【ethica編集長鼎談】みんな電力・高橋智里さん、広報 中村麻季さん(中編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica編集長鼎談】みんな電力・高橋智里さん、広報 中村麻季さん(中編)

パーソナル事業部 個人営業チームの高橋智里さん Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

前編に続き、みんな電力の取り組みについて、パーソナル事業部 個人営業チームの髙橋智里さんと社長室 広報チームの中村麻季さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がお話をうかがいました。

それぞれの企業スタンス、それぞれの立場での意見

大谷: 今のところでいうと、私たちも脱炭素社会についてのいろいろな取材が増えていて、それぞれの企業さんのスタンスをお聞きしているんです。この春くらいから新聞でも数々の記事が盛んに出ていて、それぞれの立場での意見があるんですよ。

CO2の削減は世界的に加速していて、菅総理も2050年に向けて発信して日本国内で脱炭素社会を実現しようとして動いています。その中で再生可能エネルギーと呼ばれる、いわゆる風力や太陽光、地熱とか、あとは、例えばユーグレナさんがそうだと思うんですけど、バイオマス燃料みたいなものが僕の中では再生可能エネルギーという解釈になっています。

今触れた中でいいますと、カーボンオフセットとか、今ならカーボンニュートラルというのは、まさに二酸化炭素なので、二酸化炭素の排出の相殺を含めてゼロにしていきましょうよ、排出した分は、どこかでちゃんと埋め合わせをしましょうよということ、そして、クリーンエネルギーということでいうと、原発というのも二酸化炭素という意味では、出さないという見方もありますし、逆に、それはそれで放射能の問題とか、そっちの方はどうなんだろうということもあって、それぞれの立場で見解が異なっています。そこで、御社のスタンスをぜひ聞かせていただきたいです。

高橋智里さん Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

中村: 「ethica」さんの読者さんだと、最近、再生可能エネルギーのことが気になってはいるけど、どうしたらいいのかよくわからないという方が多いと思うんですけど、そういう方たちにまずお伝えしたいのは、簡単に会社を変えて電力を切り替えることができるよということと、各社の電源構成と呼ばれる、どういう電気を調達しているのかという根幹、その会社の理念が宿るようなものがあるので、ぜひそれをチェックしてみてくださいとお伝えしたいなと思っています。

例えば、今、髙橋が話していましたけど、ここの割合が本当に再生可能エネルギー、太陽光や風力などで発電している電気が、弊社ですと約8割仕入れています。

FIT(フィット)制度は、再生可能エネルギーの導入を進めるために、再生可能エネルギーで発電した電気の買い取り価格を国民が補填するという電気になります。厳密に証書をあてたりとか、そういったルールがあるんですけど、ここが本当にどういう割合になっているのかというのは、気になっている電力会社があれば、ぜひ一度チェックしてみてくださいというのは、私たちが意識して、きちんといっていくべきかなと思っています。

髙橋: お客様から聞く声として多いのは、地球にやさしい電気だと思って選んだのに、知識が増えてきてよくよく調べたら、電源構成の2割しか再生可能エネルギー由来の電気が含まれていないんだけど、非化石証書をあてて実質的な再生可能エネルギーと謳っていた。火力発電を応援したいわけではなかったのに、そこが変わっていなくて残念といった声をよく聞きます。お金の落としどころを再生可能エネルギーの発電所の発展みたいなところにフォーカスしたいのだったら、やっぱり電源はちゃんと確認したほうがいいですよというお勧めはしたいですね。

大谷: オーガニックコスメだと思って買ったら、全然オーガニックじゃなかったなんてこともありますもんね。

髙橋: 確かにそれとよく似ていますね。

中村: そういう意味でいうと、一歩踏み込んで調べてみることを面白がっていただくというのもいいなと思います。

「FIT電気」と「再エネ」に違いはあるの?

大谷: このFIT電気と再エネと分かれているんですけど、それぞれについて、こういうものだよと教えていただくと嬉しいのですが。

髙橋: 発電方法は一緒です。例えば、先ほどお見せした千葉県市原市のソーラーシェアリングも、発電所を作ると最初は国が一定の金額で電気を買ってくれるんですよ。その時期はFIT電気といいます。その国の買い取り期間が終わると再生可能エネルギーと呼ぶという、その違いですね。

大谷: なるほど。そういうことですね。

髙橋: それで、このFIT電気については、CO2ゼロっていってはいけないんですよ。

大谷: それはなぜですか?

髙橋: 国民も買取価格を負担していることにはなるので、その分、非化石証書をあててカーボンオフセットしなくてはいけないという、ちょっとわかりずらいと思うんですけど、そういうルールがあって、FITを卒業して再エネになった時は、晴れて再エネ単体でCO2ゼロといえるんです。この辺は国の制度との絡みがあるんですけど、発電も電気も一緒です。

中村: 国が再エネを普及させたいということで始めた制度に紐づいている発電ということですね。

大谷: 発電所ができてから何年間ぐらいがFIT電気の期間なんですか?

中村: 家庭用が10年で、事業用が20年ですね。FIT制度が始まったのは2012年なので。今、世の中で再エネといっているのはFIT電気がほとんどですね。

今、私たちが仕入れている中では、発電所の数としては太陽光が一番多くて、電気の量としては発電量が大きいので風力ということになりますね。

大谷: それ以外の地熱やバイオマスなど再エネで括られるその他諸々に関しては、どのくらいの割合なんでしょうか?

中村: みんな電力全体の電気の仕入れでいいますと、19年度の実績でFIT6割、再エネが太陽光、風力、水力で2割、地熱は今年の秋くらいから徐々にFIT電気としての買い取りが始まる予定です。

バイオマスの種類

大谷: バイオマスにもいろいろと種類があると思うのですが?

中村: 弊社の場合は群馬県の川場村というところで、その地域には森林という財があるので、それを使って何かできないかというプロジェクトの一環で発電というのがあるんですよ。間伐材を利用してバイオマス発電をするというものですね。

ただ、一概にバイオマス発電といっても、海外から森林破壊をして仕入れたものだと循環という意味では課題があるよねという中で、弊社としては森林を生かして地域に貢献したいと思っています。

ウッドビレジ川場村 木質バイオマス発電施設

ウッドビレジ川場村 木質バイオマス発電施設

髙橋: 弊社は価格で競争したいとは全然思っていなくて、きちんと自分のお金をこうした再生可能エネルギーに支払いたいという方が選んでくださる会社ですね。いかに安く、1円でも安くという売り出し方をしている会社もあるとは思うんですけど、弊社は価格ではなく、電気料金の透明性や契約発電所の魅力などを価値としていきたいと考えています。

大谷: その他の19.6%というのは、どんな電力なんでしょうか?

髙橋: ここに関しては、電気というのはその日によって使用量が変わりますので、予測した量よりも足りない分を市場から仕入れているその分なので、インバランスです。ですから、その分は全てが混ざっているというか、判別ができない電気ということになります。

大谷: ということは、再生可能ではないものも含まれているということですか?

髙橋: ええ、そうです。

中村: 前日に予測値を立てるんですけど、どうしても次の日にどのくらい太陽が照るかによって100%合わすことができずに最後の調整をしている分が、だいたいこれぐらい入ってくるということです。再生可能エネルギーは気象条件に影響されるので、どうしても2割程度はインバランス分が発生してしまうんです。

大谷: 仕入れ件数でいうと、太陽光が一番ということでしたが、個人の方が電気を作る際に一番入りやすいのは、やはり太陽光ですか?

髙橋: ええ、そうですね。

大谷: 風力とかバイオマスを個人で取り組んでいらっしゃる農家の方もいらっしゃるんでしょうか?

中村: 確かに風力ともなりますと設備が大掛かりになりますので、個人では難しいかもしれないですね。個人で意志を持ってやるとなると、やはり太陽光がオーソドックスですね。

大谷: 例えば、ある地域で太陽光の発電がうまくいっているということで、その地域で発電所が次々に建っていったということもあるんですか?

髙橋: それでいくと、先ほど申し上げた千葉は、たぶんメッカだと思います。

中村: 千葉県の匝瑳市なんかだと、ここは耕作放棄地などでいろいろな農家さんがソーラーシェアリングをしていて、見渡すと結構な数のソーラーシェアリングが建っているなという地域がありますね。

匝瑳飯塚Sola Share1号機

全国各地から発電所見学に来くるケースも

大谷: 契約の流れですが、各地の農家さんから、うちも始めてみたいといった感じで、まずは問い合わせが入って、じゃあ、建てるのをお手伝いしましょうとか、そういった流れになっているんでしょうか?

中村: はい、発電事業者様のサポートも行っていますし、気になった方は直接発電所の方に聞きに行くケースもあります。昨日取材した上総鶴舞にも全国各地から見学が来て、20件以上も発電をやる人が増えたというふうにおっしゃっていたので、直接、発電事業者様同士でつながっているみたいです。

あとは、その地域の大学と連携して研究したりもしているので、そういう形で増えているのではないかと思っています。

大谷: なるほど。ここ数年で広がってきたという感触はありますか?

髙橋: 2011年以来、再エネ由来の電源の発電量は年々増えています。再生可能エネルギーの発電所は増えていますね。

(後編に続く)

続きを読む(後編)>>>

 

髙橋智里 みんな電力 事業本部パーソナル事業部 個人営業チーム チームリーダー

秋田県秋田市出身。2019年7月みんな電力入社。個人のお客さま向けのWEBプロモーションを担当。みんでんカレー部・ねこ部に所属

中村麻季 みんな電力 社長室 広報チーム マネージャー

愛知県豊橋市出身。トヨタ系自動車部品メーカーでCSR活動の企画推進、企業広報を経験。2020年に2人目の広報としてみんな電力に入社。主に広報戦略の立案、メディアリレーション・プロモート、クライシス・コミュニケーションを担当。

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業9期目に入り「BRAND STUDIO」事業を牽引、webマガジン『ethica(エシカ)』の運営ノウハウとアセットを軸に、webマガジンの立ち上げや運営支援など、企業の課題解決を図る統合マーケティングサービスを展開。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

日本とニュージーランドの高校生がオンラインイベントで SDGsをテーマにしたビジネスアイデアを英語で発表
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第2章:ベトナムと日常への気づき編(第2節) 「読者」と「ethica編集部」の交流の場(オンラインオフ会)連動企画「あなたにとってウェルビーイングとは何か」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます