日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!

能『羽衣』観世清和

『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。

新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次元ミュージカルや、日本の古典芸能と最新テクノロジーの融合など、コロナ禍のもとでも楽しめるすばらしいエンターテイメントが放送&配信されることになったので、ご紹介します。(記者・エシカちゃん)

エシカル世代も日本の美を再発見できる「日本博」

『日本博』をご存じですか? これは、2020年の東京オリンピック(2021年に延期になってしまいましたが……)に合わせて、日本各地で展開される、縄文時代から現代まで続く「日本の美」を国内外へ発信し、次世代に伝えていこうというプロジェクトです。

その内容はというと、総合テーマ「日本人と自然」のもと、「美術・文化財」「舞台芸術」「メディア芸術」「生活文化・文芸・音楽」「食文化・自然」「デザイン・ファッション」「共生社会・多文化共生」「被災地復興」の8つの分野にわたって、縄文時代から現代まで続く「日本の美」を表現したもの。

こう話すと、ずいぶん難しそうなイメージがありますが、実はそんなことは全然なくて、エシカル世代の私たちも楽しめそうな内容のものがたくさんあるので、ぜひホームページ(https://japanculturalexpo.bunka.go.jp/)をチェックしてみてください。

要チェックの舞台がテレビで見られる!

このプロジェクトも、新型コロナの影響で実施の延期を余儀なくされていたのですが、ようやく順次開始されることが決定!

まずはリアルなイベントではなく、「日本博特別公演『日本の音と声と舞』の放送と配信からスタートします。

こちらは、2020年3月14日(土)に東京国立博物館平成館で収録された舞台芸術で、

第一部では、日本博広報大使の黒柳徹子さんからのメッセージに始まり、アイヌ古式舞踊、そして 2.5次元ミュージカル ミュージカル『刀剣乱舞』を上演。

第二部では「月雪花(つきゆきはな)にあそぶ」と題し、歌舞伎、能、文楽、雅楽 、日本舞踊、合唱などをプロジェクションマッピングとともに楽しめます。

黒柳徹子さんからのメッセージも聞いてみたいですが、『刀剣乱舞』を見られるというのも、注目ポイントではないでしょうか。

また、日本の古典芸能とプロジェクションマッピングの融合もとても気になります。

エンターテイメントに縁遠くなってしまっているいま、チェックしておきたい番組ではないでしょうか。

放映&配信日時は、次の通りです。

日時:2020年6月20日(土)12:00~13:24

放送局:BS日テレ

BS日テレでの放送後、民放テレビ局連携公式ポータルサイト「TVer」で1か月間配信されます。(6月20日放送後~7月19日までの予定)

撮影:下村一喜

ユリノキ インスタレーション 小松宏誠 提供:Media Ambition Tokyo

主 催:文化庁 独立行政法人日本芸術文化振興会

特別協力:東京国立博物館

Organized by : Agency for Cultural Affairs Japan Arts Council

Special Cooperation by : Tokyo National Museum

(右)日本博特別公演司会の谷原章介氏(日本博サポーター)

歌舞伎『石橋』尾上菊之助

日本舞踊 鷺娘(さぎむすめ)尾上紫

2.5次元ミュージカル ミュージカル『刀剣乱舞』

リアルな『日本博』が始まったら、ぜひ足を運んで、「日本の美」に改めて触れたいと思います!

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第13話)「敏感肌だからこそこだわりたい、コスメのこと」(後編) キコの「暮らしの塩梅」
蜷川実花さんの新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」 渋谷パルコ「PARCO MUSEUM TOKYO」で6月29日まで開催中

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます