TBS秋沢淳子さん鼎談(第2話)Intercultural Programsで異文化体験留学
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
TBS秋沢淳子さん鼎談(第2話)Intercultural Programsで異文化体験留学

TBS 秋沢淳子 Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2022横浜」(SB 2022 YOKOHAMA)に基調講演の1人として参加されたTBSの元アナウンサーで現在は総務局CSR推進部で部長を務める秋沢淳子さん。

社業以外でも2000年に国際交流・教育支援・国際協力をテーマにしたNGO団体「スプートニクインターナショナル」を設立しスリランカで積極的に活動するなど多方面で活躍されています。

そんな秋沢さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎、副編集長・萱島礼香がお話をお聞きしました。

高校時代に、ニュージーランドへ留学

大谷: 秋沢さんは今、「ホワイト・キャンバス」の他にも「スタートバーンプロジェクト」と「スプートニクインターナショナル」の2つの活動もされていますね?

秋沢: 「スプートニクインターナショナル」は私が2000年に立ち上げた一般社団法人で、これは「国際教育支援」「国際交流支援」「国際協力」の3つの柱で、この3つに合致するテーマだったら何でもやるという形で活動しています。

萱島: 秋沢さんは高校時代に留学を経験されていましたよね?その時の体験が今の秋沢さんに大きく関わっているとお聞きしました。

秋沢: はい、公益財団法人AFS日本協会というところを通じてニュージーランドに留学しました。

右手にいるのが高校時代の秋沢さん

Intercultural Programsで異文化体験

大谷: ニュージーランドってとてもサステナブルな国ですよね。

秋沢: そうなんです。そして、今考えてみると、留学先がニュージーランドだったこともさることながら、このAFSというのもとってもサステナブルな団体で、語学留学ではなくIntercultural Programsで異文化体験留学を約100年前からやっている団体なんですね。

AFSはもともとアメリカン・フィールド・サービスといって、第1次世界大戦中に戦場で救急車のドライバーをやっていた青年たちの団体だったんです。それが第2次世界大戦を経て、何でこんな大戦争を世界中でやってしまったのかという反省のもと、これはお互いの文化や価値観、宗教を知らないで自分のほうが正しいとか、文化や生活習慣、宗教等の違いを卑下するような感覚が世の中に存在しているから世界中に紛争が絶えないのだということを感じた若者たちが、だったら世界を背負って立つような優秀な高校生を世界中に留学させて、1年間ホストファミリーとともに生活してもらい“違い”を理解し尊重する若者たちを育てようと始めたんですよ。その1年間を経験することで第2の故郷、第2の家族を作っていこうという活動ですね。

手前にいるのが高校時代の秋沢さん

大谷: なるほど。それはいい活動ですよね。異文化で1年間を過ごした高校生は、いちばんの外交をやってくれると思いますよ。

秋沢: そうなんですよ。私はニュージーランドで1年間生活したんですけど、そういう理念のもとで活動している団体の留学なので、当然ニュージーランドにも世界中から高校生が来ていて、たくさんディスカッションするわけです。

例えば、挨拶という1つのカテゴリーをとっても、フランス人はニュージーランド人の挨拶は素っ気なくていやだというし、アメリカ人もニュージーランド人ってシャイだよねっていいます。これに対してタイ人や日本人は、ニュージーランド人は馴れ馴れしくいきなり抱きついてきて気持ちが悪い(笑)とか思っちゃうんですね。

それぞれの生まれ育った文化によって感じ方が全然違うということを、ああ、そういうものなんだなと高校生の時から感じて、その異なる文化の中で自分の文化を代表して生きることの難しさや葛藤を知るというのはとても大事なことなんです。

海外に留学して日本の高校生が絶対にいわれるのは戦争のこと。第2次世界大戦の日本軍は最低だったと突きつけられるわけです。私の祖父は戦争で亡くなっているので、そんなこと言われて悲しい思いになりました。歴史ってそれぞれの国が、それぞれの国の基準で子どもたちに教えたい歴史を作っていると感じることがあります。正しい歴史というのは世の中に存在していなくて、その国にとって正しい歴史だけが存在しているというような。他国がどんな歴史を残しているのか、そこが理解できないと、自分が教わってきた歴史観と違うので、大バッシング、大ブーイングの対象になってしまうこともあります。

私も留学時代通っていたニュージーランドの学校の歴史の授業で「日本の現状はこうだったんです」という話をさせてもらう機会がありました。そうしたら、みんな分かってくれて、「ああ、そうだったんだ」という気づきがあちら側にも生まれてくるんですよね。だから、留学って“する側”も“受け入れる側”も異文化理解に大きなメリットがあると感じています。そして若い時の海外留学は大変だけど、異文化を体験し、違いを理解して尊重することこそが小さな紛争やいざこざの火を消していくものなのだということの大切さが体で理解できるようになるんです。

(第3話に続く)

 

続きを読む(第3話)>>>

 

秋沢淳子

株式会社TBSテレビ/株式会社TBSホールディングス

総務局 CSR推進部 部長、DigiCon6 Asia事務局 海外ディレクター

一般社団法人 Sputnik International
創設理事

公益財団法人 AFS日本協会
理事

ethica副編集長 萱島礼香

法政大学文学部卒。総合不動産会社に新卒入社。「都市と自然との共生」をテーマに屋上や公開空地の緑化をすすめるコミュニティ組織の立ち上げを行う。IT関連企業に転職後はwebディレクターを経験。主なプロジェクトには、Sony Drive、リクルート進学ネットなどがある。その後、研究機関から発足したNPO法人に参加し、街の歴史・見どころを紹介する情報施設の運営を担当した。2018年11月にwebマガジン「ethica」の副編集長に就任。

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年9月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」をグランドオープン。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業10期目に入り「BRAND STUDIO」事業を牽引、webマガジン『ethica(エシカ)』の運営ノウハウとアセットを軸に、webマガジンの立ち上げや運営支援など、企業の課題解決を図る統合マーケティングサービスを展開。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第21話)森の恵みと人の暮らしを結ぶ家具職人【連載】八ヶ岳の「幸せ自然暮らし」 山々に囲まれたのどかな八ヶ岳を巡りながら「私によくて、世界にイイ。」ライフスタイルのヒントを再発見
ウェルビーイングな旅行体験をお届けする「エシカ宿泊プラン」事業をスタート

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます