(第11話)「敏感肌だからこそこだわり楽しみたい、コスメのこと」(前編) キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第11話)「敏感肌だからこそこだわり楽しみたい、コスメのこと」(前編) キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に…日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第10話では、浄化作用が強く飲んでもスキンケアとしても使える万能なびわの葉についてお伝えしました。

今回の記事では、コスメを選ぶ時のポイントについてお話ししたいと思います。

本当に安全?オーガニックコスメ

「キレイになりたい」気持ちを支えてくれるメイク。

おしゃれなパッケージに色とりどりのパレットを見るだけでも、なんだか心が弾むような気がします。

でも、毎日するものだからこそ肌への負担が気になる、という方は多いのではないでしょうか。

私の場合はアトピーの影響もあり敏感肌で、なかなか自分に合ったスキンケアやコスメを見つけられませんでした。

慎重に選ぼうと成分表を見ても、並んでいるのは馴染みのないカタカナばかり。

パッケージに書かれている「植物由来」「天然成分」「無添加」「◯◯フリー」などといった、なんとなく”肌に良さそう”なものに惹かれて購入したものの、肌に合わずかぶれてしまった経験もありました。

「オーガニック」や「ナチュラル」「無添加」の表記があれば安心かと言えば、一概にそうとは言えません。

日本のコスメ業界の規制はまだまだゆるく、「オーガニック」に関してはわずか0.1%以上の有機由来成分が使用されていれば、そのように表記することが可能となっています。

実際は成分の大半が化学物質だったということもあり得るのです。

また、オーガニック系コスメでよく使用されるハーブの精油や植物のエキスなどは、それ自体がアレルギー作用をもつものであったり、抽出に化学の力を必要としたりすることもあり、人によってはそれが刺激になってアレルギー反応や肌荒れの原因になる場合もあります。

肌の天然のバリア機能を守ろう

化粧品の多くに含まれる化学成分。それらは品質や効果を維持するためには必要な成分でもあるため一概に悪いものとは言えないのですが、肌に負担が大きくさまざまな肌トラブルの原因となっていることも少なくありません。

私たちの皮膚には腸内環境と同じく何十種類もの常在菌が存在しています。

それらが安定したバランスを保っている時は、皮膚の病原菌の侵入を抑えるバリア機能となり刺激から肌を守ってくれています。

化学成分によってこのバランスが崩れてしまうと、肌の抵抗力が弱まり炎症や発疹などの皮膚トラブルの要因となってしまうこともあるのです。

化粧品に使われる添加物でよく耳にするものには、防腐剤、界面活性剤、鉱物油、人口着色料・香料、酸化防止剤などがありますが、中でも特に防腐剤、合成界面活性剤、香料は肌の油分や水分を奪い刺激になりやすいと言われています。

例えばパラベン(防腐剤のひとつ)は、抗菌作用が強く肌の常在菌まで殺してしまうこともあります。正常な肌であればバリア機能が壊れても時間をかけて元に戻れますが、敏感肌の人は一層その刺激を受けやすく、肌内部の水分や油分が奪われてより弱い肌になってしまうのです。

そのため、肌の持つ天然のバリア機能を壊しやすい成分が多く含まれているかそうでないかが、選ぶ際の1つの重要な基準となります。

昔から伝わる自然な製法で肌を健やかに

化学の力を使って化粧品が作られるようになったのは、ほんの100年ほど前からのことです。

それよりはるか昔から、世界中で薬草や鉱物、油を使ったスキンケアや化粧品は作られていました。

今使われている化粧品の多くは、古代エジプトが起源だと言われています。

例えば古代エジプトの人の絵で印象的なアイライナーは、殺菌作用をもつ樹木の樹脂を焼いてススを作り、植物油で練って作られたもので、強い日差しや細菌、虫などから目を守るためのものでした。

日本でも、平安時代には前回お伝えしたようなビワの葉、どくだみ、よもぎなどの身近な植物の効能を利用した美容法や健康法が医学書に記されていました。

古代においては美容は医学とも結びついており、化粧品はただ外見を飾るものではなく、肌や体を健康に保つための医薬品でもあったのです。

そのような伝統的な知恵を生かして、安全性が高い成分が使われているものこそ、本当の「オーガニックコスメ」と言えるのかもしれません。

日々のスキンケア、メイクにどのようなものを使うかは、私たちの選択に任されています。

できることなら、素肌にも環境にも優しいものを選んでいきたい。

使われている成分や作っている会社の考え方を知ることも、一つの方法だと考えています。

次回は、コスメを選ぶ際に気をつけたい成分と私が実際に使っているものをご紹介したいと思います。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

「エシカル世代」の広瀬すずさんも参加! チェキでみんなの「希望」を共有しよう!
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Chapter 2-1】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます