ひらまつがウイズコロナ時代にぴったりの上質なホテルを 軽井沢御代田でオープン
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ひらまつがウイズコロナ時代にぴったりの上質なホテルを 軽井沢御代田でオープン

長引くコロナ禍で旅行が難しくなりましたね。今回は新型コロナが落ち着いたら、まず訪れてみたい素敵なホテルをご紹介します。それは株式会社ひらまつが今年3月16日(火)、長野県御代田町にオープンする「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田(みよた)」。こだわりの料理やサービスが堪能できるオーベルジュスタイルがとても魅力的です。(記者:エシカちゃん)

三密を避けられる屋外空間で本格フレンチを堪能できる

高級フレンチレストランでお馴染みのひらまつ。「食の可能性を広げ、心ゆさぶる『時』を提供する。」というミッションの下、ホテルやレストラン、ブライダルの各事業で培っているサービスの粋を集めた新たなホテルを開業します。それがホテルブランド「HIRAMATSU HOTELS」の6施設目、「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」。食やサービス、軽井沢ならではの豊かな自然が織りなすマリアージュのとりこになってしまいそうです。

「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」のコンセプトは「森のグラン・オーベルジュ」です。自然豊かな浅間山のふもとで、たき火を囲んで過ごしたり、屋外で食事ができたりーー。三密を避けながら非日常を体感できる贅沢な時間がそこにあります。そして、料理はもちろん、サービスやアクティビティの提供を含めた宿泊期間全体をフルコースと捉え、あらゆる五感にとっての“美食体験”を提供。さらに希望者には、コンシェルジュがその人に合った旅行プランづくりを全面バックアップしてくれます。魅力を一つ一つ探ってみましょう。

まずは、自然の恵みを提供する「Table Nature(ターブル ナチュール)」。御代田の風や空気を感じられる屋外空間で、特別な食体験の思い出を作ることができます。客室やダイニングのテラス、森の中のテーブルに加え、将来的には地元の景勝地での料理提供も計画。ナイフ、フォーク、スプーンといったカトラリーやテーブルクロスには上質なものを揃え、通常なら屋外で食べることが難しい本格フランス料理を味わうことができます。

また、旅行を成功させるのに必要不可欠なのはプランづくりです。ひらまつは世界中のセレブリティを対象にしたホスピタリティ・カンパニー、株式会社KRO(クロ)とのコラボを通じて、顧客に合ったオーダーメイドのプランを提案するサービス「HIRAMATSU Concierge(ひらまつ コンシェルジュ)」を提供。パーソナルなニーズに応えるため、予約客に事前のヒアリングをした上で、ホテルに着くまでの食事や観光から到着後の過ごし方まで、その人の好みに応じた最上のプランを提示します。プロの手による“私だけのプラン”で最高の旅行を満喫したいですね。

そして、キャンプがブームになる中で、注目が高まっているのがたき火。屋外コミュニティラウンジ「TAKIBI ラウンジ」では、たき火を囲みながら、人や自然と緩やかにつながることのできる空間を演出します。昼は見晴らしの良さ、夜は幻想的な空間と、時間帯によって楽しみ方が変わるのは嬉しい限り。TAKIBIラウンジでは、ドリンクや軽食も提供し、レストランと違ったカジュアルな食体験も味わえるようにする計画もあるそうです。

 

本館ラウンジでも、心癒す暖炉が迎えてくれる

衛生管理を徹底した持続可能なホテル運営を実践

続いて、ホテルに併設した2つのダイニングとヴィラを紹介しましょう。ダイニングでは、フルコースから、アラカルト、モーニング、ランチ、ディナーに至るまで、多彩な料理を提供します。1階のメインダイニングや5階のオールデイダイニングと2つのダイニングを設置したのは、ひらまつのホテルでは今回が初めて。長期滞在などさまざまな旅のニーズに対応した簡易キッチン付のヴィラも初の試みです。 9棟のヴィラには、キッチンの他にもワイドテラスや 2室のベッドルーム、半露天温泉風呂を完備しています。内2棟はペットの犬と滞在できる「ドッグヴィラスイート」として、ドッグランを備えているのは驚きです。 本館にある28の客室はパノラマビューで、こちらも半露天温泉風呂付きなのが嬉しいですね。

1階のメインダイニング

5階のオールデイダイニング

ひらまつは「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」をフラッグシップホテルとして、今回の試みをその他のホテルにも取り入れる予定です。遠藤久社長は「私たちのDNAにある食を基点に人、地域とのシナジーを生み出し、そのマリアージュをどこまでも大切にした新しい時代のオーベルジュとしてホテルを進化させていきたい」と意気込んでいます。顧客やスタッフ、生産者との共生を図りながら、衛生管理や安全対策に関わる新基準「Hiramatsu スタンダード」を守る姿勢は、ニューノーマル時代にぴったりな持続可能なホテル運営に通じています。

施設:THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田

住所:長野県北佐久郡御代田町大字塩野375番地723

客室:37室

宿泊料金:1泊夕朝食付58,000円~(※2名1室利用時の1名につき・参考料金)

予約:https://www.hiramatsuhotels.com/miyota/

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第46話)「知っておきたい塩のはなし(後編)〜選ぶときに気をつけたいポイント」キコの「暮らしの塩梅」
【ethica編集長対談】動物ジャーナリスト・森啓子さん(中編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます