(第33話)娘の発熱に思うこと【連載】かぞくの栞(しおり)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第33話)娘の発熱に思うこと【連載】かぞくの栞(しおり)

心身ともに健康で、社会的にも満たされた状態であることを意味する「well-being」。

一人ひとりがwell-beingであることが、社会や環境をより良くしていくことにつながるのだと思います。

では、「私にとって良い状態」ってどういうものなんだろう?

そのヒントは、意外と何気ない日常の中に散りばめられているのかもしれません。

新しく何かを始めるのも大切だけど、まずは身近な人や自分が「ごきげん」でいることから。

家族と過ごすなかで感じる、そんな一瞬一瞬を切り取って、綴っていけたらと思います。

娘の発熱

あれ、なんかあったかい。

 

あと2分で家をでないと遅刻しそう!という状況で娘が「おなかいたい……」と言い出し、心配になりつつ内心(もうちょっと早く言ってくれたら……)と焦る気持ちを抑えて、便座に腰掛ける娘の背中をさすっていた時のこと。

 

熱がある時の独特のボワッとした温かい空気を娘の肌に感じ、これはもしかして……とリビングの椅子に座り直し、体温計を脇に挟んだら案の定ぐんぐん上がっていく数字。

38.5℃のところでアラーム音がなり、「ごめん、しんどかったね……」。娘の体調の変化に気づく余裕のなかった自分の状態を反省したのでした。

突然の熱は、園でまた流行りだしているらしい冬の風邪か、ここ最近の寒暖差の影響かなぁと思いつつ密かに原因として思い当たることが。

 

11月から12月にかけて夫は仕事の繁忙期、私は仕事の環境の変化があり夫婦ともに気持ちの余裕がなくなって、ちょっとしたことで険悪なムードになったり娘に対しても叱ることが増えたりと、暮らしにじわじわとしわよせが出ていました。

 

娘が熱を出す前の日も、出先の帰り道の車の中で夫と言い合いになったことをきっかけに、色々なことが重なって張り詰めていた気持ちがぷつーんと切れそうになっていた私。

 

振り返ってみれば、娘が熱を出すタイミングというのは何かしら家族のなかで不調和がある時が多く、娘が体に反応を出してその状況を受け止めてくれているのか、娘のケアに気持ちが向けられていないことによるのか、ただ単にうつったものであるのか、確かな原因はわかりませんが、私と夫の心身の状態が娘に大きく影響はしていることは間違いないなぁと感じます。

 

娘の発熱はそんな家族のピンチを察するかのようなタイミングで、このままじゃ無理がある、というメッセージでもあるのかもしれないと思わずにはいられませんでした。

 

一方、娘を看病しながら突然のお休みにどこかホッとしている自分もいて。

熱でまっかな頬をして横になる娘に心の中でそっと謝りつつ、新しい一年を迎える前に、今の家族や自分自身のあり方に立ち止まって目を向けるきっかけをくれたことに感謝したのでした。

娘は3日ほどゆっくり過ごして「はやくほいくえんいきたいー!」とすっかりいつもの調子です。その姿に安心すると同時に、日々家族みんなが健やかに過ごせることのありがたさを改めて噛み締めた年末でした。

 

 

今年の4月からウェルビーイングをテーマにわが家の暮らしの色々を綴らせてもらってきたのですが、当然ながらいつも何時もみんなごきげん、とはいかないのもまた日常です……。

理想を描いて、そうなれない自分自身に落ち込んだり、時には家族を責めてしまったりしたことも少なからずありました。

 

でも、そうやってぶつかったり悩んだりすることで、また一歩「こうあれたらいいな」と思うものに向かっていける手応えもじんわりと感じていて。

ついつい完璧主義に陥りがちな私ですが、時には自分や家族が「こうありたい」姿からかけ離れていたってそれもよし。そんなおおらかさと共に、これからも私たち家族にとってのウェルビーイングを模索していけたらいいなぁと思います。

 

最後になりましたが、2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回の連載は如何でしたでしょうか。バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

【連載】かぞくの栞(しおり)

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ガンダムリサイクル作戦で落合陽一氏が使用済みのガンプラを使い茶室を製作
INFORMATION 【 2021/11/29 】 Art & Culture
40年以上にわたって多くのファンを魅了してきたガンダム。最近では女性にもファンの裾野を広げ、“ガンダム沼”にはまる人を増やしています。今回、そんなガンダムを通じてリサイクルへの関心を高める活動『ガンダムR(リサイクル)作戦 FINAL 2021』が行われました。オープニングセレモニーでは、メディアアーティストでガンダム...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
INFORMATION 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第6章:教育の現場から編(第2節)
~サステナブルブランドであるために、「コミュニケーション」にできることは~ 【事例紹介】 電通 竹嶋理恵/大屋洋子

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます