後編)「ジェネレーションZと次世代の経済」 映像作家・ジャーナリスト 小西遊馬さん(慶應義塾大学2年生)
「あたりまえ」は存在しない

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます