(第13話)幸せ!かまど炊きご飯【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第13話)幸せ!かまど炊きご飯【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」

皆さんは、ご飯を炊くとき何で炊きますか?私はここ何年も炊飯器を使用していません。鍋でちゃちゃっと炊いています。最近は、様々な種類のIH炊飯器が出回っていますよね。試してみたいと思いつつ、高価なものが多くなかなか手が出ません。

ガスや電気が広まる昭和20年代頃までの日本の家庭には、かまどがあって羽釜でご飯を焚いていた時代がありました。燃え残った炭をこたつに入れて暖をとったり、灰を畑の肥料にしたりと昔の暮らしはエコそのもの。

前回は、アトリエデフの取り組みをご紹介しました。今回は、『循環の家』でかまど炊きに挑戦! その様子をお届けします。

かまど炊きに初挑戦!「自分史上最高」のご飯と出会う

自然エネルギーの循環を体験できるアトリエデフのモデルハウス『循環の家』。庭には小さな畑やかまど、堆肥小屋や薪小屋があります。デフのスタッフの皆さんは、実際にここで循環型の暮らしを実践しながら働いています。そして、お昼にはかまどでご飯を炊き、畑で獲れた野菜を調理して全員一緒にランチタイムを過ごします。

11時になると皆さんで食事の準備をスタート。これも仕事のうちなのだとか!

今回、何と『循環の家』にあるかまどでデフ広報の小倉万穂さんのご指導のもと、人生初のかまど炊きに挑戦しました!

羽釜にお米と水を入れる。炊飯器のようにタイマーもついていない。果たしてちゃんと炊けるのか?

初めて目にする大きな羽釜は二升炊き。「今日は9人分のご飯を炊くのでお米を5合用意しました」と小倉さん。やや多い気もしますが誰かがお代わりをするので余ることはないそうです。

お米は隣町のほそかわ農園さんから購入された無農薬栽培米。

高い山々に囲まれた長野は、雪解けの豊富な水にも恵まれ、毎年美味しいお米が作られることでも有名です。カエルやイナゴ、トンボなど、小さな生き物がいっぱいいる田んぼでつくられるお米って安心感があると思いませんか?

毎年、厳しい品質基準をクリアし、品質を示す一等米比率は全国トップクラスなのだとか。ますます期待が高まります。

すでに洗って30分ほど浸水させたお米を羽釜に入れると、いよいよかまどで炊飯スタートです。

かまどで火おこし

かまどの炊き口に端材を入れ、マッチで丸めた新聞紙に火をつける。端材の量は想像より少ない。ちゃんと炊けるかな?

小倉さん: まず、丸めた新聞紙の上に燃えやすい小枝や細い竹を乗せて、かまどの炊き口に置きます。マッチで新聞紙に火をつけると、新聞紙から小枝へと火が移り、炎が広がっていきますから、そうしたら全体に火が回るよう、時々うちわで優しく空気を送り込むようにあおぎます。

はじめは強火でぱっぱ!沸騰したら弱火でじっくり

勢いよく火が上がってきたら、こんな感じに羽釜を設置する

小倉さん: 全体に火が回ったら上から羽釜を置きますよ。ちょうど炉の口から少しだけ炎がのぼって来るくらいの火加減ですね。太い薪だとより火力が安定しますが、家を建てた後に余った端材10〜15本くらいあれば十分です。

山田: 「はじめちょろちょろ、中パッパ、じゅうじゅう吹いたら火を引いて…赤子泣いてもふた取るな」ってよく言いますよね。

小倉さん: そうですね。でも実は、はじめに強火で炊いて沸騰したら火を弱めるんですね。どのくらいで沸騰するかはその時々で違うので、何分たったら火を引いて…、とか、はっきりとは言えまないんですよね。お米の量や火の加減、木の燃え方や天候などによって毎回変わる気がします。マニュアルはなく、自分のカンが頼りです。最後にちょっと強火にすると、いい感じにおこげができます。

山田: なるほど。やはり経験するしかありませんね。火力を調整するだけでも、なかなか思いとおりにはいきません。ウチワであおいで酸素を送り、端材を加えながら火が消えないようにするのが精一杯。

小倉さん: 羽釜のフチから水分がちょろっと吹きこぼれたら、火を弱くするタイミングです。水分のふき上がり方や湯気の香り、お米が弾ける音などによっても炊けたかどうかがわかりますよ。ここが腕の見せどころ。五感を研ぎ澄ませましょう。

山田: 湯気の香り?お米が弾ける音?正直、まったくわかりません(汗)

小倉さん: 大丈夫。二升炊きの羽釜でお米5合を炊くくらいならそんなに失敗はしません。

羽釜と蓋の間からシューっと湯気が上がってきたらおき火(弱火)にして待つ。炊けたかどうかはカン次第…。ご飯が炊けた良い香りがしてきたら出来上がり

小倉さん: かまどで上手にご飯が炊けるようになれば、いざというときに野外でも美味しいご飯が炊けますよ。昔のやり方を知っておいて損はありません。私も入社したばかりの頃は、毎日のようにこうしてここでご飯を炊いていました。いまだに失敗することがありますよ。

畑仕事も日々の料理も大切な「仕事」のひとつ

20分くらいで炊き上がり。10分ほど蒸らします。炊飯器だと長時間かかるご飯もかまどで炊くとあっという間。経済的!

ご飯が炊きあがるまでの間、スタッフはオフィスのキッチンでおかず作り。みんなで育てた野菜を使った料理が並ぶ

山田: ご飯が炊きあがるまでの間に、他のスタッフの方たちはキッチンに立っておかずの準備。毎日11時から、食事の準備は皆さんの日課なのだとか。仕事はしなくて大丈夫なんでしょうか?

小倉さん: これもデフの大切な仕事のひとつです。365日、暮らしに必要な基本的なことを一通り自分たちでやっています。畑作業や薪割り、雑草取り、そしてかまどでご飯を炊くことも…。まず自分たちがやってみないことには、お客様にもしっかり伝えることができません。こうした暮らしの実践から私たち自身が学んだことや、日々感じたことをお伝えすることが大事だと思うんです。

さあ、かまどのご飯が炊けましたよ!

お釜の中の炊きたてご飯。まわりに程よくおこげができていました

しゃもじで十文字に切る。そしてふわっと上下を返して手早く混ぜる

蓋を開けると立ちのぼる湯気。ふわっとやわらかなご飯の香りがあたり一面に広がります。まずはしゃもじで十文字に切って、それぞれ天地を返していきます。底からのぞくおこげがまたいい感じ!皆さんのお茶碗によそっていきます。

お茶碗によそっていよいよランチタイム!おこげができていい感じ

スタッフの皆さんと一緒にお昼ご飯をご馳走になりました。みんなで育てた野菜や自家製の漬物、そしてかまど炊きのご飯、いただきます!

ふっくらと炊き上がったご飯の底にはなんと香ばしいおこげが!(できないこともあるらしい)しゃもじでまぜて器によそって頬張ると…..。お米の粒がしっかり感じられ、それでいてふっくらしっとり、ほどよく甘くて香ばしいんです。

「美味しい!」と思わず叫んでしまうほど、自分史上最高のご飯を味わいました。

手作りのおかずが食卓にたくさん並び、賑やかなランチタイム。住む人を笑顔にする「家」づくりは、こんな幸福な時間が育んでいるのだと思いました。丁寧な暮らしの先には、循環型の未来が待っています。

デフの皆さん、ごちそうさまでした!

【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」を読む>>>

記者:山田ふみ

多摩美術大学デザイン科卒。ファッションメーカーBIGIグループのプレス、マガジンハウスanan編集部記者を経て独立。ELLE JAPON、マダムフィガロの創刊に携わり、リクルート通販事業部にて新創刊女性誌の副編集長を務める。美容、インテリア、食を中心に女性のライフスタイルの動向を雑誌・新聞、WEBなどで発信。2012年より7年間タイ、シンガポールにて現地情報誌の編集に関わる。2019年帰国後、東京・八ヶ岳を拠点に執筆活動を行う。アート、教育、美容、食と農に関心を持ち、ethica(エシカ)編集部に参加「私によくて、世界にイイ。」情報の編集及びライティングを担当。著書に「ワサナのタイ料理」(文化出版局・共著)あり。趣味は世界のファーマーズマーケットめぐり。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田ふみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter2-1】 ethica beauty project
見た?行った?「リンゴの葉っぱ」が今年も緑にチェンジ!Apple Storeのアースデイ2021

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます