MARC JACOBSや女優の仲里依紗さんが家族と手掛ける「RE.」のPOPUPSHOPが出店!気鋭のクリエイターやエシカルショップが贈るラフォーレ原宿の「LAFORET CHRISTMAS 2021」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
MARC JACOBSや女優の仲里依紗さんが家族と手掛ける「RE.」のPOPUPSHOPが出店!気鋭のクリエイターやエシカルショップが贈るラフォーレ原宿の「LAFORET CHRISTMAS 2021」

Photo=shinya kako

森ビルの様々な施設が手掛けているクリスマスイベント。今回、フォーカスするのはトレンドの発信地としてたくさんの若者に愛されているラフォーレ原宿の「LAFORET CHRISTMAS 2021」です。MARC JACOBSや女優の仲里依紗さんをはじめ、数多くのクリエイターやインフルエンサーがショップやビジュアルを展開しを盛り上げています。フードやヘルス&ビューティもマストチェックです。今回はラフォーレ原宿の野口瑞貴さんと安藤慶さんのお二人にナビゲートして頂きます!(記者:エシカちゃん)

調香界の巨匠が手掛けるヴィーガンフレグランスブランド

ラフォーレ原宿は12月25日(土)まで、「LAFORET CHRISTMAS 2021」を開催しています。多様性溢れる原宿にふさわしくノンスタンダードやサステナブルをテーマに掲げ、様々なジャンルのクリエイターやインフルエンサーをフィーチャーしています。

エシカル女子としてまずチェックしたいのは、こちらのフレグランスブランド。調香界の巨匠であるジャン=クロード・エレナがプロデュースするヴィーガンフレグランスブランド「LE COUVENTMAISON DE PARFUME(ル クヴォン メゾン ド パルファム)」が12月3日(金)、ラフォーレ原宿にオープンしました。

「LE COUVENTMAISON DE PARFUME 」は100%ヴィーガン仕様で、動物由来原料を使っていません。野口さんは「動物実験を行わないことを保証するThe Vegan Society(ヴィーガン協会)の正式認証を受けた世界でも数少ない香水ブランドで、ラフォーレ原宿の目玉ショップの一つです。コロナ禍でおうち時間が増え、自宅で香りを楽しむ需要が増えている中、オープニングセットや日本限定の『ホリデーコフレ』をクリスマスに合わせてお楽しみ下さい。

「LE COUVENTMAISON DE PARFUME(ル クヴォン メゾン ド パルファム)」

クリスマスコスメも要チェック

ナチュラル&オーガニックコスメ専門店「コスメキッチン」や中国コスメ・タイコスメなど、最新のトレンド海外コスメを取りそろえる「COSME LABO」は現在、クリスマスコスメをラインナップしています。ビューティーショップは外観が可愛らしいお店が多いので、クリスマスシーズンにはぜひ訪れたいですね。

今だけの限定アイテムはコスメ以外にも可愛い商品を多く取り揃えています。。アクセサリーショップ「Liquem(リキュエム)」は、オリジナルイラストブランド「Josie’s RUNWAY」とのコラボで生まれた「Josie’s RUNWAY × Liquem / ハートピアス」(4,400円・以下全て税込)を販売しています。

また定番商品ではありますが、エシカルな切り口で言うとフェムテック専門店「LOVE PIECE CLUB」のムーンパンツも見逃せません。『ナプキンもタンポンもいらない、ショーツを履くだけでOK』というスグレモノです。館内ブランドの皆さんによるスペシャルな商品をぜひチェックしてみて下さい。

MARC JACOBSや仲里依紗さんが家族と手掛ける「RE.」のPOP UP SHOPが出店

今回チェックすべきは館内ショップに加えて、イベント全体に関わっている数多くのクリエイターやインフルエンサーです。1階のエントランススペースでは、デザイナーであるマーク・ジェイコブス本人の名を冠したファッションブランド「MARC JACOBS」が期間限定ショップを12月26日(日)までオープン。新作から過去の人気作までを幅広く取り揃えています。期間中に16,500円以上を買い物すると、ラフォーレ原宿限定デザインのオリジナルマスクチャームをプレゼントしています。

THE GLAM SHOT RHINESTONE(62,700円)

仲里依紗さんが家族と手掛けるアパレルブランド「RE.」も初のPOP UP SHOPを2階のコンテナで展開(12/16~12/19)。

トカゲくん BIG タートルニット(19,580円)

初のポップアップショップを記念して、1階の特設展示ブースでは12月25日まで「RE.museum Produce by Riisa Naka」を開催しています。FRIENDS/MONOGRAM/FASHION 3つのテーマでRE.の世界観を演出したフォトスポットがあり、SNSで楽しめるオリジナルInstagram ARフィルターなど、ここにしかない特別な写真を撮影できます。他にも今季ビジュアルのオフショットや仲家のペットちゃん写真展示など、見どころ盛りだくさんの特設ブースとなっています。

また、「RE.POP UP SHOP」含むラフォーレ原宿対象店舗にてお買い上げの方に仲さんの息子トカゲくんが描くイラストステッカーを先着でプレゼント。SNSで大盛り上がりしています。

リモートワークで生じた廃棄物を活用したクリスマスオブジェ

ショップイベントにおいてクリエイターが輝きを放つのは、ブランドと並んでやはりビジュアル展開。さまざまなカルチャーがジャンルを超えて交わり、互いに多様性を認め合う原宿の様子を「WELCOME NON-STANDARD CHRISTMAS」と表現し、広告や装飾として表現しています。

正面エントランスや館内共用部には、「建築集団SAMPO」をはじめとしたクリエイターによりクリスマスオブジェやディスプレイを設置。産業廃棄物を処理している株式会社モノファクトリーの協力で、装飾にはリモートワークで生じたLANケーブルの端材を使用しています。

安藤さんは「今回のクリスマスは尖ったラフォーレらしさを発揮しながら、環境対策に向き合った作品を打ち出しました。見どころはLANケーブルを施した、これまでにないエッジの利いたツリーです。展示期間が終わった後はケーブルを返却して再利用を予定しています。多様なお客様や表現者を歓迎する意味を込めたメッセージが、結果的にSDGsの推進にもつながっていますね」と説明しています。

Photo=shinya kako

Photo=shinya kako

アートディレクターの近藤ジョージさんが仏アーティストのフランク・ドラを広告に起用

ビジュアルに加えて、広告展開にも力が入っています。全体のプロデュースは国内外のアーティストと企業を繋げて様々なプロジェクトを生み出しているガスアズインターフェイス。

海外でも実績を持つアートディレクターの近藤ジョージ氏を起用し、フランス人アーティストのフランク・ドラをキービジュアルに据え、風変りかつ温かみのある雰囲気をかもし出しています。
安藤さんは「ドラは古本などの価値が失われたものに新しい命を吹き込む芸術活動に取り組んでおり、その意味では今回のテーマにぴったりです。ノンスタンダードでサステナブルなクリスマスを広告からもお楽しみ頂けます」とお話しています。

Photo=shinya kako

Photo=shinya kako

プロデュース:GAS AS INTERFACE CO.,LTD.、アートディレクション:近藤ジョージ、ツリーアーティスト 設計 施工 ブリコラージュ:SAMPO、ツリー フラワーデコレーション:密林東京、ツリーアーティスト:生命の膜 HI-D、施工管理/ペイント:浮遊亭骨牌、ネオン: ifax!、MOCフラワーデコレーション:渡部智佳、メインビジュアル:Franck DORAT、ツリーサウンド:AKIRA ARASAWA

女子受け抜群のクリスマスメニュー

今回のビジュアルテーマはもちろん、館内にもエシカルや環境対策を軸にしたブランドが多いラフォーレ原宿。そこで味わえるクリスマスメニューはエシカルフードを織り交ぜながら、女子受け抜群のフードを用意しています。

チャイニーズスタンド「Chipoon(チプーン)では、トマトと豆乳を合わせたヴィーガンヌードル(イートイン935円・テイクアウト918円)を。

ヴィーガンヌードル(イートイン935円・テイクアウト918円)

原宿最初のクレープ専門店「CAFE CREPE」は人気のバナナチョコクレープに、チョコアイスとフルーツをトッピングした「ノエルクレープ」(980円)を扱っています。ミルクスイーツ専門店「MILK MILK MILK!」の全体をツリーに見立てた「クリスマススムージー」(イートイン748円・テイクアウト734円)はSNS映え確実です。台湾カフェ「NONARA PEARL」のフランス産のチョコレートパウダーを使った「リッチチョコバナナシェイク」(680円)もお勧めですね。

左から「ノエルクレープ」(980円)、「クリスマススムージー」(イートイン748円・テイクアウト734円)、「リッチチョコバナナシェイク」(680円)

野口さん

館内のブランドを一つ取り上げるとしたら「おうち時間が多くなった今、、『LE COUVENTMAISON DE PARFUME』の香水を自分自身やルームフレグランスとしても使用することで、気軽にマインドセットや気分転換でき『私によい』というポイントに繋がってくると思います。。100%ヴィーガンで環境に優しい香水という意味では『世界にイイ。』につながりますね。こちら限らずラフォーレ原宿でお買い物をして頂くことで、『私によくて、世界にイイ。』に近づくアイテムやメニューが多いと思うのでぜひ、ラフォーレ原宿に足を運んでみて下さい。」

安藤さん

「刺激的な環境演出やショッピング体験ができる点が『私によい』ことだと思います。『世界にイイ。』では、エシカルに造詣の深い近藤さんや、日頃の活動を通して環境に配慮した社会のあり方を表現する「SAMPO」さんのようなクリエイターに参画して頂いたことで、循環型社会の実現に関心を持つ方が増え、取り組みの輪が広がってくることを願っています」

「LAFORET CHRISTMAS 2021」開催概要

日程:~ 12月25日(土)

場所:ラフォーレ原宿施設内

URL: https ://www.laforet.ne.jp/special/xmas/

株式会社ラフォーレ原宿 業務推進部 原宿運営室 プロモーション担当 野口瑞貴

上智大学卒業後、商業施設運営会社へ入社。ファッションビルのリーシングや運営に従事。2020年に森ビルへ入社・グループ会社 ラフォーレ原宿へ出向、現職。広報PRを担当。

株式会社ラフォーレ原宿 業務推進部 原宿運営室 プロモーション担当 安藤慶

神奈川大学卒業後、商業施設運営会社へ入社。アウトレット施設の運営や新規商業施設の立ち上げ業務に従事。2018年に森ビルへ入社・グループ会社 ラフォーレ原宿へ出向、現職。全館キャンペーンや出店ブランドとの商品企画を担当。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

表参道ヒルズで、おいしくゴージャスな“サステナブル”クリスマスを!
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第6章:教育の現場から編(第1節)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます