(第25話)「大切にしたい和のこころ〜二十四節気を楽しむ暮らし」キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第25話)「大切にしたい和のこころ〜二十四節気を楽しむ暮らし」キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……。日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第24話では、家族で過ごすある夏の一日の回想録をお伝えしました。Art&Culture最初の記事となる今回は、古くから日本の暮らしに根ざしている「二十四節気」について、今の季節に沿ってお伝えしたいと思います。

古くから人々の暮らしを支えてきた二十四節気

四季の変化が豊かな日本。

旧暦や節気には、その季節のうつろいがとても美しい言葉で表されています。

 

以前ハレとケの記事で、桃の節句や端午の節句などの五節句は季節の節目に当たる日で、神々に感謝し祝うハレの日の行事だとお伝えしました。

 

一方、今回お伝えする二十四節気は、太陽が地球を一周する一年の期間を24の節目に分けて、季節の移り変わりの指標とされたもの。

 

日本は7世紀ごろから古代中国より伝わった太陽太陰暦(旧暦)を採用しており、人々は月の満ち欠けを元に暮らしを立てていました。

しかし月の満ち欠けの周期は29.53日なので徐々に季節感のズレが生じてしまいます。そのため、太陽太陰暦では32〜33ヶ月ごとに一度閏月をもうけて一年を13ヶ月とし調整していました。

 

そのような背景から、間隔が一定で毎年同じ時期に同じ節気が巡ってくる二十四節気は、季節の目安としての拠り所となり、天候に影響を受けやすい農業などにとても重宝されていました。

 

昔の人たちはカレンダーがなくても、この節気を基準に生活を営んでいたのです。

 

ちなみに、日本で太陽暦(新暦)が採用されたのは、旧暦の明治5年12月3日。

その日が新暦の明治6年1月1日となりました。

そのため、旧暦と新暦との季節感には1ヶ月ほどズレが生じています。

 

(例えば、桃の節句には桃が咲かず、七夕の日は梅雨の真っ只中ですよね。五節句は1ヶ月遅れて旧暦で考えると、季節にしっくりと合うことがわかります)

秋の節気はどんなものがある?

まだまだ暑さが残るこの頃ですが、暦の上ではもう秋の半ばです。

今回は秋を表す節気「立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降」をご紹介します。

 

今年の立秋(りっしゅう)は8月7日でした。

立春からちょうど半年たった時で、秋の始まりを表します。

 

季節の挨拶も、この日以降は残暑となりますね。

 

8月23日の処暑(しょしょ)は暑さの終わりを意味します。

お天気の日にふと空を見上げると、いつの間にか高く澄み切っていて

「ああもう夏も終わりだなぁ」と感じる頃。

この頃から少しずつ朝晩が過ごしやすくなり、いよいよ台風シーズンにも突入です。

間もなく訪れるのは、白露(はくろ)。

夜の間に気温が下がり、草花に朝露が宿るころを表します。

ムワッとした暑さが抜けて、澄んだ朝の空気に思わず散歩に出かけたくなるこの時期。

 

日中は暑さが残るのでついつい薄着をしがちですが、朝晩との気温差も広がるため足元からの冷えには要注意です。

サンダルから靴へ。アイスコーヒーから温かい飲み物へと少しずつ意識して、寒さに備えて体を整えていきたい時期です。

1年かけて太陽の周りを一周する地球のスタートラインは、実は元旦ではなく春分の日。

そこからちょうど半分の地点が「秋分(しゅうぶん)」です。

 

今年は9月22日。国民の祝日のひとつですね。

春分と同様、昼と夜の長さがほぼ同じになりこの日を境に秋の夜長に向かいます。

 

この秋分の日を真ん中に前後3日は「お彼岸」です。

太陽がまっすぐに東から西へと通り、昼と夜が半分になるこの日は、彼岸(あの世)と此岸(この世)が通じる特別な日と考えられてきました。

 

秋分の日にお供えするおはぎは(春分の日はぼたもち)、魔除けや感謝の気持ちを表しているそうです。

お墓参りは難しくとも、空を眺めてご先祖様に思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

いよいよ暑さが薄れ、10月8日は草木に冷たい露が降りる「寒露(かんろ)」。

稲刈りをはじめ農作物の収穫も最盛期。各地で秋の実りに感謝するお祭りが行われる時期でもあります。

 

そして、秋の終わりを告げる「霜降(そうこう)」は10月23日。

草木に霜が降りて寒さが本格化していきます。

 

季節の変わり目となるのこの時期は体調を崩しやすく、訳もなく気持ちも落ち込みやすいので、体の温まる食事や冷やさない工夫をして心穏やかに過ごすことをいちばんに。

 

ひんやりとした空気を胸いっぱいに吸い込んで、鮮やかに色づいた木立をのんびり歩きたいものです。

小さな季節の変化を五感で感じて

二十四節気は毎日の暮らしに根ざしていて、どんな場所にいても、忙しい毎日を送っていても

誰もが自然の移り変わりのなかで暮らしていることを気づかせてくれます。

 

朝一番の窓を開けた瞬間や、仕事が終わっての駅からの帰り道。

そんな日々のちょっとした隙間時間に、穏やかな自然の時間の流れを一呼吸味わってみるのはいかがでしょうか。

 

四季の変化が豊かな日本に住んでいるからこそ、ささやかな季節の移り変わりを実際に目で、肌で感じる瞬間も忘れずにいたいと思います。

さて、間もなく訪れる中秋の名月。今年は10月1日です。

昔から、秋は月が一番美しく見える季節と言われてきました。

 

9月8日に迎える「白露」ですが、この露という言葉は別名で「月の雫」とも呼ばれています。

気温が下がって、空気中の水蒸気が露となって草木に宿る夜は、空気が澄んで月が美しく見えることからそう言われたのかもしれません。

 

ススキを飾ってお団子をお供えして……。

そんな秋の美しい月をめでたいものです。

 

次回は中秋の名月について、そのいわれとお家での楽しみ方をお伝えしたいと思います。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
インターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2 第二話の見どころをご紹介
独自記事 【 2022/12/5 】 Work & Study
11月7日(月)より配信がスタートした、SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2!「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演して、身近な話題や気づきから、持続可能なアクションやサステナブルについて考えを深めます。今回は、12月5...
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

クリスマスの過ごし方 in ドイツ 【スミレのドイツ留学 回顧録】
9/7〜9/9は全国のスターバックスへ! エシカルなコーヒーの未来を考える「99キャンペーン」開催 〜味わって応援! 一杯の向こう側にある生産者の暮らしや気候変動に目を向けよう〜

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます