(第35話)「サイズアウトした子ども服、どうしていますか?」キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第35話)「サイズアウトした子ども服、どうしていますか?」キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……。日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第34話では、衣類を適切にお手入れするために大切な、洗濯表示の見方についてお伝えしました。今回の記事では、サイズアウトしてしまった子ども服を無駄なく活かす方法をお話ししたいと思います。

サイズアウトした衣服を、捨てることなく上手に処分する方法

小さくてふにゃふにゃだった赤ちゃんが、1年も経つと自分の足で立ち上がって一歩を踏み出そうとします。子どもの成長は、びっくりするほど早いものです。

健やかに育ってくれることはとても嬉しいけれど、衣服はあっという間にサイズアウトするので整理も大変ですよね。

まだまだ綺麗で思い出もたくさん詰まった子ども服は、捨てるにはもったいないなぁと感じることはありませんか?

今回は、そんなサイズアウトした衣服を、捨てることなく上手に処分する方法をご紹介したいと思います。

まずは定番。お下がり、人に譲る

あらためてお伝えするほどのことでもありませんが、まだまだ着られる服であれば、兄弟で着回したり、近しい人に譲ったり、あるいは譲ってもらったりすることは、よくあると思います。

子育ても2人目、3人目となると、上の子のお下がりが多くなりますよね。

お下がりで使う時や人に譲る時に気をつけたいことは、保管する前・譲る前にちゃんと汚れを落として綺麗な状態にすること。

いくら使用済みとわかっているとはいえ、目に見えてわかる食べこぼしのシミや汚れなどがあると良い気持ちにはなりませんよね。

 

特に長期間保管する場合は、見えにくい汚れがシミになったりカビが生えたりすることもあるので、色物でなければ、酸素系漂白剤でつけおきをしたり、手洗いでしっかりと汚れを取り除いておきたいものです。

質の良いものを長く着回す

良質なものは、世代を超えて着られることも。

私の場合、私と妹・弟が着ていたファミリアの新生児の肌着などを母が丁寧に保管しており、娘が生まれた際に再び活躍してくれました。

プチプラのものだと、数回着ただけで、びろんと伸びてくだびれてしまいますが、縫製がしっかりしている製品は使用を重ねるほど、ほどよくくったりと肌になじむようになります。

 

少しの間しか着ないとはいえ、一番最初に赤ちゃんに触れるものだから、素材や縫製にも気をつけたい肌着。質の良いものを長く着回すことを考えてもいいかもしれませんね。

 

エシカルなアウトドアブランドとして有名なパタゴニアの子ども服は、ネームタグに複数の名前を記入できるようになっているなど、着回すことを前提に作られています。

丈夫で機能性の高いアウトドアウェアは、外を元気に走り回る子どもにぴったり。

肌に直接触れないアウターは、着回しするのに特にオススメです。

リサイクル・買取サービス・店舗引き取りを利用する

一方で、子どものお下がりをいただくことも譲ることも少し抵抗がある、という方もいらっしゃるかと思います(私もどちらかと言うとそのタイプです)。

 

着用した服をまとめて買取&引き取ってくれるリサイクルショップや、ブランドものであれば買取サービスを利用するのもひとつの方法です。

 

店舗までいく必要のない宅配買取は、より便利です。見積もり料・送料などの手数料が無料で梱包資材も送ってくれるサービスがあるなど、負担なく手放すことができるのも魅力ですね。

 

シーズン前には高く売れることが多いので、時期を見て洗濯したりアイロンをかけたり、きれいな状態にしておくこともポイントです。

 

カジュアルブランドのユニクロやH&M、無印良品などでは、着用しなくなった衣服のリサイクルサービスを行っています。

企業にもよりますが、まだ着られるものは世界中でリユースされ、汚れなどで着られないものはリメイク商品や清掃商品に。衣服として再利用できない生地の場合は織物繊維や他の業界で再利用するなど無駄なくリサイクルされます。

店舗に引き取りボックスが置いてあることが多いので、お買い物ついでに持っていくのもいいですね。

フリマアプリ、レンタル・シェアリングサービス

メルカリをはじめ、すっかり私たちの暮らしに馴染んだフリマアプリ。

状態がよくお気に入りのもの、お祝いでいただいたけれど重なったり好みではなかったり、とはいえ構わず売るのは気がひける……など、手放し難いものを、気に入ってくれた人・必要としてくれる人に確実に買ってもらえます。

 

個人間で取引するので自分で値段を設定でき、買取サービスより手間はかかるけれど納得のいくやりとりが可能です。

 

衣服のレンタルシェアは定額でユーズドの衣類を譲ったり借りたりできるサービス。

もう着なくなった服をシェアしあうことで、必要な時に必要なものだけを手元に置くことができます。

買う・手放すといった手間が減ることで、ストレスフリーに。

特にかさばるシーズンものなどは、このようなサービスを利用することでクローゼットもすっきりと管理できますね。

支援団体に寄付

売るのもいいけれど、誰かの役に立てることができたら……。でも友達にあげるのは気を使うな、という場合は、寄付をするという選択も。

 

寄付をするというと、なんとなく貧困で困っている海外の子どもたちに送られて役立ててもらうイメージがあるかと思います。

もちろんそのように直接衣服が利用されるケースもあれば、寄付された衣類をリサイクルショップなどで販売し、その換金額が現地の支援団体に寄付されるという形もあります。

 

一方で、国内で役立てられるケースも。

厚生労働省の、2019年「国民生活基礎調査」によると、17歳以下の子どもの貧困率は13.5%と、約7人に1人が貧困状態にあると明らかになっています。

寄付された衣服は、直接彼らに送られたり、転売して換金され、そのお金が役立てられたりしています。

 

寄付の仕方は、寄付をする団体によって異なりますが、大まかには次のようになっています。

1、寄付する団体、寄付の方法を選び、申し込みをする

2、袋や段ボール箱などに納め、郵送もしくは所定の場所に持ち込む

3、寄付した子ども服が査定(換金)される場合は、寄付額を決める

 

寄付と言っても無料で引き取ってくれる訳ではなく、大抵の場合は送料などが必要です。

なんでも引き取ってくれる便利屋さんではないので、寄付する衣服の状態には気をつけたいものです。

我が子に着せたいか、次に着る人が気持ちよく着ることができるかを、ひとつの基準として考えておけば良いかもしれませんね。

着古した服、そのまま処分する前に・・・

くたびれたコットン(綿)100%の服は、吸水性がよくお掃除にも活躍。

使いやすいサイズにカットして、使い捨てのウエスや雑巾として手に取りやすい所に置いておくと、ちょっとした汚れを拭きたい時などに便利です。

 

肌の弱い赤ちゃんには、いろいろな成分の入ったウェットタイプのおしり拭きよりも、濡らした綿の方が心地よいことも。

使う前にぬるま湯で絞って優しく汚れをぬぐって、そのあとは燃えるゴミとして処分します。

 

ポリエステルなどの合成繊維は難しいですが、綿素材だと肌にも優しくいろいろな使い道があり、最後まで無駄なく使い切れますね。

いかがでしょうか。

売る、あげる、寄付する、シェアする、ウエスにする……など、着なくなった子ども服を活用する方法はいろいろあります。

今回はご紹介できませんでしたが、リメイクなどもそのひとつですね。

 

暮らしに合った形で、少しでも無駄とストレスを減らすことにつながればと思います。

 

「これ着るの!」とこだわってオシャレ(したつもりで)をしてお出かけした日、陽が暮れるまで泥んこになって遊んだ日、初めてハイハイをした日……。

思い出の詰まった子ども服は、捨てる以外の選択肢を増やしていけたら素敵ですね。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
「ハロウィンからゴミをなくそう!」使った衣装のリメイクを水原希子さんらが提案
独自記事 【 2020/11/2 】 Home
毎年ハロウィンが各地で盛り上がりを見せる一方、利用されたハロウィングッズや衣装がその日限りで捨てられてしまうという大きな問題があります。そうした中、ハロウィンが終わった翌日の11月1日、オンラインイベント「メルカリ アフターハロウィンパーティ」が開催されました。(記者:エシカちゃん)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

【ethica-Tips】大人のリラックスタイムにどうぞ GABAを配合したドリンク&フード3選で疲れをリセット
「コロナ禍で心が沈んだ人に光を」優木まおみさんがチャリティーソング「たんぽぽ」をリリース

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます