手段の目的化・・・してませんか? エシカリスタVol.23 INHEELS共同代表 岡田有加さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

(写真=INHEELS Emmaシャツ 7,344円 テンセル100%)

手段の目的化・・・してませんか?

最近INHEELSでは「エシカルファッションとは?」という質問に対して「30年後も持続可能なファッション業界と消費のしかたを実現する自爆回避的ものづくり」と答えています。30年というところがミソで、これはもう「子どもたちのために」とか「未来のために」という時間感覚ではなくて、サステイナブルな選択をするのは自分がまだ生きている間、自分のために、自爆回避するためだというメッセージを伝えたいから。ちなみに最近音楽家の坂本龍一氏はビッグイシューのインタビュー(http://blogos.com/article/84204/)で「未来ですか?あと20年持たないんじゃないですか、この世界は」と言っていましたが・・・。

それはともかく、私達は30年後も持続可能なファッションを作ること念頭に置いていて、例えばオーガニックコットンを使うとかフェアトレード取引をするとか、合成ではなく天然のモノを使うとか、そういうことは一つの「手段」にすぎないと思っています。この「手段」を「目的」化してしまうと、おかしなことになってしまいます。例えば「オーガニックコットンを使うこと」を目的化してしまって、大量の本来必要でないオーガニックコットンのTシャツを作ってしまうようでは本末転倒ですよね。INHEELSでは私達なりにその「モノ」のライフサイクルを1から考えて一番持続可能だと思われる選択をしているつもりです。

そして、そうしているとたまに、「一見持続可能じゃないような気がするけれど実はこっちのほうがいいんじゃ!?」みたいな事態が起こることがあります。

実は今年の新作に使った生地は全部、化学再生繊維のテンセル。「化学」と聞いて「それはエコじゃない!」と条件反射しそうになりますが、そこを踏みとどまって掘り下げてみます。実はこの繊維、エコ素材として広く認知されているオーガニックコットンより断然サステイナブルなのです。簡単に特徴をあげると、

・ー生産に必要な水の量はコットンに比べて約100の1

・ー原料であるユーカリ自体に殺菌性があるため、栽培過程でコットンのように殺虫剤を必要としない

・ー使用される溶剤は化粧品にも使われるそもそも無害なものだが、そのうち99%以上再利用可能かつ、回収できないものはバイオ水処理施設で完全に分解されるため環境汚染ゼロ(*Lenzing Fibers “Botanic Principles”より)

質感はてろてろとしているので、レディースでドレープ感のあるデザインのINHEELSにはもってこい。用途によってはとっても持続可能な素材であると考えています。

「天然」=良、「化学合成」=悪と決めつけず、最終的な目的 – 持続可能なファッションづくり – を念頭において、手段を目的化せずに正しい選択をしていきたいですね。

(といいつつ、エシカルジュエリーブランド「HASUNA」で婚約指輪を買うという「幸せになるためのひとつの手段」を白昼夢で夢見ていた私は、あとになってその手段が完全に目的化されていたことに気づいたのですが・・・)

◇告知◇

ポップアップショップ開催情報
4月17日(木)〜4月24日(水)11:00-20:00
表参道Bamboo Rose Roomにて
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-8-8
ビンテージファッションのAtelier R、アクセサリーブランドのSHIMHA、プリザーブドフラワー小物のRouge Blancとの共同出店です
◇◇◇
5月20日(火)〜6月1日(日)10:00-21:00
大宮ルミネ 3F メインフロア イエナ前
アップサイクルブランドFAMとの共同出店です

INHEELS共同代表  岡田有加さん

千葉県銚子市出身、慶応義塾大学総合政策学部卒業。大学卒業後外資会計事務所系コンサル ティングファームにてM&Aコンサルタントとして勤務。退職後渡英、ロンドンにて大手フェアトレードファッションブランドのホールセールエグゼク ティブを勤める傍ら夜間学校にてファッションデザイン、パターンカッティング等を学ぶ。英Environmental Justice FoundationにてデザイナーTシャツコレクションの担当を経て、2012年セクシーxクールなエシカルファッションブランドINHEELSを共同 代表の大山と共に起業。2012年アシックス33DREAMSエル・オンライン賞、2013年ソーシャルプロダクツアワード受賞。

ホームページ

オンラインショップ

Facebookページ

Twitter: @Yuka_INHEELS

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

断捨離ですっきり、心身ともにエシカル・ライフを送ろう! (やました ひでこ さん) 断捨離の提唱者、やましたひでこさんの特集インタビュー
SL銀河、出発進行! エシカルは未来の贅沢 Vol.8 ファッション・ジャーナリスト 生駒芳子さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます