(第34話)「正しくお手入れしていますか? 意外と知らない洗濯表示のこと」キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第34話)「正しくお手入れしていますか? 意外と知らない洗濯表示のこと」キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……。日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第33話では、冬服をきれいに保つための方法やオススメの道具をご紹介しました。今回は、衣類を適切にお手入れするために大切な、洗濯表示の見方についてお伝えしたいと思います。

洗濯表示は衣類の「取り扱い説明書」

洗濯やアイロンがけ、クリーニングに出す時など、衣類のお手入れの際に、タグの洗濯表示を確認していますか?

 

恥ずかしながら私は、なんとなく、で対応していたころがありました。

「洗濯できます!」と店頭のポップアップに書かれていたウールのセーターを、そのまま普通に洗濯して干してしまい、乾くころには丈はびろーんと伸びて幅は縮んで……。当然ながら大失敗。

 

洗濯表示は衣類の「取り扱い説明書」とも言えるもの。

大切な衣服を台無しにしないためにも、ちゃんと洗濯表示を確認して適切に取り扱い、きれいに保ち長く着用したいものです。

 

衣類に付いている洗濯表示は、素材に適した洗濯や乾燥の方法、アイロンのかけ方、クリーニングの方法などを、記号によって分かりやすく示したもの。

この表示は、従来は国ごとに異なる記号が使われていましたが、グローバル化によって国際規格の統一化が進められてきました。

 

日本では、2016年12月から、国際規格に合わせた表示に切り替えられています。

それにより、22種類だった記号も41種類と大きく増えました。

「タンブル乾燥」や「酸素系漂白剤」など今までにはなかった表示も登場し、より細やかな情報がわかるようになっています。

洗濯表示の見方

洗濯表示は5つの基本の記号と付加記号・数字で表されています。

 

基本の記号は、「家庭での洗濯の仕方」「漂白の仕方」「乾燥の仕方」「アイロンの仕方」「クリーニングの種類」の5つです。

 

付加記号は、「洗濯の強さ」「アイロンや乾燥の温度」「洗濯水の上限温度(数字)」「禁止」を基本記号との組み合わせによって表されます。

なお、記号だけで伝えられない情報は、表示記号の近くに付記用語で記載されています。

上の写真は、新しい表記記号を使用したもので、意味は次のようになります。

・30°を限度とした水温で弱コースで洗濯可
・塩素系及び酸素系漂白剤使用不可
・タンブル乾燥禁止
・日陰の平干しが良い
・150°を限度ととしてアイロン仕上げ可能
・ドライクリーニング、ウェットクリーニング可能

絵のイメージから推測しやすいものもあれば、分かりにくいものもあるのではないでしょうか。

 

こちらの表を参考にしてみてくださいね。

衣類のなかには、取り扱いが難しいものも。

買ってから後悔しないためにも、購入する際はデザインや用途だけでなく、洗濯表示もきちんと確認して判断したいものです。

 

従来の洗濯表示は取り扱いの強さや温度について、「このようにしましょう」という「指示表示」でしたが、現在の表示は「〜までなら可能」という「衣類にダメージを与えない上限」が示されています。

そのため、表示されている温度や洗浄の強さ以上で取り扱わないよう注意が必要です。

気をつけたい記号のポイント

・「手洗い」

これは「手洗いができる」という表示ですが、洗濯機の手洗いコースで洗濯することは想定されていません。

洗濯液を入れた桶の中で、押し洗いやふり洗いなどの方法で洗います。

 

・「家庭洗濯禁止」「クリーニング可能」

この表記の組み合わせがあるものは、クリーニング店に依頼しましょう。

「ドライクリーニング」「ウェットクリーニング」ともに、特殊な洗剤を使った技術を要する洗濯方法です。ちなみに家庭用洗濯機にあるドライコースは水を使うため、水を使わずに洗うドライクリーニングとは異なるものです。

「家庭洗濯禁止」の記号が付いている場合は、基本的にクリーニング店に持っていくのが無難です。

 

・「ぬれ干し」

ぬれ干しとは、洗濯機による脱水や手でねじり絞りをしないで干すこと。

とはいえ、そのままだと水が滴り落ちたり、干しにくさもあるので、タオルドライがおすすめです。やり方は、洗濯物をバスタオルなどに挟み、上から軽く押して水分を除きます。

 

・「洗濯方法」+下線

この表示がある衣類は、デリケート素材のものです。

ウール、シルク、カシミヤなどの素材の衣類によくみられます。これらの動物性の繊維は通常の弱アルカリ性の洗剤で洗ってしまうと、縮んだり型崩れの原因になります。

注意書きに何も書いていなくても、洗濯ネットを使いおしゃれ着用の中性洗剤で洗うことをオススメします。

正しいお手入れでお気に入りの服を長く大切に

洗濯表示は、大切な衣類を守るためにもぜひ覚えたいもの。

種類の多さに戸惑うこともあるかもしれませんが、基本の5つの意味を理解すれば、あとは強さや温度の記号を見分けるだけです。

 

消費者庁のホームページでは、洗濯方法が詳しく解説されていたり、表示の記号の一覧が印刷したりできるようになっています。遊びながら洗濯の仕方や記号が覚えられるすごろくなどもあり、子どもと楽しむのもいいですね。

 

URL:https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/laundry_symbols.html

 

とはいえ、確認するのも面倒だな……と感じる場合は、アプリも便利です。

洗濯表示を選択していくだけで、正しいお洗濯方法を解説してくれる『これ洗える?』というアプリなど、参考になるツールはいろいろあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

衣類も安価なものがたくさん出回って、ワンシーズンでの使い捨てが当たり前になっている昨今ですが、お手入れ方法を見直して、少しでも長く、お気に入りの服を綺麗なまま楽しみたいものです。

 

前回に続き、衣服のお手入れのお話をさせていただきました。

小さなことですが、日々の暮らしのなかから始められるエシカルなこと、心がけてみませんか?

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
INFORMATION 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

【ethica-Tips】シンプルなデザインで機能的、エコと三拍子揃った 冬にぴったりな入れ物3アイテムを厳選
楽しさの提供と循環型社会実現の両立に取り組む京都の商業施設「GOOD NATURE STATION」で、レストラン3店舗とホテルがミシュランの星を獲得!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます