2021年のバレンタインチョコは新しい価値観で選びたい! imperfect表参道にて開催中の企画、テーマは「幸せなチョコレート」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
2021年のバレンタインチョコは新しい価値観で選びたい! imperfect表参道にて開催中の企画、テーマは「幸せなチョコレート」

今年も、もうすぐバレンタインデーがやってきますね。街の売り場に並ぶたくさんのチョコレートを眺めていると、思わずウキウキしてしまいます。チョコレートを食べるのって幸せ!と感じる方はきっと多いと思いますが、もしも美味しさだけじゃない、別の視点からも幸せを噛み締めることができたとしたら・・・おいしさ倍増になるかもしれません。今日はそんな想いにぴったりのイベントをご紹介します。

(記者:エシカちゃん)

幸せなチョコレート、それってどんなチョコレート?

新型コロナウイルス感染拡大に伴いステイホームを人々が心掛けた結果、全世界でCO2排出量が減少するなど、私たちは自らの意思や選択がダイレクトに社会や環境に影響を与えていることに気づきはじめています。この経験を経て、私たちの「世界中の人とつながっている」という想いは、より一層強くなったのではないでしょうか。

地球環境に配慮され作られた服に注目が集まり、就活においては「#エシカル就活」が企業を選ぶ新基準になるなど、自分のことだけではなく、自分以外の人や社会、環境のことを考え選択することが、いま生きる時代の新基準になりつつあります。imperfect表参道はそうした時代の流れをリードするアクションを私たちに提示してくれました。

今回の取り組みでは、このアップデートされた新基準をチョコレートで体現することに。生産から販売に関わる全ての人が、正しい対価と正しい環境の中にいる「幸せなチョコレート」。半径5mの人の幸せを想うバレンタインデーではなく、半径6371kmのバレンタインデーへ。もっとみんなを幸せにできるチョコレートを選ぶのが、現代(いま)の私たちらしいかもしれない。

バレンタインデーというチョコレートの消費が最も増えるこの日に、一緒に考えてほしいという想いが込められています。

バレンタインエシカル(※注)に関する意識調査

今回のイベントに先駆け、imperfect表参道では、2021バレンタイン及びエシカル※1に関する意識調査を実施したとのこと。その結果がこちらになります。

(※注)ここでは「人や地球環境、社会、人に配慮すること」と定義

■調査概要(imperfect表参道自社調べ)

手法:インターネット調査/対象:全国、女性、20ー60代/サンプル数:250名/調査実施日:2021年1月19~22日

「新型コロナウイルス拡大によって人や地球環境、社会、人に配慮した消費行動の機会が増えましたか。」という問いに対して、YESと回答した人は86%。パンデミックを通じて人々の意識に変化があったことが分かります。

さらに、問1でYESと答えた人の中で「2021年のバレンタインにおいて地球環境、社会、人に配慮した消費行動を実践しようと思いますか。」という質問もあり、これには半数以上の62.8%がYESと答えています。

コロナ禍のバレンタインにおいては、以前よりもエシカル意識が高まっている様子がうかがえますね。

チョコレートアーティストnoricoさんとのコラボを実施!

norico(チョコレートアーティスト) チョコレートを用いてコルネや指先で描写するアーティスト。主に、プレートに描写する過程を刹那的に表現したストーリー性のあるムービーを制作している。個人向けの結婚式オープニングムービーや企業向けのプロモーションムービー、アーティストミュージックビデオ等の制作だけでなく、ライブペイントやワークショップなどの活動も行っている。

imperfect表参道の店舗では、2021年2月1日(月)〜2月14日(日)の期間限定で、チョコレートで絵を描きストーリーを展開することで話題のチョコレートアーティスト、noricoさんとのコラボを実施しています。

noricoさんは、今回、imperfect表参道の想いに共感したことから、imperfect表参道オリジナルの作品を作成することになったのだとか。「幸せなチョコレートがあるとしたら」という問いに対してチョコレートが広がり、ストーリーが紡がれていきます。“imperfect” のロゴから始まり、カカオの実る木が描かれ、現地のカカオ農家の女性が幸せな笑みを浮かべながら収穫する様子が展開。その後、私たちの手に届くまでの長い繋がりの中で、関わる全ての人が笑顔になっている様子が描かれています。ストーリーが展開されるように一つのチョコレートが巧妙に変化していく様子を、驚きとともに楽しむことができます。

2021年のバレンタインのテーマである「幸せなチョコレート」に併せて制作されたimperfect表参道オリジナルのチョコレートアートを、店頭ポスターと特別ムービーの形で見ることができます。店頭とWEBサイトは要チェック!

「幸せなチョコレートというものがあるとしたら」。高さ2mの特大チョコレートアートポスターを作成

ムービー最後にも登場する特大チョコレートアートポスター作成中の様子

制作には1行あたり1時間以上費やしています

店内では、「幸せなチョコレート」というテーマのもと、imperfect表参道の想いを載せた一点もののチョコレートアートポスターが展示されています。なんと、その名の通り、チョコレートで描かれた絵なのです!そんな超絶技巧のポスターには、中心部に、アーティストnoricoさんによって作られた大皿作品が組み込まれています。

文字にいたるまで全てチョコレートで手書きされたポスターには、カカオの実・花・葉っぱ・枝などを中心にしたパターンの中に、動物がアクセントとして描かれています。さらにポスター右上には幸せな生産者の顔が描かれており、隠されたギミックを探すことで楽しみながら観賞できます。

さらにテーマに併せ、1粒のショコラで2つの素材を掛け合わせたフレーバーのハーモニーを楽しめるバレンタインオリジナルアソート「幸せなチョコレート」も、店舗及びECサイトにて、期間限定で販売中です。

オリジナルアソート「幸せなチョコレート」

◆ 販売期間:2021年2月14日(日)まで

※数量限定のため、無くなり次第終了。

◆ 内容:1粒で2つの素材の掛け合わせが楽しめるチョコレート

3種類を各2粒ずつ、計6粒の詰め合わせたボックスです。

◆ 価格:2,100円(税別)

◆ 販売方法:店舗&オンライン販売
https://imperfectonline.com/items/5fe35749f0b108230ac67eeb )

その3種類のチョコレートはこちら!

ALMOND & COCONUT(アーモンド&ココナッツ)

アマレットリキュールを加えたアーモンドペーストのガナッシュの上にココナッツ

風味のミルクチョコレートを掛け合わせた2層のチョコレート。

アーモンドの香ばしさとココナッツの濃厚な甘さの組み合わせが、ミルクチョコレ

ートで優しく包み込まれています。

COFFEE &ORANGE PEEL(コーヒー&オレンジピール)

高カカオチョコレートにコーヒーとトリプルセック(オレンジピールのリキュー

ル)で風味づけされたオトナなチョコレート。ビターチョコレートとコーヒーの苦

味やコクに、オレンジピールが爽やかなアクセントとなり、食べた後にコーヒーの

フルーティーな香りが口いっぱいに!

CACAO & ELDERFLOWER(カカオ&エルダーフラワー)

ダークチョコレートの上にエルダーフラワーリキュールを加えたホワイトチョコレ

ートを組み合わせた2層のチョコレート。重厚なチョコレートに、香り高いエルダー

フラワーの香りが広がり、上品で気高い味わいを楽しめます。

担当者の想い

今回の企画を担当された、imperfect株式会社の佐伯美紗子さんは、このような想いを述べていました。

「パンデミックを経て、今まで以上に私たちは世界中の人とつながっているという想いが強くなっていると感じています。だからこそ、チョコレートが一番消費される“バレンタイン”のタイミングで、今一度、生産から届くまでに関わる全ての人を思い浮かべていただけたら嬉しいです。今年のimperfect表参道のバレンタインのテーマ『幸せなチョコレート」にはそんな思いが込められています。生産者と生活者のどちらにもWellなimperfectのチョコレートだからこそ、作り手と食べる人がつながり、双方が幸せな気持ちになることを願っています。幸せな気持ちで紡がれてできた、幸せなチョコレートがあるとしたら、ということを考え、チョコレートを堪能してほしいと思います」

imperfect株式会社 佐伯美紗子さん

遠く離れた国や生産者の方々の生活にも思いを馳せて食べるチョコレートは、いつもと違う味わいが感じられるかも。imperfect表参道による「幸せなチョコレート」は、バレンタインデー当日までの期間限定で、店舗とオンライン、両方で購入が可能です。明日の休憩時間のデザートに、仲良しのあの人への贈り物に・・・わたしも購入したいと思います。

imperfect表参道

住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ同潤館1階
営業時間:11:00~21:00(日曜日のみ~20:00)
※当面、全ての営業時間を20:00までに短縮して営業
TEL:03-6721-0766
URL:https://www.imperfect-store.com/

 

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

(第47話)「”ことば”を愉しむ〜古くから伝わる大和言葉の魅力」キコの「暮らしの塩梅」
【ethica編集長対談】動物ジャーナリスト・森啓子さん(後編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます