(第16話)パーマカルチャー夏のイベントに参加しよう! 【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第16話)パーマカルチャー夏のイベントに参加しよう! 【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」

自然から人へ、人から自然へ循環するサステナブルな暮らしを実践する四井さん。自宅内の農園や庭のあちこちに、草花が咲き乱れる初夏を迎えた八ヶ岳の自然暮らしから学ぶことはたくさんあります。

植物の生命力を全身で享受しに、四井家を訪ねてみませんか?

里山の循環する暮らしが体験できるさまざまなイベントが開催されます。

初夏の八ヶ岳は自然の恵の宝庫

ナスタチューム、カレンデュラにホーリーバジル、キューリやレタス、ブラックベリーなどがあちこちに。庭を歩いているだけで心が癒されそう…。今回は、そんな四井家で、7月17日に開催されるパーマカルチャー講座『四井式暮らしの講座 夏』についてお知らせします。

愛でるだけでなく、植物染めなどを楽しむことができる植物は年々の「絵の具」

種まきをして野菜や花を育て、収穫した花で草木染めをしたり、ハーブを蒸留してスキンケアウォーターを自作したり。四井家の暮らしは、どこを見てもサステナブルな知恵が満載です。

「暮らしは毎日の小さな工夫の積み重ねです。楽しみながら手を動かせば、そこからまたあらたな循環が生まれます」という四井千里さん。

生ゴミを活用した堆肥小屋、コンポストトイレ、そして、自然の仕組みを応用して排水を浄化するシステム、バイオジオフィルターなど、パーマカルチャーに基づいた暮らし方を見ると、日頃、当たり前だと思っていたことが、実は当たり前ではなかったことに気づきます。

自然の営みとともに暮らす四井さんのライフスタイルから、パーマカルチャーの知恵を学べる講習会に、たくさんの人が参加しています。

都会ではあまり目にすることのない麦の穂。畑には、香ばしい麦の香りが漂っています

八ヶ岳の初夏。自家農園には野菜やハーブなどが実り、収穫の時期を迎えています

こだわりチーズたっぷりの「石窯ピザ」を手作りする

6月に行われたイベントでは、畑を歩きながら野菜の収穫を体験したり、採れたての野菜を野外でジャジャッと炒めたり。四井家の庭先にある土間空間ではかまど炊きの実践指導もありました。電気や鍋で炊いたご飯とはまったく別の、かまどご飯の美味しさに驚くはず。

異常気象により、今後ますます自然災害が増えるのではないかと予測されていますが、自分で火を起こしたり、かまど炊きの知恵があれば、いざというときにも外でご飯を炊くことができます。覚えておけば、いつか役に立つ日が来るかもしれません。

ドイツ製の粉挽きで小麦を挽き、ふるいにかける。挽きたてのフレッシュな小麦粉でピザやクレープを焼く

講習会の中では料理好きの長男・木水土(きみと)くんがクレープを手作り。

自宅で飼育している名古屋子コーチンが産んだ卵を使い、風味豊かに焼き上げました。

「小麦粉は、我が家がタネから育てた自家栽培小麦を使用しました」(千里さん)

フェアトレードのコーヒー豆を自宅焙煎した、淹れたてのコーヒーとも好相性。

ただ「おいしい!」だけでなく、四井家がゼロから積み上げてきた、生きる知恵と知識が凝縮された講習会。パーマカルチャーに興味がある人はもちろん、日々の暮らし方を考え直すきっかけになるに違いありません。

かまどとはまた違った使い勝手。石窯でピザを焼き熱々をいただく

循環する暮らしには、未来を変えるヒントがいっぱい。今回のテーマは「火を使う知恵」。火って何?今、都会では熱源のほとんどを電気エネルギーに頼っているので、 “火”についてあまり考えたことがないという人が多いのではないでしょうか。もともと私たちは土間のかまどで煮炊き、薪でお湯を沸かすなど、暮らしの中で「火」を使いながら生きてきた長い歴史があります。今回は、そんな「火」についての興味深いお話も聞けますよ。

「春の講座ではかまどの使い方を学んだので、今回は石窯の使い方を学びます。

数分でピザが焼けてしまう石窯はどんな仕組みになっていると思いますか?まず皆さんで、焚き木の準備をして石窯に火を入れます。そして、我が家で育てた小麦の粒を製粉し、出来た小麦粉でピザ生地を作ります。

あとは畑で収穫した野菜を使ってご自分のピザを作ってみてください。

お店で食べるピザとはまた違った美味しさが体験できるのではないでしょうか」

と千里さんは言います。

市場にはあまり流通しない吉田牧場のチーズを使用したピザは夏の講座の目玉メニュー。濃厚なトロトロチーズを召し上がれ

今回のピザに使うチーズにもこだわりが。

岡山の吉田牧場で作られたチーズを使用します。吉田牧場は、放牧した牛たちのミルクを使って造った「モッツァレラ」や「カチョカバロ」は、その素晴らしい味わいから全国の名だたる料理人を魅了し、今では一般には入手困難と言われていることでも有名です。都内でもごく限られた店舗でしか扱っていないチーズが、八ヶ岳で食べられる!楽しみ倍増ですね。

ランチの後は、四井真治さんが、暮らしの道具の修理について教えてくれます。

「修理には色々な知識や経験が必要です。その道具の素材やどのような仕組みになっているのが観察し、次にどうやって修理していくのかを考えていきます」(四井真治さん)

丁寧な暮らしの基本「修理の仕方」を習う

割れてしまったお気に入りのスプーンの柄

切れ味の悪い包丁など、学校では教えてもらわなかった修理の知恵を知ることで、暮らしはもっと豊かになると四井さんは言います。修理したいものがある人は、持参して直し方を教えてもらってはいかがでましょう。

また、5月に大好評だった「小さなマルシェ」も続行。スズ竹で編んだカゴやザルなど実用的な調理道具をはじめ、手作りのワイルドストロベリージャムやニホンミツバチの蜂蜜も入手可能なのだとか。

人も空気の流れもゆったりとした夏の八ヶ岳で自然と触れ合い、暮らしの知恵を体験してみてはいかがでしょうか。

四井式 暮らしの講座 夏

https://www.facebook.com/events/858889064698600/

イベント主催者: 四井 千里

日程:2021年7月17日

所要時間: 6時間

※7/2現在定員となったため、キャンセル待ち受付中

左から、四井真治さん、畑仕事や料理、家具作りなどにも積極的に取り組む四井家の長男・木水土(きみと)くんと次男・宙(そら)くん、四井千里さん

バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」を読む>>>

四井真治

福岡県北九州市の自然に囲まれた環境の中で育ち、高校の時に地元の自然が都市開発によって破壊されてショックを受けたのをきっかけに環境意識が芽生え、信州大学の農学部森林科学科に進学することを決意。同農学部の大学院卒業後、緑化会社に勤務。長野で農業経営、有機肥料会社勤務後2001年に独立。2015年の愛知万博でオーガニックレストランをデザイン・施工指導。以来さまざまなパーマカルチャーの商業施設や場作りに携わる。日本の伝統を取り入れた暮らしの仕組みを提案するパーマカルチャー・デザイナーとして国内外で活躍中。

Soil Design http://soildesign.jp/

四井千里

2002年より都内の自然食品店に勤務。併設のレストランにてメニュー開発から調理まで運営全般に関わり、自然食のノウハウを学ぶ。2007年より八ヶ岳南麓に移り住み、フラワーアレンジメント・ハーブの蒸溜・保存食作り等のワークショップ講師、及び自然の恩恵や植物を五感で楽しむ暮らしのアイデアを提案。

記者:山田ふみ

多摩美術大学デザイン科卒。ファッションメーカーBIGIグループのプレス、マガジンハウスanan編集部記者を経て独立。ELLE JAPON、マダムフィガロの創刊に携わり、リクルート通販事業部にて新創刊女性誌の副編集長を務める。美容、インテリア、食を中心に女性のライフスタイルの動向を雑誌・新聞、WEBなどで発信。2012年より7年間タイ、シンガポールにて現地情報誌の編集に関わる。2019年帰国後、東京・八ヶ岳を拠点に執筆活動を行う。アート、教育、美容、食と農に関心を持ち、ethica(エシカ)編集部に参加「私によくて、世界にイイ。」情報の編集及びライティングを担当。著書に「ワサナのタイ料理」(文化出版局・共著)あり。趣味は世界のファーマーズマーケットめぐり。

<自然の仕組みがわかるオススメの2冊>

パーマカルチャーや土と自然のつながりがわかりやすく紹介されている『地球のくらしの絵本』シリーズ「自然に学ぶくらしのデザイン」と「土とつながる知恵」(四井真治著 農文協)ともに2,500円/税別

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田ふみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
レスリー・キー×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2022/2/21 】 Fashion
ファッションとSDGsは今後どう結びついていくのか。試行錯誤する企業も多いなか、いま注目を集めているのが、衣類・ファッションをテーマにした体験型展示「未来の試着室」展だ。この展示に合わせて、SDGsの文脈での作品も数多く手掛ける世界的な写真家レスリー・キー氏が参画し、大きな話題を呼んでいる。今回は、レスリー氏にエシカ編...
モデルのNANAMIさんも愛用!サステナブルなヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」が体験できる「ヘアキッチンマルシェ」が登場
INFORMATION 【 2021/12/27 】 Health & Beauty
配合成分からパッケージまで環境に配慮したヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」。今年12月に東京と大阪で「HAIR KITCHEN」を手に取って体験できる特設スペース「ヘアキッチンマルシェ」を開設しました。12月18 日(土)には東京・渋谷でオープニングイベントを行い、「HAIR KITCHEN」を愛用しているモ...
ガンダムリサイクル作戦で落合陽一氏が使用済みのガンプラを使い茶室を製作
INFORMATION 【 2021/11/29 】 Art & Culture
40年以上にわたって多くのファンを魅了してきたガンダム。最近では女性にもファンの裾野を広げ、“ガンダム沼”にはまる人を増やしています。今回、そんなガンダムを通じてリサイクルへの関心を高める活動『ガンダムR(リサイクル)作戦 FINAL 2021』が行われました。オープニングセレモニーでは、メディアアーティストでガンダム...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

P&Gジャパンがインクルーシブな未来に向けた シンポジウムを開催
(第10話)「こぼれた梅シロップ」【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます