【ethica編集長対談】 セブン&アイ・ホールディングス・釣流まゆみ 執行役員 (中編)「西武百貨店からセブン&アイ・ホールディングスへ」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica編集長対談】 セブン&アイ・ホールディングス・釣流まゆみ 執行役員 (中編)「西武百貨店からセブン&アイ・ホールディングスへ」

Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

「ethica woman」シリーズは、働く女性がキャリアを積む過程で考えてきた事を特別な輝きを纏った女性にお聞きします。読者それぞれが理想とする女性像を学ぶ為に、自分をワンランク上に押し上げてくれる美学や志を提供する事を目的としております。

前編に続き、2月24日・25日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2021横浜」(SB 2021 YOKOHAMA)に基調講演の1人として参加されたセブン&アイ・ホールディングスの執行役員・釣流まゆみさんに、ご自身が歩まれた道のりについて、エシカ編集長・大谷賢太郎がお聞きしました。

西武百貨店からセブン&アイ・ホールディングスへ

大谷: なるほど。そして、2019年にセブン&アイ・ホールディングスに移られるわけですね。

釣流: はい、そうです。お買い物が大好きで無駄なこともいっぱいしてきました。その中で急にサステナビリティ推進部へ移ることになりました。ちょうどCSR統括部がサステナビリティ推進部と看板を変え、しかもアクションも変えていこうというタイミングだったので、そこに私が呼ばれたようです。小売業には女性が多いということもあったとは思いますが、その中でなぜ私がという思いも正直ありましたね。

私にとって仕事のベースは、お客様をどう見ているかということで、それは今もプラスに働いています。さっきも申し上げましたが、小売業ってお客様が困っていらっしゃることを解決して喜んでいただいて、また使っていただく。そして、私たちはその喜んでいただいたことの中に少しでも不都合があれば、さらに修正してより良くしていく。その繰り返しなんですよ。

大谷: 現在のお仕事についてお聞かせください。

釣流: 私たちは企業として解決すべき5つのマテリアリティ、日本語で重点課題を2014年に特定しました。私は当時、そごう・西武で勤務していましたが、「重点課題解決って何?」って思って、マテリアリティって横文字になるとますます分かりづらい(笑)。

でも、2015年にSDGsが登場すると、「あっ、そういうことか」と思いました。それぞれの会社で目標をしっかりと持って進めていくのが当社グループのやり方です。私は店舗の店長をやっていたと思うのですが、お店として地域のお客様とともに何をやるべきかを考えながら、この5つの重点課題の解決に取り組んでいました。

環境への取り組みとして「ISO14001の取得」を西武百貨店はわりと早いタイミング、おそらく90年代にはスタートしていますので、環境に対する意識も高かったです。私は以前、滋賀県の大津西武店に勤務したことがあって、大津はまさに琵琶湖のすぐ横にあったので、環境条例、琵琶湖条例など環境に対しては強い想いを持っている地域でした。これは先ほどのお客様志向に、さらに環境が加わることで、こちらに来ても違和感はありませんでした。ただ、ここまで専門的な方が多くなると、大変と思ったのが正直なところで、心配になりました(笑)。

大谷: SDGsが浸透してきますと、いろいろな企業さんと関わることが多きなってきたのではないかと思いますが、これまでどんな企業さんと議論を重ねたり、勉強会をしたりしてきたのでしょうか。

釣流: 経産省がバックアップしているクロマ(クリーン・オーシャン・マテリアルアライアンス)の活動が、私にとってサステナビリティ推進部に入った時の最初の仕事でした。クロマは19年に当時花王の澤田社長(現会長)が会長となって立ち上げましたが、当社グループが参加させていただいた時は100社くらいだったのが今は400社近くになっています。そこには化学メーカーさんをはじめ、流通小売り等、業種を超えた様々な企業が参加しており、プラスチック製品の持続可能な使用や代替素材の開発導入について活発な議論が交わされています。

Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

大谷: 釣流さんのプロフィールを拝見すると、教員を目指されていたこともあったようですが、今、お話を聞いているとそんな感じがしますね(笑)。

釣流: もしかすると向いていたかもしれないですね(笑)。

大谷: 産学で大学などと関わることもあるのではありませんか。

釣流: ありますね。京都大学さんとか、最近ではお茶の水女子大付属小学校さんと交流しています。

大谷: お茶の水女子大は以前、家庭科教諭を取材をしたことがありますが、どんなことをやっているのですか。

釣流: 以前から家庭科の授業の中でSDGs教育をおやりだったみたいですね。ちょうど、プライベート商品であるセブンプレミアムを開発しているメンバーが商品開発の参考の為に、小学校と連携したいと考えていたこともあって交流がスタートしました。

去年の暮れに生徒さんたちにうちの会社に来て、発表会をしてもらいました。その時、未来世代のこの子たちが本気で考えることはやらなきゃいけないなと改めて思いました。

Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

大谷: 京大のほうとはどんな連携をしているのですか。

釣流: 環境省さんからのご紹介で、廃棄物の専門家の先生と京都のセブン-イレブンと連携したいということになり、まずは勉強させてくださいというところから交流が始まりました。

京都市とはすごく良い関係で、外国人観光客へのインフォメーション体制やごみの問題などを一緒に協力しながらやらせていただいています。今はコロナの影響で観光客さんが少なくて残念ですけど。

大谷: 今、イノベーションを起こすということでいいますと、大学から知見を得ることも多いのではありませんか。

釣流: ええ、おっしゃる通りです。エネルギーや太陽光の権威の方々にお話をお聞きして、毎回毎回とても勉強になっています。

ちょうど私が着任したタイミングというのが、まさに世界が大きく変わろうとしていた時で、日々SDGs関連のシンポジウムなどいろいろなイベントが開催されていました。その中で最初に参加したシンポジウムの場で、たまたま隣に座っていた方が「僕はもう何十年もこの業界でやっているけど、なかなか進まないんですよ。あなたはいつからですか」と聞かれて「この春からです」(笑)と答えたら「いいですよ、それ」って言われて、いまだにその言葉を大切にしています。

というのは、今、まさに転換期ということなんですね。「現場で起こっていることや世界で起こっていることに素早くアクションしていかない限りはダメだよ」って言われて、私はそのことをモットーにしています。

スピード感がとても大切です。加えて環境やSDGsの取り組みをお客様にもご理解いただきながら、一緒に進めていく為にもコミュニケーションが重要です。例えば、セブン-イレブンを中心に太陽光パネルを約8千店に設置しています。かなり前から実施していますが、おそらくほとんどのお客様はご存知ないかと思います。

(後編に続く)

 

(後編)を読む>>>

 

釣流まゆみ

㈱セブン&アイ・ホールディングス 執行役員 経営推進本部 サステナビリティ推進部 シニアオフィサー

津田塾大学国際関係学科卒業。(株)西武百貨店入社(現(株)そごう・西武)。 池袋本店婦人雑貨部、販売促進部、等を経た後、営業部門へ。執行役員顧客サービス部長、執行役員池袋本店副店長、執行役員所沢店店長、執行役員東戸塚店店長、執行役員文化プロモーション部長。 2019年3月より(株)セブン&アイ・ホールディングスへ。

グループ環境宣言「GREEN CHALLENGE 2050」の達成を推進。

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業9期目に入り「BRAND STUDIO」事業を牽引、webマガジン『ethica(エシカ)』の運営ノウハウとアセットを軸に、webマガジンの立ち上げや運営支援など、企業の課題解決を図る統合マーケティングサービスを展開中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
柴咲コウさんの参加が契機に。ヘアドネーションという選択
独自記事 【 2019/9/2 】 Love&Human
自分の髪を第三者に寄付する、ヘアドネーションという活動を知っていますか?寄付した毛髪はウィッグの他、美容師のトレーニングやヘア商品の開発研究などのために再利用されます。 今日は小児がんの治療や外傷など、様々な理由で髪を失ってしまった18歳以下の子どもたちが使う、「メディカル・ウィッグ」を作るためのヘアドネーションについ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第3話)キャンドル・ジュンさん SONG OF THE EARTH 311 – FUKUSHIMA 2021 – 【ethica副編集長対談】
(第54話)「”もしも”のときのために。自分に、家族に合った形で備えたい防災のこと(前編)」キコの「暮らしの塩梅」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます