【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(中編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(中編)

Photo=Ura Masashi ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

前編に続き、今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。

「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグやインテリアアイテム、アパレルを展開しているウガンダのライフスタイルブランドです。

ブランド創業より5周年を迎えた仲本さんに、起業までの道のり、今後の事業展開、将来の夢についてお話を伺いました。

ナカウチ・グレースという1人の女性との出会い

萱島: ウガンダでアフリカンプリントと出会って、これをビジネスにしようと思ったのはなぜですか?

仲本: ローカルマーケットをうろうろしていた時、床から天井まで壁一面、バーッとアフリカンプリントが積み重なっているのが目に入って、ワァー、素敵と思いました。日本ではなかなか見ないような色合いや柄をあしらった布だったので、棚から取り出してみては毎回毎回発見があって、一緒にいた友達も楽しいって喜んでいたのをみて、これは絶対にビジネスになるなと思いました。

萱島: アフリカンプリントってエネルギーに溢れていて、元気になりますものね。そこから、どのように事業を始められたのですか。ウガンダの直営工房ではシングルマザーや元子ども兵といった社会的に疎外された人々を作り手として雇用されていますね。

仲本: もともとはナカウチ・グレースという1人の女性と出会ったことがきっかけでした。彼女は4人の子どもを抱えたシングルマザーでしたが、当時、彼女には私の友人の家を掃除する仕事しかなくて、月の収入が1000円ぐらいで生活していたんです。

スターティングメンバー達(左から4人目がナカウチ・グレースさん)

彼女は運よく畑を持っていたので、自給自足の生活はできていたんですが、例えば子どもたちを学校に行かせるとか、風邪にかかった時にすぐに病院に連れていって薬をもらうといったことはできていなかったんです。ウガンダでは、教育を受けて、しかも最高峰の大学を出ていないと定期収入を得られる仕事には就けないというのが実情で、ほとんどの人が自営業で、例えば道端でものを売ったり、男性だとタクシーの運転手になったり、どうにか日々お金を稼いでいました。

ただ、ナカウチ・グレースはなけなしのお金を投資して、自分の生活を変えようという考えでちゃんと行動に移していて、そこが他の人とは違うなと思って、何かやるなら彼女を誘って一緒にやりたいなあというのがきっかけでした。

彼女を巻き込んで、他の人にも声をかけて3人プラス私の4人で始めたんですけど、ある時聞いてみたら皆シングルマザーだといっていて、調べてみたら成人女性の30%くらいがシングルマザーとして生活しているような統計が出てきたんです。

なかでも、都市部で暮らすシングルマザーは、土地もなければ畑もないので、家の家賃も食費も自分で払わなければならなくて、追い込まれやすい状況にあるんですね。農村部に暮らすシングルマザーだったら、実家に戻れば畑と家はあるので、助けてもらいながら何とか暮らしていけます。でも、そうじゃないと食べ物を買うことすらままならない状況で、追い込まれている人がたくさんいるんです。

そういう人たちの中にも10年とか真面目に働いてきて技術を持っている人もいます。そんな人たちがまずは報われるように、自分自身を取り戻すきっかけができればいいなあ、と。ただ、思っているだけでは何も変わらないので、取りあえず自分で始めてみようと会社を立ち上げたわけです。

萱島: シングルマザーが生まれやすい土壌があるんですね。

仲本: 社会的にそういう土壌はあると思います。結婚に関する価値観というか概念が日本とは全く違っていて、日本だったら婚姻届を出して、法律的な拘束力が生まれると思うんですけど、ウガンダではそういうのがなくて、コミュニティの中で認められればそれでいいということなのです。

萱島: 離婚も同じような感じですか。

仲本: そうです。双方の同意があれば成立するといった、そんな感じです。

慣習的に一夫多妻制があったり、男尊女卑の考え方も根深くて。家庭内暴力が起こりやすかったりとか、自分の知らないところで別の人と家族を作っていたりとか、夫婦間の問題が起こりやすい状況ではありますね。そうすると女性が子どもを連れて家を出ていくということが結構頻繁にあったりします。

Photo=Ura Masashi ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

事業を通じて、彼女たちの自信につながった

萱島: 事業を通じて、そうした女性たちの生活向上を目指されてきて、今年がブランド創設5周年ですよね。この5年間で彼女たちの暮らしや生活には変化がありましたか。

仲本: 暮らしや生活は、今までまともに収入を得られていなかった人たちが定期的に、しかも一般的なテーラリングをやっている人の2倍3倍の給料をもらえるようになったので、それによって家族がちゃんと学校に通えるようになったり、おうちが補強されて立派になったりとか、少しずつ変化は出てきましたね。

そういう物質的な変化に加えて、彼女たちの内面がすごく成長していると感じています。それは毎月決まった金額の給料が入ってきて、家族を支えることができるようになったとか、日本のお客さんを喜ばせる商品を自分の手で作っていることとか、いろいろなことが相まって彼女たちの自信につながっていて、もともとは斜め45度下を向いていて、もじもじしながら人にお金を借りながらみじめな思いをしながら生活していた人たちが、いや、もう男なんていらないといった(笑)感じで、強く楽しく生きている姿を見ると、すごく変わったなあと思いますね。

萱島: 嬉しいですよね、そうやって皆さんが前向きになったことを感じることができるというのは。

仲本: そうなんですよ。最近よくレジリエンスが大切だといわれますけど、何か困難なことが起こったとしても、おそらく今の彼女たちだったら、ミシンを1人で買って生活を立て直したりするような、自分が頑張らなきゃって踏ん張れる、そういう力がついてきたんじゃないかと思います。

幸運を運ぶ人

萱島: 「RICCI EVERYDAY」で扱っていらっしゃるアケロ・バッグのアケロって、現地の言葉で「幸運を運ぶ人」という意味だとお聞きしました。

仲本: ええ、そうなんです。私がウガンダに初めて行った時、現地の女性が「今日からあなたはアケロだ」といって私につけてくれた名前なんです。それがとても気に入って、自分がプロダクトを作った時には、その名前を付けようと思っていました。

萱島: 仲本さんって本当にアケロな人ですよね(笑)。ウガンダの女性に頑張る力を授けてくれたんですから。

仲本: いやいや、そんなことはないですよ(笑)。それは彼女たちが毎日ちゃんと、淡々と粛々と仕事に向かっているということが成せる業だと思いますから。

Photo=Ura Masashi ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

萱島: 現地の工房にはよく行かれているんですか。

仲本: 現地にいる時にはほぼ毎日出勤しています。たまに地方出張があるので、その時には行けないですけど、日々のコミュニケーションがすごく大事だなと思っていて、誰かに言われたんですけど、いくら人事研修とかやってもその人との5分のコミュニケーションに勝るものはない。毎日5分でもいいからその人と顔を合わせて、困っていることはないかとか、何かフィードバックをしたりとか、そういうことのほうがよっぽど大事だといわれて、なるほどなと納得しました。

萱島: 何かあった時に言い出しやすい環境を作るということは大事ですよね。

仲本: ええ、そうなんです。いつでも、こっちはちゃんと見ているよっていうサインを出すというか、それは日々のコミュニケーションがあるからこそできるのかなと思うのです。

専業主婦だった母が大活躍

萱島:  創業当初、お母様をビジネスパートナーとして選ばれたと聞いています。

仲本: 実はその時はお金がなかったというのが一番大きな理由なんですけど(笑)、私は1年中ほとんどウガンダにいて生産を見ていたので、誰かが日本で販売をやってくれないとお金が回らないなと思っていて、実際にお金がない中で誰がそういう仕事をやってくれるかなと考えた時に、うちの母の顔が浮かびました。

萱島: お母様も起業のご経験があったのですか。

仲本: いいえ、そういうことはないです。専業主婦だったんですけど、私は母には、お店に立って販売をするということだけを期待していたんですが、それに付随して在庫を整理したり管理したり、百貨店さんとのやり取りをしたりと、いろいろなことが付きまとってくるわけじゃないですか。その都度、これはどうしたらいいのかなと相談はされたんですけど、全部を完璧にこなしてくれて助かりました。

私は4人兄弟なんですけど、4人子どもがいて父がいて、さらに祖母もいたんですね。1日にそれぞれがいろいろなスケジュールを持っていて、それを母は毎日段取りを立てて全部完璧にこなしていたんですよね。例えば私がお弁当が必要だとか、サッカーをやっていた弟の送り迎えをするとか、買い物や洗濯もしなくてはなりませんし、そのマルチタスクを管理する能力って専業主婦ならではだなと思いました。

あとは責任感の強さというか、その一つ一つが自分の家族に関わることだから、ちゃんと遂行しなくてはいけないという気持ちもあったように思います。

萱島: お母様はその頃おいくつくらいだったのですか。

仲本: 60歳少し手前ぐらいでしたね。今は人生100年時代だから、第2の人生だと母はそう言っています。

萱島: 健康寿命が伸びて、働き方や新しいライフスタイルを見つけるということが大事な時代になってきていますが、お母様は先駆者ですよね。

仲本: 60歳になって新しいことにチャレンジするのは自信に繋がったんじゃないでしょうか。二つ返事でやるわよといってくれましたが、母にしてみると、ここまでやらされるとは考えていなかったと思いますけどね(笑)。母ができないことは私がやって、私ができないことは母がやるという、2人で1人という感じでずっとやってこられたのはよかったですね。

(後編に続きます)

 

(後編)を読む>>>

仲本千津(なかもと・ちづ)

早稲田大学法学部卒業後、2009年一橋大学大学院法学研究科修士課程修了。大学院では平和構築やアフリカ紛争問題を研究し、TABLE FOR TWO Internationalや沖縄平和協力センターでインターンを務めた。大学院修了後は、三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)入行。2011年同行退社し、笹川アフリカ協会(現ササカワ・アフリカ財団)に入り、2014年からウガンダ事務所駐在として農業支援にあたった。2015年ウガンダの首都カンパラでシングルマザーなどの女性が働けるバッグ工房を立ち上げ、母仲本律枝と出身地である静岡葵区に株式会社RICCI EVERYDAYを設立。アフリカンプリントを使ったファッションブランドを日本で展開する。また2016年ウガンダで現地法人レベッカアケロリミテッドを設立し、マネージングディレクターに就任。2016年第1回日本AFRICA起業支援イニシアチブ最優秀賞受賞、2017年日経BP社主催日本イノベーター大賞2017にて特別賞、第6回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション女性起業事業奨励賞、第5回グローバル大賞国際アントレプレナー賞最優秀賞を受賞。

ethica副編集長 萱島礼香

法政大学文学部卒。総合不動産会社に新卒入社。「都市と自然との共生」をテーマに屋上や公開空地の緑化をすすめるコミュニティ組織の立ち上げを行う。IT関連企業に転職後はwebディレクターを経験。主なプロジェクトには、Sony Drive、リクルート進学ネットなどがある。その後、研究機関から発足したNPO法人に参加し、街の歴史・見どころを紹介する情報施設の運営を担当した。2018年11月にwebマガジン「ethica」の副編集長に就任。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

萱島礼香

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

お気に入りのデザインがきっと見つかる。障がいを持つクリエイターの自立支援にも繋がる個性派マイバッグ
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(後編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます