ハイセンス家具ブランドIDÉEも出店!スマイルズによる蚤の市「PASS THE BATON MARKET」が開催
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ハイセンス家具ブランドIDÉEも出店!スマイルズによる蚤の市「PASS THE BATON MARKET」が開催

ついに年末です。大掃除や断捨離で部屋をすっきりさせつつ、ハイセンスでエシカルな家具や雑貨に囲まれながら素敵な新年を迎えたいですね。そこでお勧めなのは株式会社スマイルズが12月11日(土)と12日(日)に東京・品川で開催する、規格外品やデッドストックアイテムを集めた蚤の市「PASS THE BATON MARKET」です。おしゃれ感度の高い人たちを引き付けてやまないインテリアブランドIDÉE(イデー)をはじめ、魅力的な出展者が集う蚤の市をご紹介します。(記者:エシカちゃん)

インテリア家具のポップアップコーナーにはおしゃれアイテムが勢ぞろい

株式会社スマイルズはスープ専門店「Soup Stock Tokyo」やセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」、ネクタイブランド「giraffe(ジラフ)」などの運営を通じて、新しい生活のあり方を提案しています。

そんなスマイルズが手掛ける蚤の市が「PASS THE BATON MARKET」です。企業やブランドの倉庫に眠っていた規格外品やデッドストックアイテムを集めるという一風変わったコンセプトを掲げています。私たちにとってはエシカルな方法でハイセンスなアイテムを手に入れるチャンスですね。

6回目を迎える今回は、12月11日(土)と12日(日)の2日間にコクヨ東京品川オフィス「THE CAMPUS」で開催します。インテリアやファッション、雑貨、フードといった魅惑の53ブランドが集結。三越伊勢丹や生活雑貨を扱う中川政七商店が初めて出展し、Maison MIHARA YASUHIROが天然素材にこだわったシューズを出品、 そしてサステナブルシューズとして注目されるÖffenが初お目見えするなど、おしゃれな生活を望む人にとって嬉しいラインナップが並びます。

注目したいのは、前回好評だったインテリア家具のポップアップコーナー。中でも「生活の探求、美意識のある暮らし」をコンセプトに掲げるIDÉEはヨーロッパアンティークの輸入販売からスタートし、30数年以上にわたって多くのファンを魅了してきた一押しブランドです。2018年には、IDÉEの創始者である黒崎輝男さんが東京・上野にあるライフスタイルホテルのプロデュースを手掛けるなど、新たなカルチャーを次々に発信しています。IDÉEは豊かで楽しいライフスタイルを提案するのが得意で、蚤の市に訪れたらぜひ立ち寄りたいショップの一つですね。

そのほか、初出店の「マルニ木工」が倉庫で眠っていた生地を使用している「HIROSHIMAアームチェア」を販売。無印良品やLayoutといったおしゃれショップによるインテリアも見逃せません。

インテリアや家具は時に修理をしながら、世代を超えて長く使える可能性を秘めています。そんな家具が外箱の凹みや、廃盤となったという理由で世に出回らなくなってしまうのは本当にもったいないですね。日の目を見ないままでいたアイテムに「PASS THE BATON MARKET」が新しい命を吹き込みました。会場で陳列するインテリアの一部は「PASS THE BATON ONLINE SHOP」のサイトでチェックできます。来場する前にお気に入りのアイテムを見つけてみては。

https://online.pass-the-baton.com/store/info/page/PTBM6_Furniture

 

おいしいエシカルフードを提供する『パスザバトンの食料品店』

家具に加えて、ぜひチェックしておきたいのが『パスザバトンの食料品店』。独自の目利き力を生かして、おいしいフードを全国各地から選りすぐっています。「5つのW」に基づいてアイテムをセレクトすることで、世の中の “もったいない”や“困りごと”を解決。豊かなエシカルフードの流通に貢献します。

『パスザバトンの食料品店』の5つのW は以下の通りです。

(1)until WHEN, tasty ─賞味期限は近いけど、まだまだおいしい─

(2)WHAT, standard ─規格外品だけど、おいしさだって規格外─

(3)WHY, wrapped ─包材に傷アリ、中身には自信アリ─

(4)WHERE, delicious ─このまま出会うことができないなんて“もったいない”─

(5)for WHOM, eating ─地球にも自分にも優しく─

【参加企業】旬八青果店、 Felsen Baum、 ICHIBIKO、サニーサイド、福光屋、土佐しらす食堂二万匹、 10% I am、 PRESS BUTTER SAND、 hokka、トンボ飲料、東果堂、 TAKIBI BAKERY、 Arkhē、 Why Juice?、 TEA FACTORY GEN、 MATSUZAKI SHOTEN、チャンピオンカレー、 The days

 

子供から大人まで楽しめる、ものづくりワークショップが目白押し!

「PASS THE BATON MARKET」で嬉しいのは、陳列されたアイテムを眺めるだけではなく、ワークショップでものづくりを楽しめる点です。長崎県の「西海陶器」による器の転写ワークショップや、「giraffe」によるネクタイ生地を使った缶バッチづくり、「コクヨ」によるオリジナルフレームづくりとあらゆる世代が楽しめるコンテンツが目白押しです。

 

PASS THE BATON MARKET Vol.6 出展企業

【ファッション雑貨】 rétela/ e.m. / IDEALITE / 帽子工房イフティアート / giraffe / 土屋鞄製造所 / MARUGO / KATALOKooo / Öffen / アクセサリーミュージアム / hum /ミタケボタン

【アパレル】 MHL. / Maison MIHARA YASUHIRO / URBAN RESEARCH Co.,Ltd. / ALL YOURS / UNITED ARROWS LTD. OUTLET / COOHEM / Yonetomi / SUNSPEL

【キッズ】 PETIT BATEAU / familiar  / A4  / ボーネルンド

【雑貨】 ISETAN Seed/ISETAN Leaf/ 大日本市 by 中川政七商店 / YURI HIMURO / BIRDS’ WORDS / VISION GLASS JP / housen porcelain / OLD-FASHIONED STORE / amabro /西海陶器株式会社 /コクヨ /イイダ傘店

【家具・インテリア】 マルニ木工 / RePLAYCE / Layout / 無印良品/IDÉE

【フード】bob‘s ribs / Fakalò pizza gallery / 土佐しらす食堂二万匹 / 丸八製茶場 / an and an / すすむ屋茶店 / fonz / ZENB / 金沢ヤマト醤油味噌 /  hocus pocus / PICNIC / 旬八青果店 / 北極 / NÜTRL / パスザバトンの食料品店

【フラワー】青山フラワーマーケット

PASS THE BATON MARKET Vol.6  開催概要

日程:12月11日(土)~12日(日) 11:00~19:00(最終日は18:00終了)

会場:コクヨ東京品川オフィス「THE CAMPUS」

住所:東京都港区港南1-8-35

入場料:300円※小学生以下無料

ワークショップの事前予約は以下より。申込者特典として、当日は列に並ぶことなく会場に入れるのが嬉しいですね。

『PASS THE BATON MARKET Vol.6 WORKSHOP -事前申し込みのご案内-』
https://www.pass-the-baton.com/news/14272/

 

倉庫に眠っていた思わぬアイテムとの出会いが豊かでサステナブルな生活をもたらしてくれます。 セレンディピティを求めて「PASS THE BATON MARKET」の会場までお出かけしようと思います。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
INFORMATION 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第31話)育ちの節目を迎えて【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being
エシカルファッションのパイオニア「ステラ マッカートニー」がザ・ビートルズにインスパイアされた独自ブランドのポップアップストアを日本にオープン

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます