国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Epilogue】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Epilogue】

撮影:平間至

言葉の壁を越えて

本連載「国木田彩良−It can be changed.」のスタートにあたり、最初にテーマとともに問題に挙がったのが、言語でした。国木田さんが、自分の意思をもっともストレートに伝えられるのは、母国語のフランス語。けれど、それが翻訳によって、自分の意図と異なる伝わり方をすることを危惧してもいました。そして最終的に「日本の読者に向けた発信は、日本語で」という結論に至ったのです。

初回の収録を開始してすぐ、私たち編集部は正直なところ、言語問題については国木田さんの杞憂だったのではと思ってしまいました。国木田さんの語彙力は、日本に移住して5年とは到底思えないほど豊富で、知性にあふれていました。それでも時折、国木田さんはもどかしそうに、英語を交えて何度も言葉を言い換え、捕捉をしながら、2時間ほぼノンストップで話し続けました。国木田さんの思慮深さ、そして、一途さ。私たちはそこに、日本人的な完璧主義と、欧米で培われた果敢なチャレンジ精神の双方の間で揺れるひとりの女性を見ました。

本連載は、最終的に5時間を超えるインタビュー収録を再構成しています。できうる限り丁寧に、国木田さんの言葉を拾っていったつもりですが、ときにウィットに富んだジョークを交えつつ、真剣な眼差しで私たちに語りかける国木田さんの気迫や熱量を、ここにお伝えしきれないことを歯がゆくも感じています。いずれまた、今回ご紹介できなかった国木田さんの思想を発信する場を設ける機会があることを、私たちは願ってやみません。

撮影:平間至

国木田彩良、今後のチャレンジ

最初に連載の企画が起ち上がってから、皆さまにご覧いただけるかたちにするまで、私たちethica編集部は、およそ一年をかけました。その間に、国木田さんにもまたさまざまな変化があったようですが、最近、取り組んでいることのひとつが、女性同士のネットワーキングとのことです。

「私はいま、男性がしていて、女性がしていないことに興味があるんです。男性たちは、集まって食事をしながら、ビジネスや政治経済のことについて話しますね。でも、女性同士が集まっても、そうした話題はほとんど出ません。それよりも、ファッションやボーイフレンドやゴシップに興味を持つように私たちは育ってきてしまっているからです。

そこで最近、EU大使の夫人や、Googleやゴールドマンサックスといった大企業で活躍している女性たちと集まって、食事しながらビジネスや政治の話をしているのですが、女性同士でも非常に有意義なディスカッションができています。社会には、女性が参画できる領域がまだまだあると感じます」

複数回の取材を通じてethica編集部が感じたのは、国木田さんの日常的な情報収集と、あらゆるものに対する問題意識でした。歴史に学び、最新の動向を分析し、物事の因果関係を読み解き、未来を考察する国木田さん。このように、自ら思考と議論の場をつくり上げているからこそ、力強い言葉が生まれてくるのでしょう。この女性同士のネットワーキングの先に、国木田さんはどのような目標を持っているのでしょうか。

「私たちが思い描いている夢——私は戦略なしのゴールを夢と呼びますが——は、女性だけで、もしくは女性主体で会社を起ち上げることです。企業で働く女性はどんどん増えていますが、世の中のほとんどの企業が、男性によってつくられた男性主体の会社です。男性のつくった仕組みの中で、女性たちは働いています。そしてそのために、多くの企業でハラスメントの問題があります。

女性も団結すれば、社会を変えていくことができるのだということを私たちが提示できれば、いま口を閉ざして辛い状況を耐え忍んでいる女性たちに『何も恐れることはない』というメッセージを伝えられるのではないかと思っているんです。

私は、女性たちが自ら意思決定できる安全な居場所をつくりたいのだと思います。

私は幸い、周りに優秀で自立した女性たちが大勢います。自分がすごく特別だとは思っていませんが、誰もがこのような恵まれた環境にいるわけではないでしょう。だからこそ、このような居場所を社会につくっていきたいんです」

読者へのメッセージ

最後に、国木田さんにこの連載の読者に向けたメッセージをいただきました。

「私のメッセージは、いたってシンプルです。一度きりの人生だから、人間であること、人間らしくあることを、もっと楽しんで! 自分のセクシャリティや、弱さや傷つきやすさを恥じる必要はまったくないです。本当に恥ずかしいのは、嘘をついたり、誰かを傷つけたり、追い詰めたりすること。私たちは迷いもするし、間違いもするけれど、それが人間だし、失敗を乗り越えて、未来に向かって変わっていけるのも、人間なんです。

私は落ち込んでいるとき、TEDのプレゼンテーションの動画を見て励まされることがあります。一度も会ったことのない、遠い国で活躍している人に、まるで恋人と食事したときくらい元気をもらえちゃうのがインターネットのすごさですよね。私が、この連載を通して発信したメッセージが、たった一人でもいいから、この世界のどこかにいる誰かを、勇気づけられたのなら嬉しいです」

 

「It can be changed. 未来は変えられる」。

 

国木田さんのこの言葉と熱い想いからスタートした本連載は、いかがでしたでしょうか。いくつかのキーワードは絞っていたものの、当初想定していた以上にテーマが多岐に渡ってしまい、割愛した部分も少なくありません。それでも国木田さんのメッセージは、最初から最後まで一貫していたと思います。この記事を読んでくださった方々の明日が、ほんの少しでも良い方向に変わったとしたら、私たち編集部も大変嬉しく思います。

プロローグを読む>>

Chapter-1を読む>>>

Chapter-2-1を読む>>>

Chapter-2-2を読む>>>

Chapter-3-1を読む>>>

Chapter-3-2を読む>>>

Chapter-3-3を読む>>>

 

 

国木田彩良/Saila Kunikida

1993年、イギリス・ロンドン生まれ。フランス・パリで育ち、高校卒業後に服飾の名門スタジオ・ベルソーでファッションの歴史、デザイン、マーケティングを学ぶ。日本人の母とイタリア人の父を持ち、明治時代の小説家・国木田独歩の玄孫にあたる。

自身のルーツである日本に興味を持ち2014年単身来日、モデル活動を開始。2015年、三越伊勢丹の企業広告「this is japan」のイメージビジュアルに登場し注目を集める。国内外のハイファッション誌を中心に活動の傍ら、パリで形成された感性と日本で暮らす中で見えてきたことを発信していこうとSDGsに携わりながら、主にフェミニズムに関するトークショーに参加したり文章書いたりするなど活動の幅を広げている。

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業8期目に入り「BRAND STUDIO」事業を牽引、webマガジン『ethica(エシカ)』の運営ノウハウとアセットを軸に、webマガジンの立ち上げや運営支援など、企業の課題解決を図る統合マーケティングサービスを展開。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

松崎 未來

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

【ethica-Voice】セブン&アイグループが取り組むサステナブルな商品開発 企業の様々なサステナブルな取り組みをインタビュー(第1回)セブン&アイグループ
【ethica-Tips】シンプルなデザインで機能的、エコと三拍子揃った 冬にぴったりな入れ物3アイテムを厳選

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます