【ethica Traveler】(第2話)バリ島ウブドのエシカルホテル
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica Traveler】(第2話)バリ島ウブドのエシカルホテル

私たちは、どうして旅に出かけたくなるのでしょう。それは、新たな体験をするためだったり、日ごろの疲れを癒すためだったりするかもしれません。そこにもうひとつ、「誰かの幸せのために」「社会や環境のために」という切り口を加えると、旅がより奥深いものになります。そんな新しい旅のカタチを提案するのが、連載企画「ethica Traveler」。アフターコロナに向けて、どんな旅に出たいかを一緒に考えてみませんか。

(第2話)は、2019年9月にバリ島ウブドにオープンしたエシカルホテル(※)「Mana Earthly Paradise(マナ・アースリー・パラダイス)」をご紹介していきます。(記者:エシカちゃん)

※エシカルホテル……環境と社会に配慮したホテルのこと。一般的に「エコホテル」「エコフレンドリー・ホテル」と呼ばれるものがあり、リサイクルや電力時給、固形廃棄物の削減、節水などが特徴。

エシカルホテルを手掛けた背景

バリ島は、インドネシアに浮かぶ小さな島。東南アジア屈指のリゾート地として知られる場所です。ユネスコ世界文化遺産にも選ばれたライステラス(棚田)をはじめ、海や山などの美しい自然風景が広がります。街なかにはヒンドゥー教の寺院が連なり、ヨガやヒーリングなどホリスティックな暮らしが根付いています。

独特の景色や文化に魅了され世界中から多くの観光客が訪れる一方で、それが地域の環境や暮らしに負荷を与えており、大きな課題となっています。海岸部におけるプラスチックごみの蓄積もそのひとつです。観光客が持ち込んだペットボトルやレジ袋などによるものが多く、現地には大規模なゴミ処理施設やゴミを分別する習慣がないため、問題が深刻化しています。

もうひとつ、水不足も顕著な問題です。観光客が大量の水を使用しているために、現地の人たちが十分な水を得られず、稲作など暮らしに支障をきたしています。これらの問題の根幹には「オーバーツーリズム」との関係も示唆されています。オーバーツーリズムとは、特定の観光地に著しい数の観光客が訪れ、地域の自然環境や景観、暮らしに負の影響をもたらすこと。バリ島だけでなく、人気のある観光地ではよく見られる課題です。

こうした状況を少しでも改善し、地域が良くなるようなシステムを作りたいーー。そんな想いから生まれたのが、Mana Earthly Paradiseです。

地域の環境と社会にやさしい、Mana Earthly Paradiseの魅力

Mana Earthly Paradiseの魅力を一言でいえば、「泊まるだけで社会貢献ができる」ということ。社会貢献と聞くと身構えてしまいそうですが、そんな必要はありません。ここで気持ちよく過ごすことが、地域の環境や暮らしを守ることにつながります。ここでは、「泊まる」「食べる」「使う」という3つの視点から、その特徴をお伝えしましょう。

【泊まる】  地域の環境にやさしいヴィラ「Mana Eco Villas」

建築資材の調達にあたり、森の木を伐採することなく、廃材またはサステナブルな建材として知られる竹を使用。土のうを積み上げる「アースバック工法」という方法で建築を行いました。照明には太陽光発電、水は雨水を利用しています。シャワーやトイレは、節水タイプのものを採用。バリ人が稲作に使う水を確保するため、キッチンや浴室からの排水をろ過しては草花の水やりに使うなど、徹底して水の節約に努めています。シャンプーやせっけんは、環境に配慮したものを使用しています。

食べ残しや生ゴミは敷地内の農園の肥料にし「farm-to-table」を実践。

「farm-to-table」を実践し、 命を無駄にしない循環 を目指している。

【食べる】 命を育む食養生レストラン「Mana Kitchen」

食材は、品種改良されたものではなく、在来種の種からパーマカルチャーで育てたものを使っています。化学調味料は使わずに、麹など日本の発酵調味料を使用して調理しています。メニューのコンセプトは「命を育む」。ヘルシーかつ満足感の高いメニュー内容となっています。食べ残しや生ごみは敷地内にある農園の肥料とするなど、命を大切にする循環にも取り組んでいます。

【使う】 自分も地域も良くするエシカルショップ「Mana Market」

体と自然と社会に良いインドネシア国産の商品を扱うショップです。包装には使い捨てプラスチック製のものを使わず、できるだけ量り売りをしています。現地の母親や障がい者、ストリートチルドレンを支援するNGOが作った商品なども販売。買い物をすることで、地域貢献や社会課題の解決につながる仕組みになっています。

ほかにも、ホテルスタッフを近隣の村から採用し、地域雇用の推進にも努めています。事業で得た利益は、アジア太平洋のチェンジメーカーを支援する活動「IMPACT HERO支援事業費」に活用します。

旅先で新しい体験をして何かを発見することは、自分自身を見つめ、それまでの意識や行動を変えるきっかけになります。Mana Earthly Paradiseで過ごす時間は、まさしく発見に満ちたものになりそうです。アフターコロナの旅先候補として、ぜひ書き留めておいてはいかがでしょうか。

2021年10月、オンラインアカデミー「IMPACT ACADEMY」がスタート!

このホテルを手掛けたのは、日本人が代表を務める一般社団法人Earth Company(共同創設者:濱川明日香・濱川知宏、以下、Earth Company)。Earth Companyのビジョン「次世代に残せる未来を創出すること」を体感できるホテルです。

Earth Companyでは、Mana Earthly Paradise など「バリ島エシカルホテル事業」のほかに、2つの事業を展開しています。そのうちのひとつが、2021年10月から本格始動した、オンラインアカデミー「IMPACT ACADEMY」です。

アカデミーの目的は、SDGsのその先を見据え、犠牲を生まずに発展する「リジェネラティブ」な未来を創るための行動を起こす「人」を育成すること。コースは「企業向け」「学校向け」の2種類に分かれており、教材は世界的に評価されているアジア太平洋地域のチェンジメーカーの人生をもとに作っています。

このアカデミーが生まれた理由のひとつに、SDGsは企業や学校などで広がっているものの、本質的な理解が進んでいないということがあります。本アカデミーでは、SDGsの本質を体感し、世界の課題を自分のこととして捉えることで、あるべき理想の未来に向かって行動を起こすことを目指しています。

Mana Earthly Paradiseの存在を知り、「Earth Companyに関心を持った」「何かできることを始めてみたい」という人は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

アフターコロナに向けて、どんな旅に出たいかを一緒に考えてみませんか。

今回の記事では、「誰かの幸せのために」「社会や環境のために」という旅のカタチとして、Mana Earthly Paradiseの事例を中心に紹介しました。まだ出会っていない場所や風景、そして、まだ知らないその土地の魅力や課題が数多くあったのではないでしょうか。

人生は一度きりで、旅に使える時間も限られています。いろんな場所へ赴き、実際に体験して考えるこで、自分にとっても社会にとっても意義深い人生になるのではと感じています。

アフターコロナに向けて、あなたはどんな旅をしてみたいですか。可能性はたくさんありますが、すべては「知る」ことから始まります。ethica Travelerでは、世界のサステナブルな旅について紹介していきます。世界各地の事例をもとに、自分らしい旅のあり方を一緒に考えていきましょう!

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

ーーBackstage from “ethica”ーー

Earth Companyで支援しているチェンジメーカーのひとりであるSamir Lakhaniへのクラウドファンディングが、2022年4月1日から開始されます。彼の活動内容は、未使用で捨てられる石鹸をリサイクルし、廃棄物削減と女性の雇用を促進しつつ、最貧困層の人たちに届け彼ら命を救うというもの。CNN HEROESにも選ばれたことで世界的な注目を集めています。詳しくは以下のサイトをご覧ください。

▼IMPACT HERO 2022 : Samir Lakhaniについて

https://www.earthcompany.info/ja/blog/impacthero-2022/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
レスリー・キー×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2022/2/21 】 Fashion
ファッションとSDGsは今後どう結びついていくのか。試行錯誤する企業も多いなか、いま注目を集めているのが、衣類・ファッションをテーマにした体験型展示「未来の試着室」展だ。この展示に合わせて、SDGsの文脈での作品も数多く手掛ける世界的な写真家レスリー・キー氏が参画し、大きな話題を呼んでいる。今回は、レスリー氏にエシカ編...
モデルのNANAMIさんも愛用!サステナブルなヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」が体験できる「ヘアキッチンマルシェ」が登場
INFORMATION 【 2021/12/27 】 Health & Beauty
配合成分からパッケージまで環境に配慮したヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」。今年12月に東京と大阪で「HAIR KITCHEN」を手に取って体験できる特設スペース「ヘアキッチンマルシェ」を開設しました。12月18 日(土)には東京・渋谷でオープニングイベントを行い、「HAIR KITCHEN」を愛用しているモ...
ガンダムリサイクル作戦で落合陽一氏が使用済みのガンプラを使い茶室を製作
INFORMATION 【 2021/11/29 】 Art & Culture
40年以上にわたって多くのファンを魅了してきたガンダム。最近では女性にもファンの裾野を広げ、“ガンダム沼”にはまる人を増やしています。今回、そんなガンダムを通じてリサイクルへの関心を高める活動『ガンダムR(リサイクル)作戦 FINAL 2021』が行われました。オープニングセレモニーでは、メディアアーティストでガンダム...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

クールでエシカルなNY発のファッションブランド「3.1 フィリップ リム」
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第8章:挑戦の哲学(第2節)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます