正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選

エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民へリサイクル石けんを届ける「Eco-Soap Bank」のためのクラウドファンディングと、途上国の衛生問題を解決するサラヤの「100万人手洗いプロジェクト」をご紹介します。これらの取り組みに “ニューノーマル”な豊かさへのヒントがありそうです。(記者:エシカちゃん)

Earth Companyがロヒンギャ難民にリサイクル石けんを届けるEco-Soap Bankを支援

皆さんはEarth Companyをご存知でしょうか。グローバル企業で働いていたエリートの道から社会貢献活動に転じた濱川明日香さん、知宏さん夫婦が創設した一般社団法人です。主な取り組みの一つとして、SDGsを推進することで未来を大きく変え得るチェンジメーカーを「IMPACT HERO」として選出しています。

今年は「IMPACT HERO」にEco-Soap Bankを運営しているサミール・ラカーニさんを選び、彼が取り組むロヒンギャ難民にリサイクル石けんを届ける活動をクラウドファンディングでサポートします。

「予防できるはずの病気にかかって亡くなる人を一人でも減らしたい」という思いから2014年にEco-Soap Bankを立ち上げたサミールさん。サミールさんは世界中の工場から未使用のまま捨てられてしまう石けんを回収、経済的困難にある女性をアジアやアフリカの計5カ国の工場で雇用しリサイクルすることで、各国の国際機関やNGOを通じてカンボジアやネパールなどに届けています。

現在、世界中の工場では年間2億5千万個もの石けんが生産過程で廃棄されているそうです。石けんのムダな廃棄をなくし、貧しい女性たちに雇用の場を提供して石けんをリサイクルしながら、「石けんは高過ぎて買えない」と悩んでいる途上国の人たちにそれらを提供する。まさに三方よしの考え方ですね。

今回、サミールさんは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)から依頼を受け、ロヒンギャ難民の支援に取り掛かりました。バングラデシュの難民キャンプでは、92万人ものロヒンギャの人々が厳しい環境での生活を強いられています。手洗い習慣が不十分な中で、下痢や感染症にかかる人が増加。石けんによる手洗いで難民の命や健康を助けるため、Eco-Soap Bankは今回、過去最大規模となるサポートを行います。

難民の命を守るためにクラウドファンディングで石けん製造機を購入する

そのために、Eco-Soap Bankはカンボジアの工場に3台の石けん製造機を新設する予定です。今回は機械の購入費用をクラウドファンディングで募集します。既にEco-Soap Bankの取り組みに賛同したアメリカの企業が寄付を決めており、クラウドファンディングでは購入費(6万ドル)の半額にあたる寄付を集めます。目標支援額は日本円にして360万円で、内訳は機械3台分の金額330万円とコーディネーション費 30万円です。

クラウドファンディングにご興味のある方はオフィシャルサイトをご覧下さい。5月16日(月)までに、仮に1万円を寄付するとアメリカのスポンサー企業がそこに1万円を上乗せし、合計2万円をEco-Soap Bankに送るというキャンペーンを実施しています。自分の善意に海外企業が思いを重ねてくれる。とっても気持ちが温かくなりますね。

Earth Companyは今後3年間、「IMPACT HERO」のサミールをバックアップします。「捨てられるはずの石けんが、命を守るツールに」――。途上国の人たちの健康を助け、廃棄物やそれに伴う処分コストを削減し、女性のエンパワーメントにもつながる活動に今後も注目したいと思います。

43万人の難民にリサイクル石けんを届けたい!

https://www.earthcompany.info/ja/eco-soap-bank_2022/

 

Earth Company 代表理事 濱川明日香さんが日本初の「エシカル白書」に執筆協力

5月17日に刊行される日本初の「エシカル白書」にEarth Company 代表理事 濱川明日香さんが執筆協力しました。「エシカル白書」では、ジャーナリストの国谷裕子さんとの対談や、エシカルを取り巻く国内外の動向を紹介。「エシカルとは何か?」という問いにこの一冊で幅広く答えています。

さらに、Earth Companyでは学校や企業のサーキュラーシフトを行う実践型のプログラム「Operation Green」も提供しています。Earth Companyの活動を通じて、エシカルでサーキュラーな暮らしの広げ方について考えてみましょう。

「エシカル白書」刊行情報

 https://www.yamakawa.co.jp/product/15215

「Operation Green」プログラム

 https://operationgreen.info/

 

ウガンダの衛生問題を解決するサラヤの「100万人の手洗いプロジェクト」

今年で創業70周年を迎えたサラヤ。戦後日本で蔓延した赤痢などの感染症を防ぐため、日本で初めて薬用石けん液を開発し、様々な感染症の予防に貢献してきました。現在も、アルコール手指消毒剤をはじめとする様々な洗浄・消毒剤を開発し、日本のみならず世界の衛生向上に貢献しています。

サラヤはこれまで培ってきたノウハウをもとに2010年、100万人の手洗いプロジェクトをスタート。サラヤはまず日本ユニセフ協会と協議し、20年にも及んだ内戦を経て避難生活から戻ってきた住民の健康のために正しい手洗いの普及が求められているウガンダ共和国を支援対象に選びました。

サラヤは対象商品の売り上げの1%を日本ユニセフ協会に寄付することで、ユニセフのウガンダにおける手洗い促進活動をサポートしています。寄付の年間目標金額は1,000万円以上です。

現地での活動は、ウガンダでの手洗い設備の建設、子どもや母親向けに手洗いをはじめとした衛生習慣の普及・啓発、教材やラジオ放送を使った手洗いキャンペーンなどさまざまです。2020年12月までに、教材や手洗い設備を国内59カ所の保健センターや38カ所の学校、6カ所の公共施設、28カ所の事業所、7カ所の市場に提供しています。

プロジェクトを通じてウガンダの手洗い普及率が飛躍的にアップ!

サラヤはウガンダの国民に適切な衛生習慣を根付かせることで、現地での乳幼児の死亡率低下に成功しています。ある統計では、正しい手洗いでウガンダの乳幼児の2大死因である下痢性疾患と急性肺炎をそれぞれ35〜50%と23%も減らすことができるとか。活動の結果、ウガンダにおける家庭での石けんを使った手洗い普及率は2006年度の14%から2019年度には38%までアップしました。学校でのトイレ後の石けんを使用した手洗い率は、2019年度で58%にまで伸びています。

繰り返される内戦の結果、水をはじめとしたインフラ環境が未整備だったウガンダ。サラヤのプロジェクトを通じて現地の衛生環境や子供たちの健康状態が改善し、現在では「手洗い」を「SARAYA」と言うほど活動が広まりつつあります。私たちもサラヤの商品を購入することで、遠くにいながらウガンダの人たちの命や健康を救うことができる。これも新しい豊かさの一つの形と言えますね。

100万人の手洗いプロジェクト

https://tearai.jp/

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

LINE公式アカウント
https://lin.ee/aXB3GQG

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

この夏はロクシタンのフレグランスを使ったホテル椿山荘東京のスペシャルプランで南仏気分を満喫!
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第9章:人が去るということ(第4節)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます