「ショッピングは投票である。楽しくバイコットをしよう!」生駒芳子さんと竹村伊央さんの対談 オーガニックライフTOKYOレポートvol.2<エシカルファッション対談編> 
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「ショッピングは投票である。楽しくバイコットをしよう!」生駒芳子さんと竹村伊央さんの対談

「オーガニックライフTOKYO」は、ヨガライフ、ベジライフ、エシカルライフ、ワインライフの4つの分野が融合した新しいライフイベント。その第1回が、2014年4月25日から27日に3331Arts Chiyodaにて開催されました。

エシカルライフTOKYOのパートでは、エシカルファッション情報サイトを運営する Ethical Fashion Japan(EFJ)がイベントを開催し、屋上のマーケットではエシカルブランドが様々な商品を販売。「エシカル」がより身近に感じられる工夫が随所に見られました。

今回のレポートでは、EFJのイベントで行なわれた対談の内容をご紹介。ethicaでもおなじみのファッションジャーナリストの生駒芳子さんと、EFJの竹村伊央さんの対談。竹村さんが生駒さんに、これからのファッションについての質問をしました。

この日の生駒さんのエシカルファッション

「エシカルファッションは、単なるトレンドではなく、日本人がもつ道徳感や自然と共生する感覚を呼び起こすもの」という生駒さん。この日、生駒さんが身につけていたのは「132 5. ISSEY MIYAKE」の再生ポリエステルを使った洋服に、再利用素材のラグジュアリーなバッグ「カルミナ・カンプス」のトマト缶を使ったバッグ。スマートフォンのケースは伝統工芸である蒔絵のついた会津塗のもの。生駒さんは伝統工芸を使ったものをエシカルファッションとして注目していると言います。

生駒さんがエシカルファッションとして伝統工芸に注目するわけ

その理由は、伝統工芸のものは丁寧にオーガニックで作られているから。また、伝統工芸には、日本の美意識やものづくり力がぎゅっと凝縮されています。加えて欧米のラグジュアリーブランドは伝統工芸から生まれているのに、日本には伝統工芸から生まれたブランドがありません。そこで生駒さんは現在、日本の伝統工芸に従事する職人さんの仕事を未来に継承していくための仕事をしているのだそうです。

消費者にできることは「エシカル」を消費の判断基準にしてバイコットをすること

一般の消費者はエシカルファッションにどうやって関わっていけば良いのでしょうか。それに対して生駒さんは、こう教えてくれました。

「お買い物をするときの判断基準に、『トレンドである』とか『人に自慢できる』というのに加えて『エシカルである』というものを加えてみてはどうでしょうか。ショッピングは投票のようなもの。自分がよいと思うものを買って、それが多くの人の支持を集めれば、世界はお買い物によって変えられます。自分も楽しめるけれど、未来にもつながるようなお買い物をするバイコットをすればいいのです」

竹村さんも、「全部エシカルファッションでなくてはダメ」といった閉じた発想ではなく、自由な発想でエシカルファッションを楽しんでほしいと会場に向けて提案し、対談を終えました。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

FelixSayaka

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

ありがとう エシカリスタVol.26 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
注目のエシカルファッションブランド5選 オーガニックライフTOKYOレポートvol.3<エシカルファッション屋上マーケット編>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます