(第37話)「実はとってもエシカル?日本の伝統服・着物の歴史と魅力」キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第37話)「実はとってもエシカル?日本の伝統服・着物の歴史と魅力」キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ。」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……。日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第36話では、直接肌に触れるものだからこそこだわりたい、冬におすすめのインナーについてお伝えしました。今回の記事では、日本の伝統的な衣服である着物についてお話しします。

古来より伝わる着物

着物と言うと、お正月や成人式などハレの日に着るもの、少し格式高いもの、というイメージがあるかもしれませんが、近ごろでは、お出かけ先でのレンタル着物などでファッションとして気軽に楽しむ機会も増え、再び身近な存在になってきているように思います。

 

洋服とは違った魅力がたくさん詰まっている着物。

今回と次回の2回に渡って、その歴史や特徴、楽しみ方などお伝えできればと思います。

着物のはじまりはいつ? 縄文時代からの変遷

着物の起源ははるか昔、縄文時代と言われています。

 

当時、男性は一枚の布を体に巻きつけたもの(巻布衣・かんぷい)、女性は布に開けた穴に頭を通したワンピースのような形のもの(貫頭衣・かんとうい)を着ていました。

その後、大陸文化の影響や日本の気候に合わせて、着物の元となる「小袖(こそで・袖口が小さい着物のこと)」が発展してゆきます。

 

奈良・飛鳥時代には身分制度が確立され、「小袖」は労働階級の庶民が着るものとして区別されていました。

この頃に衿(えり)を右前で合わせることが法律で定められ、現在もそのしきたりは引き継がれています。

変化が訪れたのは平安時代。

遣唐使が廃止されたこのころから大陸文化の影響が薄れ、日本独自の服装に変化していったと言われています。

 

平安時代と言えば、十二単を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

宮廷に仕える高位の女官が着用した衣服で、儀式の時などハレの日の正式な装いとして着用されていました。

もともとは小袖を重ね着していたものが、次第に華美を競うようになり、袖口が広く袂(たもと)が長い大袖を、小袖の上に表着として着るようになっていったと言われています。

ちなみに、十二単は実際に着物を12枚着ているわけではなく、重ね着を表す言葉です。

 

四季折々の色彩を豊かに取り入れた伝統的な配色法である「襲の色目(かさねのいろめ)」は、この頃の公家の服飾のなかから生まれ、今も日本の繊細な美意識の象徴として大切にされています。

 

その後、鎌倉・室町へと時代の移り変わりとともに、平安時代では表着だった「大袖」「袴(はかま)」や「裳(も)」は省略され、下着として着用されていた「小袖」のみが残って現代の着物へと変化してゆきます。

現在のスタイルが完成された江戸時代の着物

ここまで、着物の歴史は、主に貴族や武士など上流階級の人々が担ってきたものでしたが、江戸時代になると町人文化が栄え、着物のかたちも現代と変わらないものになってゆきます。

 

しかし身分制度による区別はまだまだ根強く、「富裕層は絹、庶民は綿・麻」などと着物の素材や色に制限が設けられていました。

そのため、人々は帯揚げや帯締め、小物を用いた装飾で着こなしを楽しみます。

同時に染織技法の発達によって、着物の技術や品質、デザインなどがより多様・多彩なものへと広がりを見せてゆきました。

西洋文化の流入で大きく変化した着物の文化

鎖国していた江戸時代から一転、明治維新によって西洋の文化が人々の暮らしに入ってくると、公的な立場にある男性から、公家の女性、そして庶民へと、順番に洋服が取り入れられていきました。

そして着物にレースや洋傘、ブーツなども合わせるようになり、和洋折衷のファッションを楽しむスタイルも広がりを見せます。

 

しかし戦後、日本での洋服文化が発展するにつれ、着物は七五三、成人式、結婚式など行事の時しか着ないフォーマルウェアとしてのイメージが定着しました。

行事以外にも、茶道や日本舞踊のような伝統文化のお稽古事の時などに着ることはありますが、普段着としての着物の存在は、遠いものになっているのではないでしょうか。

 

そのため、着物というと「着る手順が複雑で着こなしのルールも厳格なもの」という認識が先立ち、着物離れが進んだとも考えられています。

 

ですが、本来の着物とは「着物=着るもの」。つまり、ただの服をあらわしています。

洋服がなかったころの人々は、暑い日も寒い日も、晴れの日も雨の日も、畑仕事や家事をする時も、着物が普段着。現在はタブーとされる着崩れも当たり前のことで、もっと自由にゆるやかに着物を着ていたと言われています。

ファッションとしての着物を楽しむ文化へ

近年海外では、日本の伝統文化である着物が注目され、ファッションショーで取り上げられるなどハイファッションとして再定義されています。

着物を取り入れたファッションブランドも増えつつあり、普段着として着物を取り入れたコーディネートも楽しまれています。

長襦袢の代わりにTシャツやスカートを合わせたり、着物の上着として着る「道行(みちゆき)」を洋服のコートとして羽織ったり、ブーツや帽子を組み合わせたり……。

 

しきたりを超えた、本来のファッションとしての着物のあり方が再び見直されてきています。

実はとってもシンプルな着物。その特徴と洋服との違い

洋服とは見た目も作り方も全く異なる着物ですが、そこには日本人の、ものを大切にする心があらわれています。

 

着物の元になるのは「反物(たんもの)」という幅約36cm、長さ約12〜13mの長方形の布。

デザインによって異なる型紙に沿って生地を裁断する洋服に対して、着物のデザインはすべて同じで長方形の布を直線で裁ちます。

身頃、袖、おくみが2枚ずつ、そして本えりと掛襟の計8枚に布を切り分けるのです。

 

洋服は立体的に作られますが、着物は平面的に作られており、着付け方でそれぞれの体格にあったサイズ調整、着こなしを表現します。

 

直線裁ちする生地には、無駄になるところがありません。

解くと長方形の布に戻るので、長年着て擦り切れてきてもその部分だけを取り替えて縫い直したり、古くなった着物を解いて子ども用に仕立て直したり、あるいは小物にリメイクしたりして、雑巾になるまで使い倒したそうです。

 

リメイク、リフォーム、リユースといった、ものを長く大切に使う考え方が注目されていますが、日本では古くから日常にその精神が根ざしていたのです。

着物を毎日の暮らしに

日本の伝統文化であり、無駄が少なく、素材や着こなし方によってどんなライフスタイルにも馴染む着物の魅力。

これこそ究極のエシカルファッション、とも言えるかもしれませんね。

 

着物を日常に取り入れることは、日本の伝統文化を見直し、守ることにもつながります。

 

手持ちの洋服と組み合わせ、ファッションとして、あるいは大切な日の晴れ着として、着物をオシャレの一部に取り入れてみるのはいかがでしょうか?

 

次回は、日常での着物の着こなし方・楽しみ方をお伝えします。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
柴咲コウさんの参加が契機に。ヘアドネーションという選択
独自記事 【 2019/9/2 】 Love&Human
自分の髪を第三者に寄付する、ヘアドネーションという活動を知っていますか?寄付した毛髪はウィッグの他、美容師のトレーニングやヘア商品の開発研究などのために再利用されます。 今日は小児がんの治療や外傷など、様々な理由で髪を失ってしまった18歳以下の子どもたちが使う、「メディカル・ウィッグ」を作るためのヘアドネーションについ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

三菱一号館美術館がコロナ禍での“フラワーロス”を救う 名画をモチーフにした花束とチケットのセットプランを提供
【ethica Beauty Project】シンプルライフ座談会(前編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます