【ethica-Tips】ずっと使いたくなるサステナブルな傘で雨の日をもっと楽しく!
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica-Tips】ずっと使いたくなるサステナブルな傘で雨の日をもっと楽しく!

コンビニや100円ショップで簡単に手に入るビニール傘。でも、雨上がりの歩道に捨てられたままの傘を目にすることも少なくありません。ビニール傘の使い捨てや放置は今、とても深刻な問題です。そこで今回は、大切にずっと使いたくなるおしゃれな傘と傘のシェアリングサービスをご紹介。

雨降りが続くと気持ちも沈みがちですが、環境に配慮したサステナブルな傘で、雨の日の外出を楽しんでみませんか?(記者:エシカちゃん)

【ethica-Tips】① キース・へリングとコラボしたオリジナルビニール傘が新登場!

風に強いグラスファイバー耐風仕様。(1,400円/税込)

1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリング。没後30年を迎えた今もなお、世代を超えて多くの人に愛されています。そんなキース・へリングのポップなアートを起用したビニール傘がセブン・イレブンに登場!N.Yの地下鉄に描いたグラフィティ作品を彷彿させるキャラクターで埋め尽くされたカラフルな傘をはじめ、モノトーン、ロゴ&ワンポイントイラスト入りなど3種類がラインナップ。長さ65cmのジャンプ式傘はいずれもグラスファイバーを使用し、耐久性にも優れています。

<詳細情報>

東京・埼玉・千葉・神奈川のセブン-イレブン(※取り扱いのない店舗もあり)と、セブンネットショッピングで購入可能。

※時期によりお取り扱い店舗の変動があります。

 

【ethica-Tips】② デザイン優秀!ずっと使えるリペアブルなアンブレラ

2017年にグッドデザイン賞を受賞した+ TICシリーズ 60cm 直径:98cm(3,850円/税込)

ビニール傘は味気ない。何度か使っているうちに壊れては捨てる…。

街中にあふれる傘の残骸を見ながら「みんなが楽しい気持ちで大切に使い続けられる傘を作りたい」。そんな思いから生まれたのが『Ca Et La(サエラ)』の傘。張り替え可能なビニール生地、強風にも耐えられる丈夫さ、万が一壊れても部品を取り替えられるリペアブルな仕様になっているのが特徴です。グッドデザイン賞に輝いた「+TIC(プラスチック)」シリーズをはじめ、カラフルな「Evereon(エバーイオン)」シリーズ、ニュージーランド発「Blunt(ブラント)」シリーズなどバリエーションも豊富。資源をムダにすることなく、長く愛用できるおしゃれな傘で雨の日が待ち遠しくなる!

Evereonのカラフルな骨は柔軟で強いプラスチック製。強い風に吹かれても柔軟に受け止めることができ、万が一逆さに開いてしまってもすぐにもと通りに。Evereon 60cm 直径:100cm、素材:傘生地/POE、機能:張替可能(2,090円/税込)

<詳細情報>

サエラオンラインショップ

https://caetlajp.com

 

株式会社サエラ

〒108-0073 東京都港区三田5-14-17

電話番号 03-5793-8955

平日 10:00-17:00 ※土日祝祭日休

 

【ethica-Tips】③ 傘をシェアしてビニール傘の使い捨てと廃棄を減らそう!

「急な雨」でコンビニに駆け込んでビニール傘を買った経験、誰にでもあるのでは?日本の傘の消費量は推計で年間1億2000〜1億3000万本(※)。世界一とも言われています。ムダに傘を買わず、行く先々で使いたい時だけ使うことができたら…。そんな人にオススメなのが「アイカサ」が始めた傘のシェアリングサービス。24時間70円とビニール傘を買うより安価なため、すでに8万人ものユーザーが利用中。

傘を借りたり返却したりできるアイカサの設置エリアは現在、都内全域・関東・関西・東海など全国約750スポット。駅前やオフィス、学校など各地のスポットも徐々に拡大中です。使い方は、まずアイカサ公式アプリをダウンロードしてマップからエリアを検索。スポットに着いたらスマートフォンをQRコードにかざすだけで簡単に利用できます。支払いは各種クレジットカードの他、LINE Payd払いにも対応。9/16からはZiploc®(ジップロック)によるリサイクル傘のシェアリングもスタート。傘を借りて環境保護活動に参加しよう!

出典:日本洋傘振興協議会:http://www.jupa.gr.jp/pages/faq

駅周辺をはじめ、商業施設や学校などシェアリング

アイカサ公式アプリをダウンロードして使用開始。1回70円(税込)と使い放題プラン/月額280円(税込)あり

<詳細情報>

アイカサ公式サイト

https://www.i-kasa.com

公式インスタグラム

https://www.instagram.com/ikasa1111/

 

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

地球の未来を日々の食卓から考える 〜あなたのサステナブル度をチェック!〜
カボチャと濃厚バターを使った、 秋の味覚を目一杯楽しめるチーズケーキが数量限定で登場!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます