[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第1話)キャンドル・ジュンさん SONG OF THE EARTH 311 – FUKUSHIMA 2021 – 【ethica副編集長対談】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第1話)キャンドル・ジュンさん

今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。

キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています。2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年、被災地支援を現在まで続けてこられ、毎月11日の月命日には必ず現地で復興イベントを実施されています。

そんなキャンドル・ジュンさんに、キャンドルとの出会い、ご自身が率いる⼀般社団法⼈LOVE FOR NIPPONによる東北被災地域での支援活動、そして、これからの未来の作り方についてお話を伺いました。

キャンドルとの出会い

萱島: まず「ethica」について簡単にご紹介させていただくと、8年くらい前に立ち上げたwebマガジンです。今回、サラヤさんにつないでいただき、キャンドル・ジュンさんにご登場いただくことになりましたが、サラヤさんには2014年からスポンサーをしていただいています。「ethica」ではSDGsの内容を誰でも簡単に理解できるようにと、サラヤさんの取り組みを通じて全6回の動画を作成し、今3回まで配信しているところです。

「ethica」は「私によくて、世界にイイ。」をグランドコンセプトとしてまして、読者の約7割が女性、主に20代~30代前半の若い女性なんですけれども、多彩なジャンルで世の中のサステナブルなニュースやオシャレ情報を発信しています。今回は、福島を継続的に支援されてきたキャンドル・ジュンさんの活動をご紹介して、東日本大震災の記憶を風化させずに今また注目してもらうきっかけになればと考えています。どうぞよろしくお願いします。

キャンドル・ジュン(以下CJ): よろしくお願いします。

萱島: では、まずキャンドルとの出会いや、ジュンさんご自身のことについてお聞かせください。幼い頃、日曜日は毎週教会で過ごしていたと伺っています。今の活動につながる原体験のようなものがそこにあったのでしょうか。

CJ: 実は毎週教会に行くことが嫌いで、なぜ毎週教会に行かなくてはいけないのか、神様がいう通りの暮らしをしていれば毎週教会に行って確認したり、懺悔をしなくてもいいんじゃないかと思っていました。

僕の父親はバイオリンを作る人で、自分も作りたいと幼少期に父親に伝えて、まずはバイオリンを弾くことから始めました。弾けないと作る時に、いい音なのかどうか分からないですからね。いざレッスンが始まると日々いろいろ忙しくなって、その中で毎週日曜日に教会に行くことを幼いながらもますます疑問視するようになっていったんですが、ただ、時々あるローソクだけのミサとかローソクの光だけで行う時間はとても好きでした。おそらく、その辺がキャンドルの最初の入り口でしょうね。

萱島: 教会の中で点されているキャンドルって、ユラユラしてすごく幻想的ですからね。子どもにとっては刺激的で神秘的なものだったんでしょうね。そんな幼少時代から実際にキャンドルを作り始めたきっかけは、どんなことだったんでしょうか。

CJ: 教会的な教えもあったんだろうと思いますが、幼い頃から起きている間中、自分はなぜ生まれてきたのか、何のために生まれてきて何をすべきでないのかという問いが自分の中にずっとありました。とはいえ、親元にいる間は、そこまで真剣に向き合わなくてよかったんですけど、18歳か19歳の頃から1人暮らしを始めるようになって、生きるために必要な家賃を払うとか、ご飯を食べるとか、そのために日常をほぼ費やす生活になった時、いよいよこのクエスチョンと向き合わざるを得なくなったんです。

自分が18歳とか19歳の頃ってポジティブとかネガティブという言葉が流行り始めていた時期で、周りの人たちは「難しく考えないでポジティブにやれることをやれよ」みたいなことをいっていたんですけど、自分が何のために生きているのかが分からないのに、そのままにしているほうがネガティブじゃないかと思って、寝る・食べる・飲むという生きるために必要なことをやめて、自分自身と問答しようと思った時、部屋にキャンドルがあったんです。

萱島: その頃からすでにキャンドルが欠かせないものになっていたのですか。

CJ: 教会での体験はありましたが、決してそういうわけではありません。ただ、部屋のインテリアにこだわった時期があって、その時に買っていました。

それで、最初は部屋にキャンドルを点しながらライティングを落として音楽をかけ、自分なりの瞑想をしてみました。その時、自分はすでに自分の中にあるんだと思っていたので、それと向き合おうと考えて、そんな空間を作っていったんですね。実際に外に出て体験して自分自身を見いだすのではありませんでしたが、いわば自分探しの旅に出たわけです。

その中で結局、音楽も誰かが作っているものなので、その人の主張が聞こえてしまうような気がして、そこから引き算をしていったらローソクだけになって、ローソクを点しながらずっと問答を続けていくということをしていました。

萱島: なるほど。それがキャンドルとの出会いというわけですね。

CJ: ええ、そうなりますね。

(第2話に続く)

連載企画「人を癒す希望の火を灯す/キャンドル・ジュン SONG OF THE EARTH 311 – FUKUSHIMA 2021 –」全8回にわたってお届けしてまいります。これからどうぞお楽しみに。

 

【連載】「人を癒す希望の火を灯す」を読む>>>

CANDLE JUNEキャンドルジュン

アーティスト/ フィールドデザイン/ ディレクター

1994年、キャンドル制作を始める。「灯す場所」にこだわり様々なフィールドで空間演出を行い、キャンドルデコレーションというジャンルを確立。

2001年、原爆の残り火とされる「平和の火」を広島で灯してからは「Candle Odyssey」と称し、悲しみの地を巡る旅を続ける。

2011年、東日本大震災を受けて「一般社団法人LOVE FOR NIPPON」を発足し支援活動を始める。

ethica副編集長 萱島礼香

法政大学文学部卒。総合不動産会社に新卒入社。「都市と自然との共生」をテーマに屋上や公開空地の緑化をすすめるコミュニティ組織の立ち上げを行う。IT関連企業に転職後はwebディレクターを経験。主なプロジェクトには、Sony Drive、リクルート進学ネットなどがある。その後、研究機関から発足したNPO法人に参加し、街の歴史・見どころを紹介する情報施設の運営を担当した。2018年11月にwebマガジン「ethica」の副編集長に就任。

ーーBackstage from “ethica”ーー

東日本大震災から10年を迎える福島で、CANDLE JUNさん率いる一般社団法人LOVE FOR NIPPONによる追悼復興イベント「SONG OF THE EARTH 311 – FUKUSHIMA 2021 -」が3月10日(水)から4日間にわたり開催します。『One more action !』をテーマに、開催が叶わなかった2020年の想いとともに、CANDLE 11th、3.11夢の大凧あげ、FESTIVALやシンポジウムといったイベントを実施予定。詳しくは公式サイトをご覧ください。

SONG OF THE EARTH 公式サイト
http://songoftheearth.info

提供:サラヤ株式会社
https://www.yashinomi.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

萱島礼香

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

アメリカ西海岸スタイルの「オーシャンフレンドリー」な セレクトショップがオープン
(第11話)持続可能な住まい【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます