「第2回全国SDGs未来都市ブランド会議」 大丸有SDGsACT5・三菱地所 井上成
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「第2回全国SDGs未来都市ブランド会議」 大丸有SDGsACT5・三菱地所 井上成

ethicaがメディアパートナーとして参加した「サステナブル・ブランド 国際会議2021横浜(SB 2021 YOKOHAMA)」では多くのセミナー、ディスカッション、ワークショップが繰り広げられ、さまざまな貴重な提言や発表が紹介されました。同時開催イベントとして催された「第2回全国SDGs未来都市ブランド会議」では、持続可能なまちづくりに向けて、企業と自治体の連携事例をもとに活発な議論が展開。今回は、大手町・丸の内・有楽町地区を舞台に、SDGs達成に向けた活動を推進する、三菱地所株式会社の井上成氏のプレゼンテーションをご紹介します。 (記者:エシカちゃん)

ひも解けば武家屋敷の跡地からのスタート

ご紹介いただきました三菱地所の井上でございます。それでは早速始めたいと思います。今ご覧いただいている「大丸有SDGsACT5」のご紹介になります。

その前に、我々が大丸有といっております大手町、丸の内、有楽町地区のまちづくり体制について前段でお話しします。

大丸有というのは東京駅と皇居の間、約120ヘクタールに大規模ビルが100本くらいある地域です。ここは4300の事業所があり、約28万人というワーカーが行き来している場所でございますけど、ひも解けば1890年に武家屋敷の跡地を買ってからまちづくりがスタートしています。

その後、「まちづくり協議会」が1988年にできまして、それを皮切りに今のまちづくりが始まっております。この右側に「大丸有まちづくり懇談会」というのがありますが、まさに今日、千代田区の印出井部長に来ていただいておりますけれども、地元で合意したいろいろな約束事を、今度は行政、あるいはインフラ事業者のJRさんともきっちり共有をして、合意をしてまちづくりを進めているというのがこの大丸有地区の大きな特徴です。一般的にはP.P.P(パブリック・プライベート・パートナーシップス)といいますけど、そうしたまちづくりでございます。

「大丸有環境共生型まちづくり推進協会」を起案・立ち上げ

ハードだけではなくてソフト、特に今回のサステナブル・ブランド国際会議に関係する話としていえば、左側の緑のところ、2007年に「大丸有環境共生型まちづくり推進協会」というものを、実は私が起案し立ち上げたのですが、そこがソフトを中心にそうした活動のエンジンになっています。

120ヘクタールのエリアはビルの集まりというよりは道路、あるいは広場といったものも含めて、町を一体的に使っていくといったところの公的空間をマネジメントしていくところが、例えば右側の赤いところに書いてあるリガーレという「大丸有エリアマネジメント協会」になります。

(左から)ナビゲーター :東海大学 政治経済学部 教授 成川 忠之氏、パネリスト:千代田区役所 環境まちづくり部 計画担当部長 印出井 一美氏、三菱地所 エリアマネジメント企画部 担当部長 井上 成

昨年「大丸有SDGs ACT5実行委員会」を立ち上げ

こういったまちづくりの推進体制を下敷きにしながら、昨年「大丸有SDGs ACT5実行委員会」というものを立ち上げたということになります。三菱地所が実行委員長になりながら、地方にも基盤を置く農林中央金庫、あるいはメディアとして日経グループと一緒になって、5つのテーマ(*)でさまざまなアクション、それを我々はアクトと呼んでいますが、座学や知識のインプットだけにとどまらず、2030年に向けた17のゴールの解決策を少しでも早く見つけるために、各企業が連携してアクションをこなしていくということを念頭に活動をしたということになります。

(*注)5つのテーマ:「ACT1 サステナブル・フード」「ACT2気候変動と資源循環」「ACT3 WELL-BEING」「ACT4ダイバーシティ&インクルージョン」「ACT5コミュニケーション」

このページですが、アウトカムであり、課題でもあります。いろいろな企業がどんどんつながっていって、そういったリソースを各社が持ち寄って、例えばバリューチェーンの川上から川下までが、それぞれの得意分野で協力して解決策を見出していくというような、そのきざしというものを確信できたというのが成果ではあります。

そして、具体的に8000人の人を巻き込んだり、45社のパートナーから協力を得たりとか、そういうことができたわけですけど、我々が持っている課題感はまだまだ足りません。これをもっともっと個人も企業も巻き込んで、その解決策を1秒でも早く見出していくためには、やることがもっとあるんじゃないか、というのが我々が感じた課題ということになります。

東京都が実施するSDGs活動喚起事業「東京ユアコイン」

活動の詳細は、本日は割愛せざるを得ませんけれども、生分解性プラスチックを使ったサーキュレーションの取り組みだとか、社員食堂のフードロスがどのくらいあるのかを調査したりといった、わりと突っ込んだ取り組みもあれば、例えば7日間、24本の映画を昼夜ずっと上映するというSDGs映画祭といった啓発系の柔らかいものなど、さまざまなことをやったわけですが、我々としてはまだまだ巻き込みが足りないなあと思っております。

それを少しでも補うために、今、検討しているのが、去年、東京都の事業として「東京ユアコイン」というのをやりました。オフピーク通勤やテレワークといった時差Bizの推進や、プラスチックごみの削減、そういうことをやるとポイントがついて、いろいろなポイントの使い道、出口を用意して社会実証実験をやったわけですが、これを応用して、よりブラッシュアップして個人の活動の見える化、あるいはポイントをつけることによってインセンティブを作っていくというようなことで、今年もぜひACT5の2年目も頑張りたいと思っているところです。

私からのプレゼンテーションは以上です。

 

三菱地所株式会社の井上成氏のプレセンテーションに続き、ここからは、セッションで行われたディスカッションを紹介していきます。

 

――大手町、丸の内、有楽町という3地区は地域のゾーニングとしてもブランドとしても十分に他の地域と戦える力を持っています。この3つを束ねて、いわゆるアベンジャーズ状態にしてゾーニングしたところに、どういう目的やメリットがあるのでしょうか?

1890年に三菱合資会社が買ったところがベースになっていて、それがまさに大丸有として100年以上にわたって町を作ってきたということで、インフラが揃っているということなので、都市計画的にもおなじような都市計画を打てる場所ということで3つを束ねてスケールメリットを出そうという発想でございます。

 

――開発とSDGsの関係をどのようにお考えですか?

まさに、まちづくりそのものがサステナブルになっていかないと続かないわけですから、トリプルボトムラインといわれている経済、社会、環境にもきちんと目配せをしながらバランスを取ってやっていくというのが、まずは重要だなと開発の目線では思っています。また、運営のクオリティをより高めていかないと、その持続可能性は棄損してしまいますから、SDGsの視点でまちの省エネルギーも含めて、物質の廃棄といったところも含めて、運営をきちっと回していくというのがSDGsにつながるのではないかと考えています。

そして、もう1つ付け加えたいのが、大丸有というところは他の地域、あるいは地方に支えられているということです。モノを消費し作り、ごみを出しているわけですから、それをどう地域に還元していくかというのも大きなテーマだと思っていて、去年のACT5の活動の中でいえば、高速旅客バスの空きトランクを活用して、地方の物産を既存のインフラを使いながら持ってきて、一大消費地としてそれを消費する。そういうことで生産地が潤うということですから、そういった地域との関係性というのも十二分に視野に入れながら、まちづくりを実際に運営していくといった視点を持っていけば、サステナブルと開発というのが整合するのではないかと考えています。

 

――大丸有がこれから先どのように進んでいくのかというところに興味があるのですが、その点はいかがでしょうか?

働き方とかライフスタイルが多様化してきているので、みんなが同じ時間に出勤するというワークスタイル自体が、これからはなくなるだろうなと思っています。そういう意味でいうと、その人それぞれに目的があり、時間があるわけですから、それに対応できる町、機能といったものを提供していきたいと思っています。

 

今回の「サステナブル・ブランド 国際会議2021横浜(SB 2021 YOKOHAMA)」レポート記事は如何でしたでしょうか。

注目すべきセミナー、ディスカッション、ワークショップの様子を引き続きethicaで連載していきますので、お楽しみに!

バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

[連載企画]サステナブル・ブランド国際会議2021横浜

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

(第9話)「娘の新しいおともだち 」【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being
P&Gジャパンがインクルーシブな未来に向けた シンポジウムを開催

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます