(第1話)家族とwell-being(ウェルビーイング) 【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第1話)家族とwell-being(ウェルビーイング) 【連載】かぞくの栞(しおり)

「私によくて、世界にイイ。」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に……。日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

お久しぶりの方も初めましての方も、

こんにちは、キコです。

 

この4月まで約1年に渡って『キコの暮らしの塩梅』を書かせていただきました。

この連載を通して、家族や自分自身、環境にとっても無理の少ない「ちょうどいい」暮らしの工夫を考えてきました。

 

なにを買うか、なにを食べるか、どう暮らすか。

地球規模で見ると日々の暮らしのなかでできることはほんのわずかです。

それでも今よりちょっと良くなるかもしれない選択を積み重ねていくことが、巡り巡って未来を良くすることにつながっていくのだと思っています。

 

「ちょうどいい」のひとつの基準となるのは、家族や自分自身が「ごきげん」でいられるかどうか。

 

「どうあるべきか」より目の前の人の笑顔を想像した先の選択、それこそがwell-beingなあり方だと思います。

 

結婚まで7年、長い付き合いだった夫とはお互いの性格も考え方もよくわかっていて、一緒にいるけれどそれぞれのペースも尊重し合えるような、心地のよい関係だと思っていました。

 

でもそんな阿吽の呼吸が成立していたのは、結婚してから娘が生まれるまでの、ほんの少しの間。

 

私たちにとって、娘の誕生はとてもとても大きな変化でした。

私が想像していた”子どもが生まれる”というイメージは、今までのゆるーい私たちの暮らしに赤ちゃんが加わるという形。

 

我が家の家族としての容量は「これくらい」で、その中に仕事、家事、子育て、自分のことがちょうどよく収まっているような。

 

でもそんなのは幻想で、実際にはこれまでの自分たちの思いや暮らしの形なんか全部ふっとばして、ドドーンと、家族の真ん中にとてつもない存在感の何かがあらわれたような感じでした。

 

娘の存在はたまらなく愛おしくて、家族で過ごすなんでもない日常が幸せであふれたものだと気づかせてくれます。

 

そう思う一方で、泣いている娘に応えたり、目の前のやらなければいけないことをこなしていくだけで精一杯な日も。

特に産後は、自分のペースを変えようとしない夫の姿に苛立ちを感じたり、仕事、家事、子育てを要領よくこなせない自分に嫌気がさしたり。

この大変な日々はいつまで続くのだろう……と暗闇の中を走っているような気持ちになることもありました。

 

そんな毎日も、娘の成長と、夫婦・家族としてどうありたいかを話し合ったりしながら暮らしの形を模索していくなかで、少しずつ変化していきました。

 

その過程で自分がこだわりすぎていたり頑張りすぎていたことも、ほぐれていったように思います。

無理しすぎず、自分の気持ちにも相手の気持ちにも耳を傾けること。

 

そんな日々の積み重ねが、家族の「ごきげん」につながっていることを感じます。

「暮らしの塩梅」に続いて、新たに「かぞくの栞(しおり)」というテーマで日々の思いや感じたことを書いていこうと思います。

 

「しおり」には「道しるべ」という意味があります。

しおりというと、本の読みかけのところに挟むもの、また旅をする時にどう過ごすかわかるように案内をしてくれるものですが、元々は山道などを歩く際に道に迷わないよう木の枝を折り曲げていたことから『枝を折る』=『枝(し)折る』となり、目印を表すものでした。

 

お祝いごとや旅行など、特別なハレの日の思い出は写真にも記憶にも残りますが、何気ない日常にこそ、心に留めておきたい大切なものがあるように思います。

 

そのなかに家族や自分が「ごきげん」に、言い換えるならば「well-being」な状態でいられるためのきっかけが散りばめられているのかもしれません。

 

「well-being」であるために、大切にしている日々の過ごし方ってどんなものだろう?

 

自分や家族にとって、また読んでくださっているどなたかの道しるべになるようなものになればいいなと願いを込めて、

家族と過ごすなかで感じたことを、日記のように綴っていきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。

【連載】キコの「かぞくの栞」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第14話)マリーゴールドの草木染め 【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」
ファッションが地球を傷つけているとわかる5つの事実/Climate Saturday

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます