(第4話)持続可能な日常生活 【寄稿連載】ビジュアルコミュニケーションから学ぶ ゲッティイメージズジャパン 遠藤由理
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第4話)持続可能な日常生活

Ada daSilva,1340445517

第1回目の記事で、日本の多くの企業やブランドが持続可能性を示すために使用しているビジュアルが、私たち消費者の行動喚起に大きな影響を与えるものとは限らない、というお話をしました。今回は、我々の行動喚起や意識改革につながるビジュアルに関して考えていきたいと思います。 

COP26 (国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)開幕

10月末から11月中旬にかけて、英・グラスゴーでCOP26 (国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が開幕されます。今回の大きな目的は、CO2排出量を削減すること。各国の首脳や政策立案者、気候科学者などの代表者が集まり、大気中の温室効果ガスを一定に保ち、平均気温が危険なレベルまで上昇するのを防ぐための戦略を協定します。

今年8月に公表された「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の報告書で、温暖化の主な原因は人間活動であることが明らかにされ、さらに地球温暖化研究に対する功労が認められ、プリンストン大学上級研究員の真鍋淑郎博士がノーベル物理学賞を受賞しました。地球温暖化を取り巻く状況は厳しく、これまで以上に迅速で明確な対策が必要とされる中、前回のCOP25で「温暖化対策に消極的な国」というイメージを世界に拡散してしまった日本。本会議で、CO2の最大の排出源である石炭火力発電を全廃し、クリーンなエネルギーへの移行を促進する具体案が出せるかに注目が集まります。

RomoloTavani, 473454180 *2016年、日本企業に人気があったビジュアル

では過去1年間、Getty Imagesのサイト上で日本の企業によってどのようなキーワードが検索されてきたのか。「SDGs」という言葉自体の検索も増加していますが、その他に検索数が上がっているキーワードが、「カーボンニュートラル」、「ゴミ捨て」、「脱炭素」、「再生可能エネルギー」、「EV」、「家庭菜園」などです。この1年ほどでより具体的で身近なものになっており、日本の企業からも、サステナブルな社会や脱炭素を示すビジュアルが求められていることがわかります。ただし、過去10年間のトップセラーの推移を見てみると、実際に日本の企業からダウンロードされ、人気があったビジュアルは、「持続可能な投資」「持続可能性とデジタル化」を示すCGIやイラストレーション作品が大半でした。全体的に抽象的な表現を用いているため、人間とのつながりは薄く、何年経ってもビジュアルの「お決まり感」は否めません。 しかし、その根底にあるメッセージは、持続可能な経済、選択肢、コミュニティを示す、スマートシティ、地産地消、代替輸送などの具体例を紹介することへと進化しています。しかしながら、以前にも指摘した通り、このようなビジュアルを見ると、私たちは環境問題を連想はしますが、これらは人間と関係のない、抽象的なものと映し出され、行動喚起にはつながらないと言えます。

Metamorworks, 1284339133 *2021年、日本企業に人気があったビジュアル

持続可能な日常生活

Getty Imagesで行った調査によると、日本の消費者の大多数が、リサイクル、再利用可能なカップやバッグの使用、中古品の購入など、日常生活で持続可能な行動をとっていることがわかりました。また、環境に配慮した努力をしているブランドの製品しか買わないとの回答も多くありました。反対にリサイクルされたはずのものが、結局は廃棄されているのではないか、CO2排出量を減らすために何ができるかわからない、といった回答も多くありました。自分のCO2排出量を気にすることは、今や日本の消費者の日常生活の一部となっており、どうやったら減らせるかを明確に示すビジュアルは行動喚起や意識改革に繋がり、環境負荷を減らしていくことを可能にすると考えます。今こそ、我々消費者は、サステナブルな選択が日常にどのように溶け込んでいるか、ビジュアルを通して理解する必要があるわけです。

では、私たちはどのようにしてビジュアルを見る力を鍛え、環境や社会に配慮した一人ひとりの行動につなげることができるのでしょうか。Getty Images において、自然環境の維持やそれに配慮した行動に関するビジュアルを制作する側、そして利用する側、双方の為に作ったチェックポイントをご紹介します。

Oscar Wong, 1257060179

新しい持続可能な選択肢がビジュアル化されているでしょうか?

日常生活の中で実現できる持続可能なビジュアルを見ることで、意識改革に繋がり、環境負荷を減らす生活が可能になると言えます。

Kilito Chan, 1323643944

身近なストーリーがビジュアル化されているでしょうか?

信憑性そして、そこに映る身近な人の行動は常に消費者の心に響くと言えます。嘘のないポジティブな持続可能な努力が描写されているでしょうか?例えば、家庭菜園や、家のベランダでコンポストを行ったり、古着屋さんで買い物をしたりなど、身近な行動があげられると思います。

Ippei Naoi, 1343042275

インクルーシブなストーリーがビジュアル化されているでしょうか?

様々な人種、年齢、体型、セクシュアリティ、ジェンダーアイデンティティ、宗教、能力、社会経済的グループの人々の生活が反映されているでしょうか?

国や企業だけでなく、我々消費者がどのような行動をとっていくか、今後の10年間は、未来の地球に直結するターニングポイントだとされています。一人ひとりの行動が環境に与える影響を理解して、ライフスタイル全体の持続可能性についての意識改革や、新しい選択肢をビジュアルを通して伝えていきたいと考えます。

寄稿連載「ビジュアルコミュニケーションから学ぶ」全6回にわたってお届けしてまいります。

【連載】を読む>>>

遠藤由理

ゲッティイメージズジャパン株式会社 クリエイティブインサイト マネージャー

10代後半からアメリカ、スペイン、チェコ、韓国で過ごす。映画制作とデジタルメディアデザインに重点を置いたビジュアルメディアの学歴を持ち、国際映画や日本映画のプロモーション、セールス、買収、配給などの仕事に従事。 2016年からはゲッティイメージズ、ならびに、iStockのクリエイティブチームのメンバーとして、世界中のクリエイティブプロフェッショナルによる利用データ分析と外部データや事例を調査し、来るニーズの見識を基にCreative Insights(広告ビジュアルにおける動向調査レポート)を発信。意欲的な写真家、ビデオグラファー、イラストレーターをサポートし、インスピレーションに満ちたイメージ作りを目指している。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第26話)自家製柚子胡椒の楽しみ【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being
真のエシカルとは? 日本初の包括的指標「JEIエシカル基準」策定

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます