「ショッピングは投票である。楽しくバイコットをしよう!」生駒芳子さんと竹村伊央さんの対談 オーガニックライフTOKYOレポートvol.2<エシカルファッション対談編> 
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「ショッピングは投票である。楽しくバイコットをしよう!」生駒芳子さんと竹村伊央さんの対談

「オーガニックライフTOKYO」は、ヨガライフ、ベジライフ、エシカルライフ、ワインライフの4つの分野が融合した新しいライフイベント。その第1回が、2014年4月25日から27日に3331Arts Chiyodaにて開催されました。

エシカルライフTOKYOのパートでは、エシカルファッション情報サイトを運営する Ethical Fashion Japan(EFJ)がイベントを開催し、屋上のマーケットではエシカルブランドが様々な商品を販売。「エシカル」がより身近に感じられる工夫が随所に見られました。

今回のレポートでは、EFJのイベントで行なわれた対談の内容をご紹介。ethicaでもおなじみのファッションジャーナリストの生駒芳子さんと、EFJの竹村伊央さんの対談。竹村さんが生駒さんに、これからのファッションについての質問をしました。

この日の生駒さんのエシカルファッション

「エシカルファッションは、単なるトレンドではなく、日本人がもつ道徳感や自然と共生する感覚を呼び起こすもの」という生駒さん。この日、生駒さんが身につけていたのは「132 5. ISSEY MIYAKE」の再生ポリエステルを使った洋服に、再利用素材のラグジュアリーなバッグ「カルミナ・カンプス」のトマト缶を使ったバッグ。スマートフォンのケースは伝統工芸である蒔絵のついた会津塗のもの。生駒さんは伝統工芸を使ったものをエシカルファッションとして注目していると言います。

生駒さんがエシカルファッションとして伝統工芸に注目するわけ

その理由は、伝統工芸のものは丁寧にオーガニックで作られているから。また、伝統工芸には、日本の美意識やものづくり力がぎゅっと凝縮されています。加えて欧米のラグジュアリーブランドは伝統工芸から生まれているのに、日本には伝統工芸から生まれたブランドがありません。そこで生駒さんは現在、日本の伝統工芸に従事する職人さんの仕事を未来に継承していくための仕事をしているのだそうです。

消費者にできることは「エシカル」を消費の判断基準にしてバイコットをすること

一般の消費者はエシカルファッションにどうやって関わっていけば良いのでしょうか。それに対して生駒さんは、こう教えてくれました。

「お買い物をするときの判断基準に、『トレンドである』とか『人に自慢できる』というのに加えて『エシカルである』というものを加えてみてはどうでしょうか。ショッピングは投票のようなもの。自分がよいと思うものを買って、それが多くの人の支持を集めれば、世界はお買い物によって変えられます。自分も楽しめるけれど、未来にもつながるようなお買い物をするバイコットをすればいいのです」

竹村さんも、「全部エシカルファッションでなくてはダメ」といった閉じた発想ではなく、自由な発想でエシカルファッションを楽しんでほしいと会場に向けて提案し、対談を終えました。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

FelixSayaka

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

ありがとう エシカリスタVol.26 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
注目のエシカルファッションブランド5選 オーガニックライフTOKYOレポートvol.3<エシカルファッション屋上マーケット編>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます