ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー

左から、司会を務めた佐々木依里さん、エバンズ亜莉沙さん、鎌田安里紗さん、ノイハウス萌菜さん

ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サステナブルな取り組みを続ける13ブランドが会場に集いました。また10/16には今注目の環境アクティビスト4名によるトークセッションが開催され、「生活者視点のサステナブル」をテーマに、興味深いトークが繰り広げられました。セッションの後にはethicaが独占インタビュー。おすすめビューティープロダクツについても教えていただきました!

(記者:ethica編集部・山田ふみ)

会場に集結した気になるエシカル・ブランドを!

ワールドグループのユーズドセレクトショップ「RAGTAG」をはじめ、リメイクブランド「SUPERMADE」、植物性のエコラップブランド「Earth Wrap」など、話題のサステナブル・ブランドが会場に大集結。以前ethica編集部でも取り上げた人気ダンボール作家、島津冬樹さんの「Carton」他、廃棄予定の花(ロスフラワー)をアクセサリーとして蘇らせる「RIN」など、アップサイクルをコンセプトにしたさまざまなプロダクツが会場に勢揃い。

「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サステナブルな取り組みを続ける13ブランドが会場に集った。

植物性のエコラップブランド「Earth Wrap」

廃棄予定の花(ロスフラワー)をアクセサリーとして蘇らせる「RIN」

来場者の方々が、実際に商品を手に取りながら作家や商品開発のストーリーに耳を傾け、理解を深めることができた今回のイベント。ゴミゼロをコンセプトに、米やりんごの“かす”を発酵させることでエタノールを生産し、循環型のコスメやアロマ製品を展開する「FERMENSTATION(ファーメンテーション)」のブースには、製品の開発を熱心に聞く人たちの長い列ができました。

循環型のコスメやアロマ製品を展開する「FERMENSTATION(ファーメンテーション)」

“生活者視点のサステナブル”をテーマにしたトークセッション

“生活者視点のサステナブル”をテーマにしたトークセッションでは、環境省森里川海アンバサダー・佐々木依里さんの司会のもと、エシカルファッションプランナーの鎌田安里紗さん、エシカルコーディネーターのエバンズ亜莉沙さん、「のーぷら No Plastic Japan」代表のノイハウス萌菜さんらがそれぞれの活動と環境への思いを会場でシェア!

左から、司会を務めた佐々木依里さん、エバンズ亜莉沙さん、鎌田安里紗さん、ノイハウス萌菜さん

4人それぞれのサステナブルな取り組みとは?

佐々木: 私は11歳の時“環境活動家になる!”と決心したんです。当時、京都議定書の採択などで地球温暖化が問題になり始めた頃でした。何とかしなくちゃ!と思ったのですが、当時同世代で仲間を見つけるのはとても難しかったです。あれから20年以上、今やっと、同じ活動をする皆さんたちと会うことができました。さっそく自己紹介をお願いします。

ノイハウス: 私は2018年に会社員として働きながらフリーランスで「のーぷらNo Plastic Japan(ノー プラスチック ジャパン)」を設立しました。環境問題の入り口としてステンレス製のストローの販売をはじめ、サステナブルな商品や活動の提案を続けています。最近では、食材を入れる容器や袋を持参して、必要な量だけ購入できる“量り売り”のモデル店舗『nue by Totoya』(東京・代々木)にも関わっています。ナッツや塩、オリーブオイルなど、さまざまなアイテムが購入可能で、そのノウハウをオンラインなどでシェアしています。

『のーぷらNo Plastic Japan』ステンレス製のストロー

鎌田: 私はもともとアパレルの販売や雑誌のモデルとして活動を続けてきたのですが、洋服を着たり買ったりするだけでなく、洋服の生産背景を調べていくうちにエシカルファッションに興味を持ち、衣服と環境についての情報を発信するようになりました。

佐々木: ファッションと環境は大きく関係しているんですね。

鎌田: はい。それを知ってもらうために洋服を作っている工場を見学する“スタディツアー” を企画したり、コットン(綿)の種から1枚のシャツを作るオンラインコミュニティ“服のたね”の運営をしたりしています。

エバンズさん: 私はアメリカのオレゴン州で環境科学を学んだ時、人間の暮らしが環境に与えるさまざまな問題について知ってから、何かしなくては!と考え続けてきました。その後サステナブルな視点をもって世界をまわり、日本に帰国後は環境や人に貢献するブランドやイベントのディレクション、PRを中心に、エシカルライフを提案しています。

消費者視点の「サステナブルなアイデア」4人の提案とは?

手作りのススメ

佐々木: 私が消費者としておすすめするのが、まず身の回りにあるものを何かひとつ自分で作ってみて欲しいということです。歯磨き粉だって石鹸だって手作りできます。その工程を知ることで、さまざまな気づきがあると感じます。

鎌田: 佐々木さんのお家にお邪魔した時、醤油を作っていらっしゃいましたね!

エバンズ: 楽しそうですね。私も作ってみたい!

好きなことから始めよう!

ノイハウス: サステナブルには自分の得意不得意がありますよね。まずは衣食住の中から好きなジャンルや得意分野をひとつ選んでスタートするのがいいと思うんです。

佐々木: 私もそう思います。環境活動家であっても、暮らしのすべてを完璧なエコにできるわけではありませんし、できないことは仲間の助けを借りることもあります。

目的に合ったモノ選びが大切

鎌田: 世の中に流通しているモノやコトに関して“良い悪い”の判断はとても難しいと思います。洋服にしても天然繊維が良くて化学繊維が悪いとは一概には言えません。私たち消費者が、自分の目的に合ったモノを選ぶ目を持つことが大事だと感じます。

エバンズ: 現代の生活では、”我慢”に感じてしまうことも中にはありますよね。例えば女性にとってはメイクやネイルなど、好きなことをやめないといけないかもしれない、そういったモヤモヤはありませんか?

鎌田: ありますね。でも好きなことをいきなりやめるということは、その人にとって“持続可能”ではなくなってしまうと思うんです。一人ひとりがバランスを取りながら、自分らしくサステナブルと向き合う必要があると考えています。

246st.MARKETの会場

心地よいことからスタートする

エバンズさん: 自分が心地よいと感じることから少しずつ、無理せず長くコツコツと……。ということですね。

ノイハウス: なるほど。できないことが悪いのではなく、それぞれの取り組みの中で「良いこと」にフォーカスすることが継続のコツなのかもしれません。

佐々木: すごくいいヒントをいただきました!本当にそう思います。

お金をかけずにエコを楽しむ

ノイハウス: エコやサステナブルってお金がかかるイメージがありませんか?たとえばタンブラーが流行るとつい新しいものを買ったりしがちですが、昔から持っていた水筒で十分なのかもしれないと考えたりします。消費を見直し、身の回りにあるものを大切に使えたらいいなって。

良い活動をみんなでシェア!

佐々木: サステナブルなことに興味関心があっても、選択肢がないと始められませんよね。量り売りのモデルショップも、ノウハウをみんなで共有する取り組みはとても素晴らしいと思います。情報をシェアして広げていくことは、これからますます大事になると思います。

エシカルが当たり前の社会作りを

エバンズ: 情報をシェアすることで、サステナブルな取り組みやエシカル消費が特別なことではなく、当たり前のことになる社会を目指し、みんなが協力しあえる環境を作っていきたいですね。

佐々木: 本当にそう思います。未来のために、いま私たちができることはまだまだたくさんありそうですね!

 

エシカ編集部独占インタビュー!おすすめエシカル美容について聞いた

中身が“わかる”が商品選びの合言葉

鎌田安里紗さん(モデル、エシカルファッションプランナー、環境森里川海アンバサダー)

自分で使うものを購入する時には、中身がわかるものを選ぶようにしています。たとえば加工食品にしても、よくわからないカタカナの成分が並ぶものよりは、知っている素材が入っているものであれば安心して食べられますよね。スキンケアやヘアケア剤も、読んで理解できる材料でできているものを使いたいと思います。そういう視点から選んだブランドのひとつが『NEMOHAMO(ネモハモ)』です。良い土にこだわり、有機栽培で育てた植物たちを成分に使ったスキンケアラインです。

飲み物ではハーバルライフスタイリストの村田美沙さんによる『Verseau(ヴェルソー)』のハーブティーが気に入っています。国産のハーブをブレンドしたハーバルドリンクで、体の免疫力を高める「植物療法」に基づいて処方されています。使用しているものが“わかる”ことは、使う側にとっての安心安全につながります。

『NEMOHAMO(ネモハモ)』のWHOLE PLANTスキンケアシリーズ

静岡産ホーリーバジルでリラックス

ノイハウス萌菜さん(コミュニケーション・コンサルタント、のーぷらNo Plastic Japan代表)

ロンドンの大学で心理学を学び、転職を機に23歳で日本に引っ越してきた時、東京のゴミの多さに驚きました。「のーぷらNo Plastic Japan」を立ち上げたのも、自分ができることから「ゼロウェイスト」を広めたいと考えたからです。環境活動は、スタッフ全員の思いがブレないことが何よりも大切だと感じています。目先の利益にとらわれず信念をもってやり続けることは、必ず消費者に伝わります。

個人的にもなるべくゴミを出さないようにするなかで、ゼロウェイストショップ『nue by Totoya』を利用しています。再利用可能なオーガニックコットンのティーバッグにお気に入りのハーブティー・静岡産の「ホーリーバジル」を入れて飲んでいます。リラックス効果があり、疲れを癒したい時にもぴったり。忙しく働く女性にもオススメですよ。

『nue by Totoya』で購入した量り売りハーブティーでリラックス

美と健康は環境につながっている

エバンズ亜莉沙さん(エシカルコーディネーター)

まずは自分を大切にすることが、美しくあるための基本だと思います。自分と向き合ってみると、肌や髪に本当に合うものがわかってくるんです。その上で、一消費者として何を買うか決めています。私が好きになるものは基本的に“顔が見える”、そして”ストーリーに共感できる”もの。誰がどこでどのように作ったか、その工程が明らかになっているものがいいですね。そういったものは、心と体に本当の心地よさを与えてくれます。個人的に愛用しているのが『みんなでみらいを』という米ぬか酵素スキンケア。米ぬかや小麦ふすま配合の無添加コスメで、クレンジングをはじめ、スキンケア、ヘアケア、ボディケアまでフルラインが揃っています。米ぬかの働きで、排水溝まできれいになるというプラスアルファの効果があり、美と健康と環境は密接につながっていると実感します。

お気に入りスキンケア『みんなでみらいを』の米ぬか酵素洗顔クレンジング

手作り味噌でセルフケア

佐々木依里さん(モデル、タレント、レポーター、環境省森林アンバサダー)

ここ1年で、エシカルへの意識がとても高まったことを実感しています。私自身、環境活動を初めてから一貫して “マイボトルを持とうね、マイ箸を使おうね”と言い続けてきました。今、その理解度が高まり、皆さんの意識と知識レベルが格段に上がってきています。その背景には、気候変動、異常気候、コロナ禍への本能的な危機意識の高まりがあると思います。

私がエシカ世代の方々にオススメしたいのは、できるだけ手作りをして欲しいということです。とりわけ米や味噌は一度作ってみて欲しい。日本人には身近なお米ですが、実際に作っている人は非常に少数です。また味噌は、麹菌や乳酸菌など、生命を維持するための必須アミノ酸の宝庫。自分の手でこねることで自分が持つ菌を取り入れた最強の保存食を作ることができます。

身近なものを手作りしていくことで、自分と向き合いセルフケアにつなげてみてください!

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田ふみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
「ハロウィンからゴミをなくそう!」使った衣装のリメイクを水原希子さんらが提案
独自記事 【 2020/11/2 】 Home
毎年ハロウィンが各地で盛り上がりを見せる一方、利用されたハロウィングッズや衣装がその日限りで捨てられてしまうという大きな問題があります。そうした中、ハロウィンが終わった翌日の11月1日、オンラインイベント「メルカリ アフターハロウィンパーティ」が開催されました。(記者:エシカちゃん)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

愛着のある衣類をぬいぐるみに仕立て、長く愛用することができるチャンス! 玉川高島屋が「TSUNAGU ACTION」を通じて、 エコ&エシカルな暮らし方を提案
「ハロウィンからゴミをなくそう!」使った衣装のリメイクを水原希子さんらが提案

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます