【ethicaオンラインワークショップ】ドイツの暮らしを参考に地球に優しい暮らしを考えてみよう(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethicaオンラインワークショップ】ドイツの暮らしを参考に地球に優しい暮らしを考えてみよう(後編)

ethica公式ファシリテーターのスミレさんは、大学で国際教養を学ぶ傍ら、文部科学省が展開する「トビタテ!留学JAPAN」の9期生として2019年1月より1年間ドイツへ留学。帰国してからは、スミレさんがドイツで学んだこと、感じたことを「スミレのドイツ留学 回顧録」として、ethicaで語っていただきました。

中編に続き、スミレさんにethicaの読者のみなさんと交流していただきながら、ロールプレイング形式のワークショップを開催しました。スミレさんがファシリテーターを務め、参加者はカオルさん、ヒカリさん、マリナさん、チギラさん、ミズキさんの5人です。大いに盛り上がったワークショップの模様をレポートします。

ワークショップのテーマは「ドイツの暮らしを参考に地球に優しい暮らしを考えてみよう

旅からの帰国

スミレ: みなさんは旅を終えて日本に帰国しました。今、何を思いますか? 質問でもいいですし、びっくりしたことでもいいし、感想でもいいし、何か感じたことをぜひ教えてください。

チヒロ: とても楽しかったです。ずっと前から考えていましたが、ドイツのごみ箱は本当に画期的なシステムだと思っていて、でも、結局、ごみ箱が駄目になったらやっぱり捨てられるのかなと考えると、プラスチックの袋を使うのと、ごみ箱を使って廃棄するのとではどっちのほうが廃棄量が少なくて済むんだろうという疑問があって、そういうデータとかあって、もし、ごみ箱のほうがよかったら絶対に日本にも導入したほうがいいなと思いました。

スミレ: たしかに、ごみ箱そのものが駄目になっちゃったら……ということですよね。

チヒロ: それと、量り売りとかまだ日本には少なくて、日本人はオーガニックや量り売りのお店にはあまり行かないかなと思うと、どこから始めたらいいんだろうって、そっちのアプローチも必要かなと思いました。

スミレ: 紙ごみのごみ箱はなかなか壊れないと思うけど、よく使う生ごみの箱は途中から臭いが気になったりするのかなあと、今、私も思いました。

日本ですぐにあのシステムができるわけではないので、まずできるのは、使うごみ袋の量を減らすことなのかなと思います。ごみ袋が全然一杯になっていないのに、くくって出しちゃうとかあるから、なるべくごみ袋をぎっしりにしてから捨てるのを心がけるのが大事だと思います。

ミズキ: 僕が旅行者としてドイツに行った時は全然気がつけなかったところが多くて、実際に生活をして家庭の中に入ってこそ気づけたんだろうなということで、すごく勉強になりました。

ライフスタイルから社会に与える影響を、ドイツはシステムとしてうまく取り入れているのかなということに、すごく強い印象を受けました。プラスチックフリーの水だったり、ライフスタイルから浸透させることで、個人としてできることを選択肢として選べるような、そういう社会になっているから1人1人が率先して環境にいいことに参加しやすい社会が作られているのかなと思いました。

なので、ドイツの社会がこういう仕組みになった背景、一消費者からのニーズが高まってこういうふうに変わっていったのか、政府側から今、日本がやっているように制度として紙袋いくらとか、プラスチック袋いくらとかっていうふうにしたことで、企業が変わっていったのか、今一度背景を調べてみたいなと思いました。

スミレ: たしかに背景は、私もちゃんと調べてみたいと思います。一度、ホストファミリーに、なぜ、ドイツはこんなに環境に優しいのかと聞いたことがあって、その時にはドイツも環境に優しくなったのは、ここ数年なんだよっていっていました。いろいろな制度が変わっていって、人々が環境問題について日常的に話すようになったと。

日本人はどこから変えたらいいのかというのは考えどころだなと思います。

カオル: やっぱり日本とは全然違うなと思いました。私は今、スーパーで品出しのアルバイトをしていますが、並べるもの全部がプラスチックで、こんなに必要なのかっていうくらいあるし、ダンボールも毎日山ほど出るし、そういうところももっと変わっていったらいいなと思いました。

それから、プラスチックではないけど、レシートとか紙のごみがすごくて、レシートのために1日に何ロールも代えなくてはいけないし、それ本当に必要なのかな、もったいないなあといつも思っていて、そういうところも少しずつ変わっていけたらいいなと思いました。

スミレ: 次にヒカリさん、いかがですか。

ヒカリ: まずドイツで暮らすということにワクワクした内容でした。それと、ドイツには、ものを大切にする文化があるのかなと。愛着がわくし、その愛着がものに向くことで、捨てたりすることも少しずつ減ったりするのかなと思いました。ドイツのいい取り組みを日本ではどう活かしたらいいのかなというのが気になりました。

Bremenで見つけた緑豊かな散歩道!

スミレ: 最後にマリナさん、お願いします。

マリナ: ドイツにプチ旅行した気分にさせてもらって、ありがとうございました。

消費者のニーズが先なのかわからないけど、ビンのお水を買ってもビンをお店に返却すると、お金が戻ってきたりとか、マグカップの仕組みだとすごく利益になるから続けていけるし、社会や家族全体に仕組みが浸透しているから続けていけるんだなって思いました。

日本って、もともともったいない文化とか、ものを大切にする暮らしをしてきたはずだと思うのに、過剰包装が多かったりしてきましたが、今ちょっとずつ変わってきて、こういうことに興味を持っている子が周りでも増えているから、そういうところからメディアがどんどん取り上げたりして普及していけばいいなと思いました。

スミレ: みなさん、ありがとうございました。最後に少しだけ私から。

まず便利な暮らしと地球に優しい暮らしは両立できるということを知ることがすごく大切だと思っています。今はまだ便利だからレジ袋を使ったりしがちだけど、エコバッグを持ったりちゃんと工夫をすることを心がければ、買い物も便利に地球に優しくできるということを、まず知ってほしいという思いがすごくあります。

もう1つは、私はドイツの人々が環境について話していることにすごい衝撃を受けたというか刺激を受けたので、たしかに1人では大きく変えることはできないかもしれないけれど、今日ここでみなさんと話したことでひとりひとりの環境への意識が少しでも変わっていって、広がっていったらと思います。

さあ、始めよう、昨日よりほんの少し地球に優しい暮らしの第一歩ということを、私はすごく大切にしていて、明日はビニール袋を使わないとか、本当に小さな一歩が少しずつ変えていくかなと思うし、それこそ、まずみんながエコバッグを持ち始めたらビニール袋の生産が減るかもしれない。政策が先に来るか、個人が先に動くのかどうかはわからないけれども、私たちにできるのは私たちの小さな一歩かなと思うので、今日の話が何かにつながっていけば嬉しいなと思います。

スミレ: それでは、ほかに何か質問はありますか?

ミズキ: ドイツの同じ世代の人たちは、環境のことについて具体的にどんなことを話していましたか? 例えばSDGsについて話したりするんですか?

スミレ: SDGsについても話しているけど、固い内容というよりは、例えば、こんなエコバッグがよかったよとか、どこどこのお店はプラスチックがないらしいよとか、そういう情報を教えあったりしています。

ミズキ: 最新情報を交換し合うみたいな?

スミレ: そうですね。他には、フライデーフォーフューチャーという環境ストライキがあって、金曜日に一緒に行こうよとか。それから、日本はどうなのって興味を持って聞かれたり、今日のプラスチックの話からは外れるかもしれませんが、お肉を食べない選択をしている子がすごく多くて、みんなで、あなたは何でお肉をやめたのという理由を話し合ったりとか、私はお肉を食べないけど、日本に旅行に行ける?とか、そんなことを聞かれたりします。

ドイツにも格安のフライマークという洋服屋さんがあって、日本のH&Mみたいな感じのお店なんですけど、私がそこに行こうとしていたら、そのお店は労働環境があまりよくないお店だから、そこで買うのはやめたほうがいいんじゃないっていわれたこともあります。

環境問題に全然興味のない人もいるけど、それなりに1人1人が意見を持っていて、できることをやっているという印象を受けました。

チャットからのご質問コーナー

スミレ: チャットにいただいた質問にもお答えしますね。 

Q:自然は多かったですか? 若者の環境ストライキは多かったですか?

スミレ: 自然はとっても多いです。ドイツの人ってお散歩が趣味みたいな感じで、友だちと会うと散歩に行こうってよく誘われました。どの町にも散歩道があり、森があって自然がすごく多いなと思いました。

ストライキについては、フライデーフォーフューチャーは毎週行われていたかな、大きい町では特に。

Q:親世代の環境に対する姿勢や意見はどうですか?

スミレ: ドイツの親世代に関しては、私は2家族しか知らないので、大きなことはいえませんが、1つ目の家庭は娘さんが2人いて、1人はビーガンで乳製品を一切摂らない生活をしていて、もう1人はベジタリアンでしたので、お母さんたちも理解していて、さらに1人は小麦のアレルギーを持っていたから大変で、フライパンをわけたりとかすごく協力的な感じでした。

お母さんとお父さんもなるべく環境に優しい暮らしをしたいといっていたけど、その2人はお肉を食べる生活をしていて、2人だけで出かける時にご褒美みたいな感じでお肉を食べていました。ピザを作るとなった時には、お父さんとお母さんは自分のものだけにはハムやベーコンを乗せたりして、娘がお肉をやめたから私たちもやめるというよりは、私たちはお肉を食べるという選択をするという感じ。お肉を食べたい人もいれば、食べない人もいることにすごく理解があったかなと思います。

2軒目は子どもがまだ3歳くらいと小さいこともあって、普通にお肉を食べる家庭で、私もドイツにいた時は普通に食べていました。でも、だからといって、お肉を食べない人のことをどうこういったりとかは全然なくて、日本はお肉を食べない人が増えているの?とか日常で聞かれたりしていたので、自分は全然そうじゃなくてもちょっと意識はしていたのかもと思います。

ドイツにはお肉を食べない人が住みやすい町があって、そこではビーガンケーキやビーガンクッキーが売っていたり、アイスクリーム屋さんにもビーガンアイスがあったし、ドイツはソーセージが有名でソーセージ屋さんがたくさんあるけど、その中に1つくらいはビーガンソーセージがあったりして、私には驚きでした。グミやチョコレートにもビーガンのものがたくさんいろいろありました。

では、ここまででワークショップは終わりとなります。今日はみなさん、どうもありがとうございました。

ドイツ留学をきっかけに、環境問題に関心を持ったスミレさんにethica公式ファシリテーターとして、読者のみなさんと交流していただきながら、ワークショップを開催してまりました。(前編) ・(中編)をお見逃しの方は、是非バックナンバーからご覧ください。

 

ethica編集部は、読者とのオンラインによる交流を推進しています!!

 

 

スミレ

1997年生まれ。千葉県出身。上智大学卒。トビタテ9期生として、2019年1月より1年間ドイツに留学。2016年からNPO法人じぶん未来クラブにて学生ボランティアとして活動。日本各地で行われる教育ワークショップにてこれまでに1000人以上の子どもたちと関わる。留学中、ドイツでの地球や動物に優しい暮らしや考え方に衝撃を受け、帰国後は「日本の若者が社会問題に目を向けるきっかけ作り」を自らの活動の柱とすることを決意。現在は「自分らしく働く」を目標に掲げワークショップデザイナーとしてコミュニティ運営や居場所作りを行っている。

Pay it Forward 優しさは連鎖する

【スミレのドイツ留学 回顧録】を読む>>>

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

【ethicaオンラインワークショップ】ドイツの暮らしを参考に地球に優しい暮らしを考えてみよう(中編)
(第7話)「今年もベランダ菜園はじめました」【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます