[大丸有]米倉誠一郎氏セッション【講評③】 「吉田淳一氏 三菱地所 執行役社長」×「奥和登氏 農林中央金庫 代表理事理事長」 「大丸有SDGsACT5 Closing ACT」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[大丸有]米倉誠一郎氏セッション【講評③】 「吉田淳一氏 三菱地所 執行役社長」×「奥和登氏 農林中央金庫 代表理事理事長」

左から、米倉誠一郎氏(一橋大学名誉教授/CR-SIS学長)、吉田淳一氏(三菱地所執行役社長)、奥和登氏(農林中央金庫代表理事理事長)

三菱地所、農林中央金庫、日本経済新聞社、日経BPなどで構成される大丸有SDGs ACT5実行委員会では大手町・丸の内・有楽町の3地区を舞台に、今年5月から「サステナブル・フード」「気候変動と資源循環」「WELL-BEING」「ダイバーシティ」「コミュニケーション」の5つのテーマ(ACT)のもとSDGs活動を推進する「大丸有SDGs ACT5」を実施してきました。

11月16日、約7カ月間にわたって実行してきたSDGsに関連する各アクションを振り返る「大丸有SDGs ACT5 Closing ACT」が開催されました。その中で、米倉誠一郎氏(一橋大学名誉教授/CR-SIS学長)がモデレーターを担当したセッション3「講評」について、①根本かおる氏・国連広報センター所長 ②垣内俊哉氏・ミライロ代表取締役社長 ③吉田淳一氏・三菱地所執行役社長×奥和登氏・農林中央金庫代表理事理事長、と3回に分けてご紹介します。

【講評③】「吉田淳一氏 三菱地所 執行役社長」×「奥和登氏 農林中央金庫 代表理事理事長」

米倉: 意外に(笑)、評判がいいですね。

吉田: ありがとうございます。

米倉: どうせ、やっつけ仕事でやったんだろうなと思っていましたが、そんなことはないということがよく分かりました。吉田さん、今回どんな感想をお持ちになりましたか。

左から、米倉誠一郎氏(一橋大学名誉教授/CR-SIS学長)、吉田淳一氏(三菱地所執行役社長)、奥和登氏(農林中央金庫代表理事理事長)

吉田: 半年強、7カ月ということで長い間、今年はコロナという状況もあったんですけど、オンライン、オフライン含めて、多くの方に興味を持っていただいて、ただ、これがもしコロナがなければ、もっと強いつながりを持って交流を深めて、新しいもっともっと多くの気づきといったものから何か新しい流れが生み出せたのではないかと思っています。

SDGs自体が2030年まで継続する目標ですので、それに向けてしっかりとゴールをするイメージを固めながら継続して伸ばしていきたいと感じています。

米倉: SDGsの最終年は2030年ですから、そこからバックキャストしての実行プランですね。今年はここまで来た、さて来年はどうするんだ、再来年はどうするんだと順番に下がってくるというイメージなんですね。

吉田: いろいろな方からもお話が出ましたが、もっと多くの企業に参画してほしいですね。その1つのきっかけとなるのが、先ほど根本所長におっしゃっていただいたような、国連と連携することによってグローバルなつながりといいますか、世界中の社会課題のなかでも、我々の身近な課題プラス世界的な社会課題みたいなものとマッチングできれば、企業の取り組む領域にもより入り込んでいけるのかなと、可能性を感じながらお話を聞かせていただいていました。事務局のほうで検討してもらえると思いますが、今年の成果と反省点を踏まえつつ、来年に向けてまた取り組みを進めてくれるでしょう。いろいろな方にご協力をいただければと思います。よろしくお願いします。

吉田淳一氏(三菱地所執行役社長)

米倉: ありがとうございます。グローバルの視点は本当に大事です。コロナという状況ではありますが、やはりこの場にももっと外国人がいればいいですよね。先ほど、貧困問題解決の重要性がありましたが、ここ東京に集積しているたくさんのお金をどうやって途上国に向けるか、実際にこの場で国際会議が行われたらすごく面白いでしょうね。さて、農林中金さんも頑張りましたね。僕は不明ながら、農林中金さんがこの場にいるとは思いもしませんでした。こういうことをいうから二度と声がかからなくなるんですけど(笑)、本当に意外でした。いったいどういう動機からのご参加だったのですか。

大丸有の地主さんと田舎の地主さん

奥: 意外性ということでご指摘をいただきましたけど、きっかけのところからちょっとお話させていただきたいと思います。

部下のほうから、この企画に参加したいといわれた時、即決した背景が2つありまして、1つは以前から「あいのり」という学校で三菱地所さんと一緒に取り組みをさせていただいていたということとともに、私どものグループは食べ物を扱っているところなのでSDGsそのものだという認識がありました。

「あいのり」のことでいいますと、大丸有というビジネスの中心地に地方の香りなり風を届けたいということで「あいのり」に参加させていただきました。大丸有の地主さんと田舎の地主さんが組むというのは、これはすごい組み合わせの妙だということもあって、この取り組みに参加させていただいたということですけど、このACTを通じて思うことがいくつかあります。1つは「あいのり」というのはワンウェイで、どちらかというと田舎の食べ物を大丸有にということでしたが、それがまさに今回のACT 5でフードロスとか、あるいは食べ物の残渣を堆肥にして、それを地方に持っていって野菜を作ろうという、要するにサーキュライトコロニーといいますか、循環ができたということが大きな感動になりました。

奥和登氏(農林中央金庫代表理事理事長)

もう1つ、コロナでどうしても直接の参加者の方が減ったということもあると思いますが、一方でバーチャルな参加者が増えたわけですから、この先に向けてすごいステップが刻めたんじゃないかなと思います。バーチャルでつながりながらフィジカルでつながる実感ができました。多層的につながって広がっていくだろうなという格好で、私自身はこの取り組みのステップを実感しています。

農林中金自身にはグループで100兆以上の資金があります。この資金を今までは主にグローバルな運用にということでしたが、これからは国内でいかに生かすかということだと思っています。また、SDGsの取り組みにどうやってファイナンスしていくかも大きなポイントになるのではないでしょうか。

農イノベーション

米倉: 皆さんもご存じだと思いますが、日本は世界で最も食料を輸入して、最も捨てている国です。こんな恥ずかしいことはないです。今、東京での食べ残しや食品廃棄物をコンポジットにして地方の有機農家に届けて、それで育った食物をまたここ東京で食べる。今いわれたコロナのおかげで、東京一極集中だけじゃなくてもいいなという考え方が出てきて、違う形の働き方・住まい方や交流の仕方が生まれ、地方と東京の関係性が変わっていく。しかも、そういうことにお金がつくようになるというのはすごく大事なことです。

先ほど根本さんがSDGsを機動力にしてというお話をされましたが、たしかにSDGsで新しい流れが出てきましたし、都市と地方のニュー・コンビネーションがこの街で生まれたというのはすばらしいことだと思います。

企業の参加数、個人の参加数をどうするかとか、グローバルな視点で何かできないかとか、来年度に向かって強化していこうという考えはありますか。

奥: サステナブルですから、こういう企画は来年も再来年も続けていくということで考えています。ここで裏話をちょっとご披露すると、うちの職員でこの取り組みに惚れ込んだ者がいまして異動の期間を半年延ばしたという職員がいます。来年になったら彼のミッションはダブルミッションになるので、どうしたらいいのかとちょっと悩んでいます。

次回以降の取り組みということでいいますと、今回、私どもが関係していたのはフードロスなど食べ物のところでしたが、やっぱり農イノベーションの観点からいきますと、農と観光の組み合わせであったり、あるいは農と福祉の組み合わせ、例えば、農業の実際の現場で障がいのある方を受け入れるとか、そうしたところを深掘りしていきたいと思っています。

米倉誠一郎氏(一橋大学名誉教授/CR-SIS学長)

米倉: 農と福祉というのは面白い発想です。障害者雇用率(法定雇用率)2.2%の中で罰金を払うよりも、そういう連携の中で雇用を作ろうというわけですね。もう1つ、僕は日本の農業は世界に輸出可能だと思っているんです。これをぜひいろいろな形で出していただけるといいですね。

それから、地所さんには、これは申し訳ないいい方かもしれませんが、大丸有はちょっと色気、と言っても変な意味ではなく、カラフルでない気がします。

エリア全体で、一社では作り出せない価値を作り出していく

吉田: 大丸有は自然体でいっているつもりですが、いろいろな仕掛けづくりということでいうと、例えばコロナのこの1年は中通りなどの道路占有許可を取って、そこをオープンなワーキングスペースにしたりとか、大丸有オリジナルのものをハード的にもソフト的にもいろいろな仕掛けづくりをやっています。

今回のACT 5の中でも例えば、障がい者の方に絵を描いていただいて19回目となるキラキラアートコンクールをやっています。今回は1100名くらいの応募をいただいて町の人に審査をしてもらうということもやりましたし、町の人がもっと参加しやすい仕掛けづくりをいろいろなことでソフト的に作っていけるといいなと思っています。

そういうこともやっていきたいですし、企業が一緒になって取り組んでいきたいというようなメニュー開発などもしっかりやっていきたいと考えています。一企業ではなくて、エリア全体が協力して、一社では作り出せない価値を作り出していくという大丸有ならではの取り組みをもっともっと広げていきたい。

米倉: たしかに車を遮断して、道路にテラスのようなものを出してというのはいい感じですね。でも、何か分離しているような気がする。サラリーマンは社食でメシなんて食ってないで、もっと外に出てきてテラスで食べるようになればいいのかな。

 

シャンゼリゼ通りとか52番街のように

吉田: かなり自信を持って町づくりをしたんですけどね。世界中の人がお見えになった時に、たぶん世界でナンバーワンの町並みだとおっしゃってくれるのではないかと思っているんです。

でも、いわゆるシャンゼリゼ通りとか52番街のように世界的に有名ではないので、そこを何とかしなくてはいけないなと思っています。先ほどのハートとハードではないですが、ハートの部分をもっと鍛えて世界にアピールできるような内容へ、人が町を作っていきますので、いろいろな人と協力しながら町の魅力をアピールできるようにしたいですね。皇居も近いですし、世界に比類ないすばらしい町だと自負してはいますが、おっしゃる通り、まだまだ浸透していないというのが大きな反省点ではありますね。

左から、米倉誠一郎氏(一橋大学名誉教授/CR-SIS学長)、吉田淳一氏(三菱地所執行役社長)、奥和登氏(農林中央金庫代表理事理事長)

米倉: あー、そうですねハートですね。カラフルというのはそういうことでした。これから、ハートの部分でこの界隈にいる人たちが、外国人を見かけたら下手な英語でも中国語でもいいから積極的に話しかけるというようなムードができ上がってくると、大丸有界隈って温かいなっていうのが、ハード面に加えて出てくるような気がします。

吉田: たしかにそれは大事なことだと思いますね。

奥: 先ほど、私たちのグループはSDGsそのものだということを申し上げました。若干宣伝になってしまうかもしれませんが、私どもは3つの命を考えています。人の命は食べ物によってつながれている。食べ物というのは動物なり植物なりの生命です。もう1つの命は地球があってこそ成り立つということですね。そういう意味で、私たちは人の命と地球の命を考えて個々を大切にしなければならないと思って、いろいろと取り組んでいます。

米倉: まさに食でいえば、地方と東京、人間と動植物、そして地球環境といったものが、ここで交差しながら新しい食文化を作り出す、これがきっかけになってフードロスの削減やフードバンクの充実、そういうことができるようになると本当に魅力的な街ができると思いますね。

では最後に、お二人から今後の決意表明をお願いします。

吉田: 今回はコロナ禍でもいろいろと面白いことができましたし、他のエリアでもこういう流れが少しずつでき始めてきたようです。2030年はあっという間に来てしまいますから日本全体で盛り上がって、大丸有がその中心であり続けられるように頑張りましょう!

奥: 今回は個の取り組みもありましたが、エリアの取り組みだったと思います。エリアが日本全国、あるいはグローバルに広がっていくというイメージを持ちながら2030年に向けて頑張りたいと思います。

【講評①】を読む>>>

【講評②】を読む>>>

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

米倉誠一郎氏に関する関連記事

明日のリーダー育成を紐解く鍵(米倉誠一郎教授)【副編集長対談・前編】

明日のリーダー育成を紐解く鍵(米倉誠一郎教授)【副編集長対談・後編】

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

【ethica-Voice】1杯のコーヒーがサステナブルな未来に貢献できること 企業の様々なサステナブルな取り組みをインタビュー(第2回)スターバックス コーヒー ジャパン
(第5話)新年はハーブでお茶会 【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます