注目のエシカルファッションブランド5選 オーガニックライフTOKYOレポートvol.3<エシカルファッション屋上マーケット編>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
注目のエシカルファッションブランド5選

「オーガニックライフTOKYO」は、ヨガライフ、ベジライフ、エシカルライフ、ワインライフの4つの分野が融合した新しいライフイベント。その第1回が、2014年4月25から27日日に3331Arts Chiyodaにて開催されました。

エシカルライフのパートでは、エシカルファッション情報サイトを運営する Ethical Fashion Japan(EFJ)がイベントを開催し、屋上のマーケットではエシカルブランドが様々な商品を販売。「エシカル」がより身近に感じられる工夫が随所に見られました。

今回のレポートでは、出展していたブランドのなかからEthica編集部オススメのものをピックアップして紹介します。

注目のエシカルプランド1: Cil(シル)

今までになかったようなエシカルファッションを作るCil。とんがったイメージのかっこいいラインナップが特徴ですが、イメージとはうらはらに、ユーカリの木から抽出したレクセルという素材を利用し、自然素材にこだわって作っています。その理由は、デザイナーの田川さんの娘さんがアトピーに苦しんでいたから。できるかぎり着る人も作る人も気持ちよいものを作りたいと、素材にこだわっているのです。

このレクセルという素材は光沢がありますが、丈夫なため自宅で洗えるとのこと。またすべての工程が日本国内の職人によって行なわれているのもCilの特徴。職人の、細部まで行き届く手仕事の確かさと心意気を伝えていきたいという、デザインも想いもクールなブランドです。

注目のエシカルプランド2: Phuhiep(フーヒップ)

日本人のデザイナーによるデザインを、ヴェトナムの20歳前後の少女たちが手仕事で仕上げたエシカル・アクセサリーブランドPhuhiep。

ヴェトナムの経済成長は目覚ましいものがありますが、Phuhiepが工房を構えるフエでは女の子が10代になると、人身売買に近い状態でいなくなってしまうことも多いそう。それを阻止するためには地域に仕事を作って雇用を生み出することが必要です。そんな思いから生まれたのがPhuhiep。商品を出荷するときは、買った人が幸せになるように女の子たちと「おまじない」をしているのだとか。様々な祈りの詰まった、アクセサリーブランドです。

注目のエシカルプランド3: Teeborn(ティーボーン)

カラフルで優しい触り心地の布製のバッグが目を引くTeeborn。Teebornの製品は、古びたTシャツを東京都衣類資源回収業者から仕入れ、細く裂いて紐にしたエシカルな素材で作られています。

Teebornがエシカルなのは素材だけではありません。Tシャツを紐にする作業は、障害者作業施設、高齢者デイサービスなどに通っている方々に依頼。製品の形に編む作業はデイサービスに通っている方、主婦の方に依頼するなど、様々な形でのワークシェアを行なって作っているのです。古着を新しい発想で使ったブランドです。

注目のエシカルプランド4: Lee

Leeといえば生誕125周年を迎える老舗ジーンズブランドですが、エシカルなプロジェクトに数多く取り組んでいます。例えば、東日本大震災で津波の被害にあった被災農家を支える「東北コットンプロジェクト」やインドの綿花農家のオーガニック化をサポートする「プレ・オーガニック・コットン」のプロジェクトもその一部。

商品の前面に「エシカル」と大きく打ち出すことはあえてせず、商品タグにそっと「有機栽培綿24%を含む」などと記載しています。「商品のデザイン、素材を良いと思った人がタグを見て「あ、エシカルなんだ」と気づくというくらいがちょうどいい」。そんなLeeの「エシカル」への想いがすてきです。

注目のエシカルプランド5: Liv:ra(リブラ)

ファッションショーでも「かわいい〜」とお客さんから声が上がるほど人気だったのが右下の写真のファッション。ボトムスはLiv:raのオーガニックコットンでできたショートパンツです。

Liv:raの製品は厳しい基準をクリアしたフェアトレードのオーガニックコットン100%生地、または無農薬栽培のヘンプ生地、ビンテージの生地を使用したり、石油系界面活性剤不使用の顔料や京都の新開発の草木染「新万葉染め」で染色したりして製作。商品全体のイメージはカラフルでキッチュでキュート! 下着から小物に至るまで手がけているブランドです。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

FelixSayaka

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

「ショッピングは投票である。楽しくバイコットをしよう!」生駒芳子さんと竹村伊央さんの対談 オーガニックライフTOKYOレポートvol.2<エシカルファッション対談編> 
心も体もしなやかになることが最大の社会貢献。ヨガ・ラバーズが集結。 オーガニックライフTOKYOレポートvol.4 <Veggy Lovers Talk 編>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます