(第27話)「子どもの感性を豊かに育むおもちゃ」キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第27話)「子どもの感性を豊かに育むおもちゃ」キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ。」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……。日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第26話では、もうすぐ訪れる中秋の名月の歴史とその愉しみ方をお伝えしました。今回の記事では、子どものおもちゃについてお話したいと思います。

こどものおもちゃ、どんなものを選ぶ?

子どもが大好きなおもちゃ。ブロックやおままごと、お人形、乗り物にプラレールなどなど、魅力的なものであふれています。

 

子どもがたくさん触れるものだから、喜んで遊ぶことはもちろん、できるだけ手触りのよい質の高いものを選びたいですよね。

特に赤ちゃんは舐めたりかじったりするので、体に負担となる成分が含まれず天然素材の安全なものであることも重要です。

 

子どもは遊びを通して、さまざまなことを学んでいきます。

感性が豊かなこの時期だからこそ、創造力を養い「いい刺激」を与えてくれるものであってほしいと思います。

 

自分の子どもにはもちろん、出産祝い、誕生日の贈り物としても喜んでいただけるものを。

そばで見守る大人も見て触れて楽しくなる、そんなおもちゃを今回はご紹介したいと思います。

おもちゃ選びで大切にしたいこと

わが家のおもちゃ選びで大切にしているポイントは、

・自然素材であること

・シンプルなデザインであること

・遊び方が限定されず、成長と共に楽しめるもの

 

自然素材のものは温もりがあり、木製の家具や天然素材のインテリアは大人もホッと和んで、気持ちが落ち着きます。

プラスチック製のものが多いおもちゃですが、自然のものに近いほど子どもにとっても触り心地がよく、馴染みやすいのではないでしょうか。

 

自然素材のおもちゃは使えば使うほど手に馴染んで味わいを増し、愛着が湧いてきます。

劣化することが少なく、壊れても、修理したりお手入れをしながら世代を超えて楽しめることも◎。

 

シンプルなデザインのものは、お気に入りのインテリアの中でも主張することなく馴染み、大人にとっても心地よく、散らかっていても気になりにくいように感じます。

 

そして遊び方が限定されないことは、子どもの創造力を育むことにもつながります。

遊びを通して、その健やかな育ちを見守っていけたら素敵ですよね。

娘のお気に入りのおもちゃたち

・ガラガラ

生まれて間もない赤ちゃんの時から、興味津々で手に取ったりガジガジしたりと楽しんでいたもの。丸などシンプル形から動物をモチーフとしたもの、音が鳴るものなどいろいろな種類があるので、赤ちゃんの興味や好みに合ったものを選んでみてください。

・音あそびのできるおもちゃ(木琴、玉転がし)

おすわりができるころから、手が自由に使えるようになってきます。

上から玉を落とすと転がっていき、カラカラと音が楽しめる玉転がしは、つまむ、はなすといった動作を無理なく育むことができます。

たたいて音のなる木琴などのおもちゃは、大人が歌と一緒に鳴らしたりするだけでなく、そのうち自分で楽しむようになったりと、音を楽しみながら遊べます。

・木のブロック、色彩の豊かな積み木

遊び方が無限に広がる積み木は、必ず用意したいもの。

グリム社の色彩の美しい積み木やトンネル型のアーチの積み木は、口に入れても安心な塗料とオイルで仕上げられています。バランスよく積んでいくことを楽しんだり、時にはおままごとの野菜やお人形のお家になったりと、いろんな物に見立てて遊べます。

・ウッドボール、ウールボール

自然素材はプラスチック製品にはない、一つひとつの素材の手触りや硬さ、重さなど質感の違いを感じることができます。木ひとつをとっても、軽いもの、ずっしりと重みを感じるものとさまざまです。手の中でなめらかな木肌をただただ味わってみたり、お弁当のおかずになったり、平べったいものはそうっとバランスよく積むことを楽しんだり。

なんでもないシンプルな形だからこそ創造力を膨らませて遊べることができ、使えば使うほど手に馴染んでしっとりと艶が増してくるのも魅力です。

・シルク、ガーゼ、コットンの布

赤ちゃんのころはいないいないばぁを楽しんだり、すべすべ、ふわふわとした感触を味わったり。そのうち、お人形のおくるみになったりお布団になったり、体に巻きつけてマントやドレス、棚と棚の間にかぶせておうちに見立てて……と遊びがどんどん膨らんでいく布。

おうちにあるハギレも、おもちゃ棚に加えてみてもいいかもしれません。

・おままごと道具

お皿やお鍋、包丁などの道具は子どもにとってとても魅力的です。

一つずつあることで、おままごとなどの見立て遊びをより広がりのあるものにしてくれると感じます。

大人が料理する姿を同じように再現して遊ぶ娘の姿に、よく見ているなぁとドキリとすることも。

おもちゃになるものは身近なところにも

わざわざ購入しなくても、自然の中にもおもちゃになる素材はたくさんあります。

今の時期なら、公園に行けば落ちて間もない綺麗などんぐりや松ぼっくりがたくさん。

お湯で煮ることで、気になる虫対策もできます。

美しく色づいた葉っぱを集めて、色や形の違いを楽しむのも素敵ですね。

わが家では、おもちゃ棚に飾ったり、おままごとの具材になったりしています。

 

海や河原に行く機会があれば、貝殻や石ころを拾ってきます。

水の流れで角が落ちた石は丸くひんやりとすべすべして、心地よいものです。

小さいころから本物に触れるということ

現代は、スマホひとつでなんでも調べたり見たりできる便利な時代ですが、例えば木の実ひとつをとっても、画面越しに見るのと実際に森に行って手にするのでは感じ方は全く違います。

 

だからこそわが家では、小さいうちはできるだけ本物に触れてほしいと考えています。

 

プレゼントしたりいただいたり、気がつけば子どもの周りにたくさんあるおもちゃたち。

 

質の良いものをお手入れしながら長く使うことは、ものを大切にする心を育むことにも繋がるのではないかと思います。

土にも還る自然素材のものは、無駄がなく環境にも優しいのも魅力です。

 

最近では、色々なこだわりをもってセレクトしているおもちゃ屋さんがたくさんあります。

今後、おもちゃを購入する時の参考になれば嬉しいです!

おもちゃ屋さんのご紹介(参考サイト)

 木のおもちゃ専門店 おもちゃの森sapporo
木のおもちゃユーロバス
キッズいわきぱふ

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

日本の外に出るということ 【スミレのドイツ留学 回顧録】
『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2020』セレモニー速報!〜要潤さん&奥菜恵さんにエシカが単独インタビュー〜 アジア最大級の国際短編映画祭が9月27日(日曜日)まで開催中!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます