(第19話)デザインと有機栽培の可能性 【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」 山々に囲まれたのどかな八ヶ岳を巡りながら「私によくて、世界にイイ。」ライフスタイルのヒントを再発見
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第19話)デザインと有機栽培の可能性 【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」

山々に囲まれたのどかな八ヶ岳を巡りながら「私によくて、世界にイイ。」ライフスタイルのヒントを再発見していく【連載企画】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」

今回は、(第18話)でご紹介した「ひまわり市場」さんでも生産物を展開している注目のファーマーズ・ブランド「Farm in Hands(ファームインハンズ)」にフォーカス!「デザイン×農」をコンセプトに、食と農の新しい可能性に挑戦しています。ブランドを立ち上げたのは、元ITデザイナーの駒込将之さん。全くの未経験から農家へと転身し、数々の有機野菜と有機野菜を使った加工品を全国に発信しています。農薬・化学肥料を使わない「安心・安全」な野菜づくりを前提とし、“大切な人に贈りたい野菜”を育てる駒込さん。なぜ八ヶ岳へ?なぜ農業を?そこには、意外な出会いと決断がありました。

1冊の本との出会いから有機農業家としての人生がはじまった

千葉県松戸市出身の駒込さんは、35歳まで東京のIT企業にて、デザイナーとしてwebの制作やソーシャルゲームのアプリ開発などに携わっていました。日々忙しさに追われる中、「この仕事って一生やることじゃないかもしれない…」。ふとそう思うようになったと言います。「もっと社会に貢献できる仕事がしたい」と思い、さまざまな書籍を手にとっていたとき、1冊の本を読んだことをきっかけに八ヶ岳に移住を決めました。

「それは、あるNPOの代表の方が書かれた本でした。見捨てられた日本の農地や山林も、視点を変えれば宝の山で、地域の資源を活用するノウハウがまとめられていました。そのNPOでは山梨県北杜市を拠点に、都会の大企業と農村をつなげる『企業ファーム』を運営していたり、そこから生まれた農作物を加工して都会で販売したり、農村の新しい価値を生み出す社会貢献活動などを行なっていたんですね。面白いな、と思って調べてみると有機栽培の協力隊を募集していて、応募したら運良く採用が決まりました。農業の経験はゼロ、山梨県に来たこともなかったのですが、思い切って会社を辞めて妻と一緒にこの地に移住しました」

日本の中でも日照時間が長いことで知られる山梨県北杜市明野町のファームで無農薬、有機栽培による安心・安全・元気な野菜をつくる

農業に関わったこともない、土いじりをしたこともない。最初は自分が生産者になるとは思ってもいなかったという駒込さんは、NPOのスタッフとして活動を始めるうちに農業に興味をもつようになります。

「有機栽培について調べてみると、いろいろな疑問がわいてきました。無農薬栽培って何で難しいんだろうとか、土づくりにしても肥料のやり方にしても、もっと良い方法があるんじゃないかとか。独学で勉強しているうちに農業について知りたいと思って、仕事が休みの日には近くの農家さんのところで作業を手伝わせていただくようになりました」

創造力と課題解決力で、より質の高い農業を目指す

「もっと良い方法があるんじゃないか」。長年IT企業で培ったスキルを活かし、経験値ではなく創造力で農業と向き合うことを決めた駒込さん。知れば知るほど農業にのめり込んでいきました。

「農業ってクリエイティブだな、と思うんですよ。だって、1mmにも満たない小さな種から根っこや芽が出て、食べられる野菜になるわけじゃないですか。自分の手で育ててみると、そこに想像以上の感動があったんですよ。最初に感動したのはジャガイモです。ほんのり甘みがあって、口当たりの良い美味しいジャガイモができました。

僕は常に何かを創り出す側の人間でいたい。ITデザイナーも、何もないところから自分で課題解決策を考えて形にするのが仕事で、それは農業も同じです。農業は実はとても論理的で、うまく育てるためには原因と結果を考えながら生育させる必要があります。勘や感覚だけに頼るのではなく、科学的な検証に基づいて実践すれば、より質の高い野菜をつくることが可能な仕事だということがわかって。僕が農業にハマっていった理由がそこにあります」

たくましく育った紅くるり大根、あやめ雪かぶ、黒大根

家族や子供や友達が安心して食べられるものを

NPOと並行しながら農業を学び、2016年4月に有機農家として就農。国の認定を受け、本格的に生産者としての活動が始まりました。

「正直、農薬や化学肥料をいっさい使わず、有機で野菜をつくるのは本当に大変です。農薬を使わないなんて無理だよ、と言われたこともありました。でも、家族や子供や友達が安心して食べられるものでなければ、自分のブランドをつくる意味がないと思ったんです」

「僕の畑がある北杜市明野町は標高も高いため、10年くらい前までは防虫ネットがなくてもいい野菜がつくれた地域だったのです。最近は温暖化が進み、このあたりの自然環境も大きく変化しています。初年度は上手くできたレタスも、翌年は虫に食われてほぼ全滅。

雨が多く降れば雑草に悩まされ、無農薬で農産物を育てるのは容易ではありません。カビや細菌に起因する病気も増えました。春が短くなって、暑い夏が長くなったように感じます。そのため作型も毎年試行錯誤しています。

経験がなかった頃は、とにかくいろんな情報を集めました。農薬の代わりに石灰を水で溶かして薄めて畑にまいたり、納豆菌を培養してまいたりもします。有機栽培でできることだけを継続してきました」

徹底して有機栽培にこだわり、害虫や雑草と戦いながら鶏糞や堆肥などの有機肥料で土壌を肥やし、苗を育て、丁寧に野菜に手をかけ続けた駒込さん。自分なりにトライ&エラーを繰り返しながら、3年目にはやっと安定して作れるようになったのだとか。

ズッキーニ、フィノッキオ、ズッキーニ、ロマネスクなど、珍しい野菜づくりにも挑戦し、地元の市場や飲食店などからも声がかかるようになりました。Farm in Handsのインスタを見たスーパーの青果担当の方からお問い合わせをいただいたことをきっかけに取引が始まったことも。中には生産が間に合わないほどの人気商品もあるそうです。

旨味も鮮度も持ちも違う!「有機野菜」が元気の源

現在、農業の世界でもっとも普及している慣行栽培(かんこうさいばい)※では、収穫の増産のために化学肥料を投入し、病虫害や除草のために農薬を使用します。日本でも戦後導入されるようになり、効率化・単一化・大量生産が可能になったわけですが、実際に有機野菜と比較すると。

「慣行栽培による野菜は、たとえば人間で言えば毎日サプリメントから栄養を補給しているような感じで、実際に肉や魚や卵といった食べ物から直接栄養を摂っている人とは違いがあるんじゃないかと、僕は考えています。窒素、リン、カリウムといった化学的な肥料を与えると、野菜に負荷がかかるというデータもあるし、何より土の中の微生物が減少して栄養のないやせた土地になってしまいます。結果的に野菜が貧弱になってしまう。実際に有機栽培を行ってみてわかったのですが、僕が作った野菜はまず持ちが全然違うんです。レタスでもピーマンでも冷蔵庫に入れたまま2週間くらい置いてもシャキッとして元気なんですよ。そして何より、野菜本来の旨味が強いと感じます。トマトも大根もにんじんも、ツヤツヤと健康的で味も濃いと感じます」

色も艶もフォルムも美しいロマネスクはレストランや料理研究家など、職のプロの間でも注目の野菜

※慣行栽培(かんこうさいばい)……通常生産過程において農薬や化学肥料を使用する従来型の栽培のこと

新しい有機栽培の可能性「デザイン×農業」

「デザイン×農業」をテーマに掲げるFarm in Handsの野菜たち。ふわっと優しいフリルをまとったプチヴェール、翡翠色の花蕾がフラクタルを描くロマネスコ、ブーケのようなカリフローレetc…。赤もあれば緑も、薄紫もある大根やトマトたちも実にカラフル。最近では、自然が持つ豊かな色彩を活かした野菜のピクルスや、イタリア料理店とのコラボから生まれたトマトのオイル漬け、乾燥させた野菜なども商品にラインナップ!どれも美味しさはお墨付き。見ても楽しく美しく、贈り物にもぴったりのルックスが人気の秘訣です。

紅くるり大根、ロマネスコ、あやめ雪かぶなど、農薬・化学肥料不使用の野菜を使い、種まきから梱包まで丁寧に仕上げたピクルスは、フレッシュな美味しさ

カラフルなドライラディッシュ(切り干し大根)は、鮮やかな色彩と大根の甘さをぎゅっと凝縮!サラダやスープのトッピングにも

洗わずにそのまま食べられる採れたて野菜のサラダパックはキャンプなどのアウトドアにもぴったり

「これからの季節は、その日に採れた新鮮な葉物野菜、ルッコラやラディッシュ、レタスなどをパックに入れたサラダセットがオススメです」

洗浄機で洗い、殺菌効果のある電解水でさらに洗って乾燥させるため、洗わずにそのまま食べられるFarm to Tableスタイルの1品。手間を惜しまず、クリエイティブなセンスを活かした八ヶ岳発・有機野菜の美味しさをぜひ味わってみてください。

 

Farm in Hands公式サイト

https://farminhands.com

https://farminhands.base.shop

https://www.instagram.com/farminhands/

 

さて次回は、八ヶ岳が誇る絶品卵『ROOSTER』の誕生秘話にフォーカス。作っているのは革ジャンとバイクとブルースをこよなく愛する超男前番長・徳光康平さん。大自然と養鶏と音楽に囲まれた元ロックバンド・ベーシストのワイルドすぎる開拓ライフに迫ります。お楽しみに!

バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」を読む>>>

記者:山田ふみ

多摩美術大学デザイン科卒。ファッションメーカーBIGIグループのプレス、マガジンハウスanan編集部記者を経て独立。ELLE JAPON、マダムフィガロの創刊に携わり、リクルート通販事業部にて新創刊女性誌の副編集長を務める。美容、インテリア、食を中心に女性のライフスタイルの動向を雑誌・新聞、WEBなどで発信。2012年より7年間タイ、シンガポールにて現地情報誌の編集に関わる。2019年帰国後、東京・八ヶ岳を拠点に執筆活動を行う。アート、教育、美容、食と農に関心を持ち、ethica(エシカ)編集部に参加「私によくて、世界にイイ。」情報の編集及びライティングを担当。著書に「ワサナのタイ料理」(文化出版局・共著)あり。趣味は世界のファーマーズマーケットめぐり。

ーーBackstage from “ethica”ーー

IT業界で培ったクリエイティブな発想を農業に生かし、知識と実戦で「デザイン×農業」という視点で八ヶ岳のファーマーズシーンに新風を吹き込むFarm in Hands。人は何のために働くのか。その疑問から農業に行きつき、生きるために必須の食料を創り出す仕事を選んだ駒込さん。環境問題、健康問題にも目を向けています。

世の中では今、野菜のビタミンやミネラルの生成メカニズムが解析され、農の世界は安全かつ健康的でより美味しい野菜の収穫が可能な時代へと進化中。経験や勘に縛られず、創造性と手づくりのぬくもりに満ちた次世代の有機農業のこれからに大いに期待したいと思います。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

山田ふみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
レスリー・キー×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2022/2/21 】 Fashion
ファッションとSDGsは今後どう結びついていくのか。試行錯誤する企業も多いなか、いま注目を集めているのが、衣類・ファッションをテーマにした体験型展示「未来の試着室」展だ。この展示に合わせて、SDGsの文脈での作品も数多く手掛ける世界的な写真家レスリー・キー氏が参画し、大きな話題を呼んでいる。今回は、レスリー氏にエシカ編...
モデルのNANAMIさんも愛用!サステナブルなヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」が体験できる「ヘアキッチンマルシェ」が登場
INFORMATION 【 2021/12/27 】 Health & Beauty
配合成分からパッケージまで環境に配慮したヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」。今年12月に東京と大阪で「HAIR KITCHEN」を手に取って体験できる特設スペース「ヘアキッチンマルシェ」を開設しました。12月18 日(土)には東京・渋谷でオープニングイベントを行い、「HAIR KITCHEN」を愛用しているモ...
ガンダムリサイクル作戦で落合陽一氏が使用済みのガンプラを使い茶室を製作
INFORMATION 【 2021/11/29 】 Art & Culture
40年以上にわたって多くのファンを魅了してきたガンダム。最近では女性にもファンの裾野を広げ、“ガンダム沼”にはまる人を増やしています。今回、そんなガンダムを通じてリサイクルへの関心を高める活動『ガンダムR(リサイクル)作戦 FINAL 2021』が行われました。オープニングセレモニーでは、メディアアーティストでガンダム...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第8章:挑戦の哲学(第2節)
フェアトレード専門ブランドのピープルツリーがムーミンとの人気コラボによる 春夏アイテムをリリース

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます