Love Letter from 『アフリカの花屋』April 2014 エシカリスタVol.24 アフリカの花屋 はぎうだめぐみさん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

アフリカの花屋 はぎうだ めぐみ です。

春☆いろんな草花が芽吹く、可愛らしい季節ですね^^

東京は桜が見頃を終えましたが、みなさんは美しい桜を充分に堪能しましたでしょうか??

私は3週間の休暇をいただき、ベトナムに行っていました!!

世界遺産の幻想的なハロン湾で甘く濃いベトナムコーヒーを飲むのは至福のときでした♡ ベトナムを代表する“フォー”は毎日食べて、飽きました(^^);。ベトナム戦争の様子が生々しく展示してある博物館では思わず涙を流してしまいました。レストランでは頼んでもいない料理代を請求されたり、車の音や排気ガスが大変だったり、いろんな国からベトナムに来ているバックパックの方々との出会いがあったり。そしてベトナムの美しいランドスケープとビーチは一生忘れられません。異文化の刺激を受け、お陰さまでとても充実した時間になりました☆

一方で、こんなに日本に「居場所」を感じたのは初めての体験でした。「アフリカの花屋」やお客さんのこと、ケニアのパートナーのこと、一緒に働く仲間のこと、いつも応援してくれるファンのことを考えると、とても日本が恋しかったです。心から恋しかったです。恋しすぎて、帰国を予定より数日早めてしまいました(笑)本当です!

私はもともと仕事人間ではありませんが、「アフリカの花屋」は、まさに私の人生の「鏡」のような存在。だから、惜しみなく愛を注いでしまうのです。バラもお客さんもケニアのパートナーもみんな大好きなんだな〜と改めて実感できた旅となりました。そんな自分に正直少し驚きましたが、素敵な発見ができたことに感謝です!

さて、4月と5月の輸入スケジュールのご案内です!!

☆4月の輸入&出店スケジュール

4/22 夜中輸入

4/23 早朝より日本橋店で販売スタート19時閉店

4/24 日本橋店(スタッフが対応)16:00-20:00

4/25 Organic Life Tokyoに出店(12:30-13:30 自分だけのブーケづくり♪)

4/26 Organic Life Tokyoに出店

4/27 Organic Life Tokyoに出店

※  Organic Life Tokyo
http://organiclifetokyo.com/

※【満員御礼】憧れの「お花屋さん」になる1日
http://www.shair.co.jp/oa_cmn/show/oa_table/c/c01/345.html

※【募集中】アフリカのバラで自分だけの「My Bouquet」づくり
https://www.shair.co.jp/oa_cmn/show/oa_table/c/c01/410.html

☆5月☆

さて、今年の母の日は5月11日(日)です!

昨年に比べ、洗練された「アフリカの花屋」のブーケを大好きなお母様へのプレゼントとして是非ご利用くださいませ♪

http://www.africa-flower.com/mothersday.aspx

また、5月11日(日)母の日当日は、10:00-12:00銀座のおしゃれな空間にて、「母娘で過ごす銀座デート」をテーマに、フラワーアレンジ教室を開催する予定です。プレゼントは嬉しいですが、お母様が一番嬉しいのは娘/息子と過ごす時間ではないでしょうか? 詳細は、後日プログに掲載いたします♪ それでは皆さん、素敵な週末をお過ごしください♡♡♡

アフリカの花屋 はぎうだめぐみさん

1981年生まれ、東京都出身。カリフォルニア州立 大学卒。米国大学在学中に参加した国連のプロジェクトでアフリ カの貧困問題に強いショックを受ける。6年間の民間企業での経験の後、半年間ケニアでのボランティアに参加。そこで力強く元気に咲く珍しい模様のバラに出 会う。2012年10月にOnline Store「アフリカの花屋」を立ち上げ、バラの輸入・販売を開始。お金や物資を与えるだけの支援ではなく、ビジネスという対等な立場でケニアの雇用を増 やすアプローチに挑戦中。現在は月に1度程、高品質なバラをケニアから取り寄せ完全予約制でオンライン販売を行っている。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

SL銀河、出発進行! エシカルは未来の贅沢 Vol.8 ファッション・ジャーナリスト 生駒芳子さん
手入れの行き届いたお庭の持ち主はエシカルで心が優しい人が多い。 ethica from London 「エシカルな春」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます