スプツニ子!さんが手掛けるダイバーシティ支援サービスを導入 ポーラが女性従業員の健康問題をサポートして生産性向上を目指す
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
スプツニ子!さんが手掛けるダイバーシティ支援サービスを導入 ポーラが女性従業員の健康問題をサポートして生産性向上を目指す

多様な人材を活かすダイバーシティ経営がスタンダードになりつつある今。株式会社ポーラは従業員の働き方をサポートするために、アーティストのスプツニ子!さんが率いる株式会社Cradle(クレードル)のD&I(ダイバーシティ&インクルージョン)推進支援サービスを今年4月から本格的に導入しました。生理や妊娠、更年期障害といった女性特有の健康問題に寄り添いながら職場全体の活力を引き出し、会社の成長につなげていきます。(記者:エシカちゃん)

不妊治療、生理、更年期障害に関わる悩みを幅広くサポートする

スキンケアブランドやメイクブランド、エステサービスを手掛けるポーラは今年4月より、会社を支える従業員やその家族向けにクレードルのヘルスケアサポートを導入しました。

女性従業員の妊活や生理の悩みをケアするため、凍結卵子の保管費用や不妊治療の個人負担、ピルや生理商品の購入費を一部補助しています。女性の個室トイレには生理用ナプキンを常備し、必要なときに使えるようにしました。更年期に関わるカウンセリングの利用補助は性別問わず活用可能です。

また、D&Iの専門家や専門医によるオンラインセミナーを行い、ダイバーシティの大切さや生理、妊娠、出産といった女性のライフサイクルに伴う適切な知識を学ぶ機会を従業員に提供します。クレードルの提携医療機関で婦人科検診を含む手厚いサポートが受けられることは従業員にとって心強いでしょうね。

女性の健康問題に寄り添うことが経営戦略となる時代に

経済産業省の調査では、女性従業員の5割が生理痛やPMS(月経前症候群)、更年期障害といった女性特有の健康問題で困ったことがあると回答しています。また、厚生労働省の調査では、日本の夫婦の2割弱が不妊治療を受けたことがあり、そのうち治療と仕事の両立ができなかったと答えた人は3割以上を占めています。

従業員が抱えるこれらの課題をサポートすることで、社員の自分らしい生き方やキャリアの実現を手助けしているポーラ。経団連の調査では、企業はD&Iを推進することで優秀な人材の定着・採用やイノベーションの創出、変化への対応力が高い経営の推進につながったと答えています。ダイバーシティの推進は重要な経営戦略という認識が広がっているようです。

ポーラもダイバーシティに配慮した健康経営を加速させることで、従業員がいきいきと働ける環境を整備し、生産性を高める取り組みを進めています。

スプツニ子!

MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボ助教、東京大学大学院特任准教授を経て、現在は東京藝術大学美術学部デザイン科准教授。2019年よりTEDフェロー。第11回「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本特別賞」や「Vogue Woman of the Year」を受賞。2017年より世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダー」に、2019年には日本版ニューズウィーク「世界が尊敬する日本人100」に選出。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

ーーBackstage from “ethica”ーー

クレードルのサービスを通じて、ポーラの従業員をさまざまな形でバックアップしているスプツニ子!さん。以前より女性活躍支援をはじめとしたSDGsへの取り組みに積極的なアーティストです。ethicaでも、女子学生にプログラミング教育を無償で提供するアメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを手掛けたスプツニ子!さんにインタビューをしています。こちらもぜひチェックしてみて下さい。

http://www.ethica.jp/47899/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第8章:挑戦の哲学(第4節)
フランス発のオーガニックスキンケアブランドOn The Wild Sideがヘアケアアイテムをローンチ

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます