愛着のある衣類をぬいぐるみに仕立て、長く愛用することができるチャンス! 玉川高島屋が「TSUNAGU ACTION」を通じて、 エコ&エシカルな暮らし方を提案
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
愛着のある衣類をぬいぐるみに仕立て、長く愛用することができるチャンス!

リメイク料金:チャーム1体(高さ約14cm)4,400円、ベア1体(高さ約24cm)5,500円 ※写真はイメージです。

日常でエコやエシカルといったキーワードを目にする機会が増えてきましたね。企業が社会や環境に配慮した製品やサービスを提案するケースも多くなっています。中でも注目したいのが、玉川高島屋による「TSUNAGU ACTION」。ハイセンスな商品を通じて、エコ&エシカルな暮らし方を提案しています。(記者:エシカちゃん)

モノを無駄にするのでなく、お手入れをし大切に使い続ける

玉川高島屋が10 月21日(水)から11月17日(火)まで開催している「TSUNAGU ACTION(ツナグ アクション)」。コロナ禍で人々の常識や価値観が大きく変化する中、モノを使い捨てたり無駄にしたりするのではなく、お手入れを楽しみながら大切に使い続けることで循環型社会づくりに向けたライフスタイルを提案しています。早速、各店の魅力を探っていきましょう。

高島屋のカシミヤシリーズをベアぬいぐるみに大胆リメイク

高島屋のオリジナルシリーズ「タカシマヤのカシミヤ」と「シーズンスタイルラボ カシミヤ」のセーターやカーディガンを、ベアぬいぐるみに大胆リメイク。愛着のある衣類をぬいぐるみに仕立てることで、長く愛用することができるとっておきのチャンスです。

リメイク料金:チャーム1体(高さ約14cm)4,400円、ベア1体(高さ約24cm)5,500円 ※写真はイメージです。

〈タカシマヤのカシミヤ〉をオリジナルベアとチャームにリメイク!

期間:10月21日(水)~12月1日(火)
場所:玉川タカシマヤ本館2階 シーズンスタイルラボ

※11月18日(水)~12月1日(火)は玉川タカシマヤ本館1階 T-ステージ1でも注文受付。

 

【注文〜受け渡し期間】

(1)10月21日(水)~11月10日(火) 受付先着50体までは12月23日(水)から受け渡し

(2)上記以外は2021年1月20日(水)から受け渡し

(1)(2)合計100体限り。詳細は売場係員におたずねください。

リメイクを注文すると、12月8日(火)まで有効の「〈2020タカシマヤのカシミヤコレクション〉10%OFFクーポン」をプレゼント。

 

ハギレや傷んだ生地でキモノ由来の美しいファッションを仕立てる

続いて紹介するのは、玉川高島屋に初めての期間限定ショップを開設したキモノのアップサイクルブランド「ウズファブリック」です。ハギレや傷みや汚れで従来は使えなかった生地を目にも美しいファッションとして生まれ変わらせています。ブランドの代表作であるパッチワークストールやマフラーはもちろん、コロナ禍に欠かせないマスクをラインナップ。日本の伝統が息づくキモノ由来のファッションに注目したいと思います。

※写真はイメージです。

〈ウズファブリック〉 Upcycle.Old but New

期間:10月21日(水) ~ 27日(火) ※最終日17時閉場
場所:玉川タカシマヤ本館1階 婦人洋品

 

使い終わったダンボールで作ったエコな財布を展示

そして、注目の段ボールアーティスト、島津冬樹さんは世界中で収集した段ボールを使った財布を展示、販売しています。サステナビリティ(持続可能性)をテーマにしたワークショップを開催するなど、環境保護活動に意欲的な島津さん。「ethica」読者のためにコメントを頂きました!

『新しい試みの展示スタイルでもあるので、ワクワクしながら設営を迎えられました。段ボールも久々の表舞台で喜んでると思います(笑)。あとは多くの方に段ボールの興味深さを知ってもらえるきっかけになればなと思っております』

※写真はイメージです。

~世界の段ボールと島津冬樹~〈Carton〉 段ボール財布 POP UP SHOP

期間:10月21日(水)~11月3日(火・祝)

場所:玉川タカシマヤ本館1階 婦人洋品

 

「捨てたくなくなるエコバッグ」で世の中を元気に

軽量エコバッグでおなじみの「Ball&Chain(ボールアンドチェーン)」。デザインやプロダクトの力を通して、世の中を元気にして行きたいという想いに根ざした、ビビットな色合いと斬新なデザインが特徴です。各界で活躍しているファッションデザイナーやアーティスト、イラストレーターが集まり、「捨てたくなくなるエコバッグ」をテーマに商品を製作。売上の一部を日本赤十字社に寄付しているため、バッグを購入することで社会貢献できるのも嬉しいポイントです。

[Ball&Chain](36×30×マチ9cm)3,850円 ※写真はイメージです。

〈Ball&Chain〉 期間限定ショップ

期間:10月28日(水)~11月3日(火・祝)※最終日17時閉場

場所:玉川タカシマヤ本館1階 婦人洋品

 

「新しい支援のかたち」衣類や雑貨の購入を通じて子どもたちのサポートを

タイ・チェンマイにあるHIVに母子感染した孤児たちの生活施設として始まった「バーンロムサイ」では、施設に隣接した工房でつくった衣類や財布を紹介しています。ポンチョやスヌードは風合いが良く着心地抜群。また華やかな色合いの雑貨はこれからの季節、気分を上げてくれるアイテムとしてもおすすめです。

左から、ちぢみガーゼ ポンチョ 各12,100円、ちぢみガーゼ スヌード 4,180円、古布長財布 各24,200円 ※写真はイメージです。

〈バーンロムサイ〉 POP UP SHOP

期間:10月21日(水)~27日(火)

場所:玉川タカシマヤ本館1階 T-ステージ1

 

買い手と作り手がハッピーになれるエシカルなファッションや雑貨を提案

フェアトレードやオーガニック、ハンドメイドにこだわったエシカルな商品を取り扱っている「エシカループ」。ものづくりに関わるすべての人が幸せを享受できる仕組みづくりにこだわっています。期間限定ショップでも、買い手と作り手がハッピーになれるファッションや雑貨を提案。商品を手に取って選んでいる時間が楽しくなりそうです。

※写真はイメージです。

〈エシカループ〉 POP UP SHOP

期間:10月21日(水)~27日(火)

場所:玉川タカシマヤ本館3階 T-ステージ3

 

青森県のクラフトビールを飲んで地域を応援

米国・フィラデルフィア出身のギャレス・バーンズ氏が青森県弘前市で立ち上げたクラフトビールブランド「Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)」。リンゴやいちご、津軽のお米といった原料にこだわり、これまで約150種類ものクラフトビールを造ってきました。青森だけではなく全国的にも人気のビールを飲んで、地域の取り組みを応援しましょう。今回はイラストレーターのLAZY PIZZA DELIVERYさんがデザインしたスペシャルラベルの「TSUGARU ACTION(ツガルアクション)」もお目見えしています。

〈ビーイージーブルーイング〉 デビーズペールエール 825円 ※画像はイメージです。

〜青森・弘前のクラフトビール〜 〈ビーイージーブルーイング〉POP UP SHOP

-TSUGARU ACTION-

期間:11月4日(水)~10日(火)

場所:玉川タカシマヤ本館1階  T-ステージ1

 

お問い合わせ:

03-3709-3111(玉川高島屋 代表電話)

玉川高島屋公式サイト
https://www.takashimaya.co.jp/tamagawa/sc/departmentstore/

高島屋「TSUNAGU ACTION」公式サイト
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/tsunaguaction/index.html

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第32話)「お気に入りの器を永く大切に。金継ぎの魅力」キコの「暮らしの塩梅」
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます