「モチベーション」なしには何も生まれない【スミレのドイツ留学 回想録】
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。

「エシカル世代」とは、1995~1999年に生まれた、「エシカル」「フェアトレード」などに関心が高い世代のことが特徴だそうです。ちなみに1997年生まれの私は、まさにエシカル世代。とは言いながら、特に「エシカル」を意識することもなく、日本で、子供たちにかかわるワークショップなどで活動していましたが、思うところあり、2019年からの1年間、文部科学省が実施している「トビタテ!留学JAPAN」の9期生として、ドイツに滞在しました。すると、そのドイツで触れた地球や動物に優しい暮らしや考え方は、まさに「エシカル」そのもの。衝撃的でした。「エシカル世代」の自分たちのあり方を思いながら、そこで学んだこと、感じたことを綴っていきたいと思います。

大学で勉強をしたい

ドイツに来て早くも7か月半が経ちました!

大学に行かない日々。学業から離れた日々。

そんな毎日を過ごす中で学んだことが「モチベーションを持つことの意義」でした。

私はすでに3年間の大学生活を終えています。特に学びたいことが明確に無かった高校3年生の私は、好きだった英語をもう少しやってみるか!という軽い気持ちで英語学科を選びました。色々な分野、学部の授業を英語/日本語で幅広く取ることができるこの学科で、私は何となく興味のある講義をたくさん取ってきました。けれど、今でも記憶に残っている講義は正直10くらいしかありません。まとめると、私はこれまで大学で「学んでいる!」という感覚を得ることができませんでした。

そんな私ですが、今、「ああ!大学で勉強したい!」という瞬間がたくさんあります。ドイツ語、英語はもちろん、地球環境のこと、教育学、心理学、これまで一度も好きになれなかった歴史ですら、今は勉強したいと思います。

ドイツに来て私が今でも苦戦しているドイツ語。

実は初めてドイツ語に触れたのは高校2年生の時。国際教養科の第二言語の授業でした。大学でもドイツ語を選択しています。こう数えるとドイツ語歴は実はとても長い…。高校でも大学でもドイツ語の成績はいつも優秀でした。成績はよかったものの、モチベーションは高くありませんでした。ドイツに行くと決まっても中々モチベーションは上がらず…。本気で勉強したことはありませんでした。

そんな私がドイツに着いた時、話せたことは 「私はスミレです。21歳です。日本から来ました。」本当にこの程度のものでした。子どもたちの言っていることが何一つとして理解できなかった幼稚園初日。日本で、モチベーション無しに勉強したものは何一つとして身についていなかったという事実を突きつけられ、ショックを受けました。

何が言いたいかというと、「モチベーション」なしに勉強しても意味がないということ。

そしてモチベーションはすぐに見つかる場合もあれば、そうでない場合もあります。英語へのモチベーションは小学生の頃にすでに見つけました。実際にそのモチベーションが今につながっています。一方で、大学で学ぶモチベーションを見つけるのにかかったのは4年。ドイツ語を学ぶモチベーションを見つけたのは、実際にドイツに来てから。ドイツ語に触れた日から5年もかかりました。

今やっていること/学んでいることに魅力を感じられない。そう感じた時、そのまま続けるのはもったいない。そんな時にできることが2つあると思います。

一つは、そのことに対するモチベーションを探すこと。

もう一つは、自分は何に対してモチベーションを持っているのか、自分の元々持っているモチベーションを見つけること。

そして一度見つけたモチベーションを大切にすること。

ドイツに来て、モチベーション探しを大切にする若者の姿をたくさん見てきました。日本に比べ、高校卒業をしてそのまま大学に進学する人がとっても少ないドイツ。なぜなら、モチベーションがまだ見つかっていない人は、まずは自分が何をやりたいのか、モチベーションを探す時間を作るからです。海外に行ってみたり、職業体験をしてみたり、アルバイトをしてみたり、モチベーションが見つかるまでは次のステップには進まない。

進むペースはゆっくりかもしれない。でもそれは「意味のある時間を過ごすための準備期間!」

モチベーションを、そしてそれを見つけるための時間や機会をより大切にする人が日本でも増えたらなと思います。そして私も、現在見つけたモチベーションを大切にしていきたいです。

記者:スミレ

1997年生まれ。千葉県出身の大学生。トビタテ9期生として、2019年1月よりドイツに留学。2016年よりNPO法人じぶん未来クラブにて学生ボランティアとして活動。日本各地で行われる教育ワークショップにてこれまでに1000人以上の子どもたちと関わる。ボランティアリーダーとして各ワークショップを率いたり、新規ボランティアを対象とした研修等も行う。学業やアルバイトからは得ることのできない「ボランティアの魅力」を1人でも多くの学生に伝えたいとの想いのもと、「ボランティア先進国」と呼ばれるドイツにてボランティアを行いその仕組みを探る。

Pay it Forward ~優しさは連鎖する~

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

スミレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

なめらかで光沢感のあるユニクロのプレミアムリネンで春夏を快適に After/Withコロナ時代に求められるのは「思い」のある丁寧なモノづくり
(第15話)「暑い季節こそ気をつけたい。夏の冷え対策」 キコの「暮らしの塩梅」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます