水原希子さんも登壇!ミレニアル世代へ向けたマネーセミナーで、みらいのお金の使い方について学んできました【あむんと私 第1話】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
水原希子さんも登壇!ミレニアル世代へ向けたマネーセミナーで、みらいのお金の使い方について学んできました【あむんと私 第1話】

この連載は、エシカ編集部員の「私」が、5歳の娘「あむん」を日々育てていく中で、悩んだり発見したりする様々な経験を、サステナブルやウェルビーイングと関わりながら綴っていく記録になります。

新企画「あむんと私」の記念すべき、第1話は水原希子さんが登壇した「ミレニアル世代女性に送る “じぶんらしく”生きるためのマネーセミナー」の体験をレポートしていきます。

「あむん」が主役で様々なエシカル体験を繰り広げるもう一つの連載企画「あむんが行く!」も合わせてお楽しみください。

将来のことを考えると、どのくらい貯金が必要?

子供が生まれて以来、悩ましいトピックの一つがお金の使い方について。5歳の娘・あむんと一緒にお出かけすると、お菓子やガチャガチャを見つけては「ママ、これかって!」「あれ、やりたい!」は日常茶飯事。大人の財布事情はお構いなしで欲望のままに生きるのが子どもです。

でもそんな小さな出費も続ければ、チリも積もれば山となる…。気をつけないとあっという間に予算オーバーになってしまいます。将来のことを考えると、どのくらい貯金が必要?資産運用ってどうやればいいの?と不安になる方も多いのではないでしょうか。

そんな折に、auじぶん銀行さんが「ミレニアル世代女性に送る“じぶんらしく”生きるためのマネーセミナー」を開催すると聞いて興味がむくむく湧いてきました。しかもオンライン開催とのことで、あむんが一緒にいても大丈夫そう!さっそく隣に仲良く座って、一緒に(?)参加をしてきました。

お昼ご飯とメモを取るノートを用意して、準備万全でセミナーがスタート!

あむんは「おしゃれキャット」マリーちゃんの耳を頭につけたおめかしモードで、なになに?とP C画面を覗き込みます。初めにゲストの水原希子さんが登場!すると、「この子だれ?」「あむん、かみが長いこの子がすき」と希子さんを指差しています(あむんは可愛い女の子やアイドルが大好きなのです)。

希子さんと共に登壇するのはファイナンシャルプランナーの塚越菜々子さん。明るくハキハキと喋る様子がとても頼りになりそうで心強いです。まずはミレニアル世代代表として希子さんに、資産運用やお金について抱いているイメージ、そして普段どのようなことにお金を使っているか、といった身近な話からヒアリングが始まりました。

お昼どきの開催だったのでお弁当を食べながら

お金のことに興味はあるけれど、内容が難しそう

希子さんは資産運用やお金のことに興味はあるけれど、内容が難しそうだし、踏み出そうとしてもなかなか行動に移せない、といった気持ちを語ります。

旅と自然を愛する希子さん

こうした等身大の気持ちにはとても共感が持てます。私自身も、独り身だった時と比べてあむんが生まれてからは、もっとしっかりしないと、と将来やお金のことを真剣に考える時間が増えたものの、何から手をつければいいのか分からなくなって途方に暮れては後回しに…ということがしょっちゅうありました。公に話していないだけで、周りにもそうした漠然とした不安を抱えている人は意外に多いのかもしれません。

ESG投資とは

資産運用や投資の流れから、希子さんも興味があることの一つとして、話がESG投資に移ります。

ESG投資とは環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)といった3つの要素に配慮をした経営を行う企業に投資をすること。単に、できるだけリターンが多くなる利益至上主義の考えで投資先を選ぶのではなく、企業のサステナビリティを評価の基準に持ってくる点が従来の投資基準とは異なります。

希子さんは旅や自然が大好きだから、環境問題の課題解決によりつながるようなポイントを重視したいと言います。

ファイナンシャルプランナーの塚越さんによると、そうした自分ゴトとして考える出発点はとても大切なことなのだそう。

自分の興味があるジャンルだからこそ、もっと深い部分まで知りたい、学びたいといった気持ちが生まれて、アクションに繋がっていくのだと語ります。

私も、あむんが生まれてからは、子供に関わるブランドや、ニュースといったことにより意識が向くようになったので、とても頷ける話です。

お話を聞いていて伝わってきたのは、何事も始めるまでのハードルが高くても、やってみれば難しいことではないということ。自分の好きなブランドやチーム、企業をなんとなく応援する、モノを買う、だけではなくて、その企業やブランドをもっとよく知って積極的にお金を動かす、そうしたアクションを起こすことはもっと簡単なことだと思っていいんだ、ということが分かりました。

第2部スタート!具体的なお金のハナシ

希子さんが退場して第一部は終了し、休憩を挟んで今度は第二部がスタート!

第二部のテーマは、『「じぶんらしいお金の使い方を学ぶ」ファイナンシャルプランナーによる金融セミナー』です。引き続き塚越さんが登壇して、具体的なアクションを取るための様々な手段を紹介します。

資産運用のハウツーテクニックは、少し調べるだけでもたくさんの情報が流れてきますし、手段も投資信託や外貨預金、積み立てNISA、iDeCo、と迷うほどあります。でも、塚越さんがまずお話したことは、目標の設定の大切さでした。具体的に何歳までに、いくらお金を準備する?といった自分にしか分からない自分なりの理想を明確にすることが続けていく上でも大切なのだそうです。

特に興味を持ったのは教育費に関するお話でした。子どもに関わるお金のことで重要なポイントは、教育費がいつどのくらい必要になるのかということは、きっちり決まっているということです。子供の進路と合わせて「いつまでに、いくら」とゴールを設定しておくこと。

資産運用は固定的なものもあれば、変動するものもあります。なので、使いたい時期にきちんと使えるように、お金がどこまで値動きしないか?どのくらい動かして使ってしまっていいのか?そうしたことを把握してコントロールできるようにしておくことが重要なのだと言います。

5歳のあむんは、来年にはもう小学生!まず直近で入用な出費はランドセル等の学校準備から…。進学の時期を考えつつ、お金のことも上手に管理していきたいと思いました。

私らしいお金の使い方を考える

資産運用やマネーセミナーと言うと、どうしてもお堅いイメージや難解そうな印象があり、始まる前は構えていましたが、1時間半のセミナーでそのイメージがガラリと変わりました。それはおそらく、ファイナンシャルプランナーの塚越さんがお金の話ばかりすると言うよりは、個人の生き方や理想を思い描くことの大切さを親身に語りかけてくれていたからだと思います。資産運用はなんのためにやっているのか?その目的と手段を間違えないことが大切であり、なぜなら豊かさとは必ずしもお金があることとイコールではないからだと言います。

まず、自分に立ち返って、私らしいとは何なのだろうか?自分は何にお金を使いたいのだろうか?ということを考える。そうすれば、ただただ節約に走るのではなく、じぶんらしいお金の使い方ができるようになる、ということを最後に教えてもらいました。

子供たちの将来に思いを馳せて

今回のセミナーでは、教育費や子供のための貯蓄に関してはもちろん参考になったけれど、心により響いたのは、よりよい世界へ繋げていくための投資がこれからは主流になるのだということ。

未来は、イコール子ども(あむん)の将来です。隣にあむんがずっといたからか、余計に先のことを見据えて、あむんやあむんのお友だちの未来のためにも、積極的なアクションをとっていこうと思える時間になりました。

あむんにはちょっとむずかしいお話でした…!

新企画「あむんと私」について

この連載は、エシカ編集部員の「私」が、5歳の娘「あむん」を日々育てていく中で、悩んだり発見したりする様々な経験を、サステナブルやウェルビーイングと関わりながら綴っていく記録になります。「あむん」その名前はマヤ文明に由来し、森の神の意味を持つ。性格は明るくておふざけ好きのお調子者。「すみっコぐらし」と「ディズニープリンセス」が大好き。4歳の時からバレエを習っていて歌と踊りが得意。おうちでよくやる遊びは「舞踏会ごっこ」と「お医者さんごっこ」。好きな食べ物はイチゴ。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
レスリー・キー×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2022/2/21 】 Fashion
ファッションとSDGsは今後どう結びついていくのか。試行錯誤する企業も多いなか、いま注目を集めているのが、衣類・ファッションをテーマにした体験型展示「未来の試着室」展だ。この展示に合わせて、SDGsの文脈での作品も数多く手掛ける世界的な写真家レスリー・キー氏が参画し、大きな話題を呼んでいる。今回は、レスリー氏にエシカ編...
モデルのNANAMIさんも愛用!サステナブルなヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」が体験できる「ヘアキッチンマルシェ」が登場
INFORMATION 【 2021/12/27 】 Health & Beauty
配合成分からパッケージまで環境に配慮したヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」。今年12月に東京と大阪で「HAIR KITCHEN」を手に取って体験できる特設スペース「ヘアキッチンマルシェ」を開設しました。12月18 日(土)には東京・渋谷でオープニングイベントを行い、「HAIR KITCHEN」を愛用しているモ...
ガンダムリサイクル作戦で落合陽一氏が使用済みのガンプラを使い茶室を製作
INFORMATION 【 2021/11/29 】 Art & Culture
40年以上にわたって多くのファンを魅了してきたガンダム。最近では女性にもファンの裾野を広げ、“ガンダム沼”にはまる人を増やしています。今回、そんなガンダムを通じてリサイクルへの関心を高める活動『ガンダムR(リサイクル)作戦 FINAL 2021』が行われました。オープニングセレモニーでは、メディアアーティストでガンダム...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第8章:挑戦の哲学(第6節)
ドールの「もったいないフルーツ」プロジェクト~DEAN & DELUCAがドールの規格外アボカドを使ったモーニングメニューを発売

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます