(第43話)夫の作ってくれたごはん【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第43話)夫の作ってくれたごはん【連載】かぞくの栞(しおり)

心身ともに健康で、社会的にも満たされた状態であることを意味する「well-being」。 一人ひとりがwell-beingであることが、社会や環境をより良くしていくことにつながるのだと 思います。
では、「私にとって良い状態」ってどういうものなんだろう? そのヒントは、意外と何気ない日常の中に散りばめられているのかもしれません。 新しく何かを始めるのも大切だけど、まずは身近な人や自分が「ごきげん」でいることから。 家族と過ごすなかで感じる、そんな一瞬一瞬を切り取って、綴っていけたらと思います。

私だってたまには誰かが作ってくれたごはんを食べたい!

「台所立つの、めっちゃ久しぶりやわ〜」と呟く夫の一言に、振り返ってみれば夫がまともにお料理をするのは、なんと娘の産後数ヶ月以来……!

普段ご飯を炊いたり、洗い物、洗濯干しなどの日常の家事をすることはあるものの、家事全般苦手な(というか、したくないと言う)夫。

基本、私が中心となって家事を担っているのが、わが家のスタイルです。

料理に至っては、私にとっては趣味のような部分もあるので、そのことも夫を台所から遠ざけている一因だとは思いつつ……。

「私だってたまには誰かが作ってくれたごはんを食べたい!」 母の日を口実にさりげなくお願いしてみたところ、しぶしぶ引き受けてくれた夫なのでし た。

娘の姿にちょっぴりジェラシー

そんな夫ですが、趣味の釣りのおかげで、なんと魚はさばけます。

ちょうど前日に、スーパーの特売で買っていた尾頭付きの鯛が冷蔵庫に。

スマホを片手に「うわ、これうまそうやなぁ」「この材料ある?」「調味料、どこに入ってるかわからん!」とかなんとかつぶやきながら、せっせと鯛の塩焼きにマース煮(塩味の煮付け)、サラダ、そしておみそ汁とごはんを作ってくれました。

夫が調理している合間に、私と娘はお風呂に入りおもちゃでひと遊び。

いつもなら「ちょっとまってね」と娘の要求を断ることの多いこの時間帯に、しなくてはいけないことを気にせず娘の相手をできるなんていいなぁ……と、普段と違う過ごし方になんだかそわそわ。

台所のカウンター越しに見え隠れする夫の姿にも、「できたでー」の声で食卓に向かうとごはんが並んでいることにも、いちいち感動する私なのでした。

夫が作ってくれたごはんはとっても美味しくて、このところ「これきらーい」「はっぱのおやさいいらーん」とやや反抗期(?)だった娘も、「めっちゃおいしいなぁ!」とおみそ汁をぐびぐび飲み干し、鯛も全部食べ尽くす勢いでおかわり。

そんな娘の姿にちょっぴりジェラシーも感じつつ、ひっさびさに夫に作ってもらったごはんが、それはもう嬉しくて美味しくて、一口ひとくち幸せを噛みしめた母の日となったのでした。

ただ美味しいだけじゃなくって、こんなにも嬉しくて

料理が好きで、一日中台所に立っていても苦にならない私ですが、娘が生まれてからは次から次へと押し寄せてくる「せねばならないこと」に追われて、時おり「なんで私ばっかりー!」と不満が募ることも。

もちろん、たまには、息抜きも兼ねて家族で外食に行くこともあります。それによって物理的に時間や気持ちの余裕はできますが、あくまで一時的なもの。

根っこの部分をたどると、やってくれないことが不満なのではなくて、私がすることが当たり前になりすぎて全部一人で背負い込んでいるような状態に、なんだか孤独を感じていたの かもしれません。

久しぶりに夫がご飯を作ってくれたごはんを食べながら、自分のために作ってもらうごはんって、ただ美味しいだけじゃなくって、こんなにも嬉しくて心が豊かになるものなんだなぁ、とあらためて感じたのでした。

とまぁ、そんな思いが募ってあまりにも私がニコニコしているものだから、「ごはん作った だけでこんなに喜んでもらえんのか」と夫もまんざらでは(!?)なさそう。

これを機に週に一回、いや月に一度でいいから、料理の楽しさに目覚めてくれないかななん て、期待に胸を膨らます私なのでした。

今回の連載は如何でしたでしょうか。バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

【連載】かぞくの栞(しおり)

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第10章:雨ニモマケズ(第4節)
TBS秋沢淳子さん鼎談(第4話)持続可能な途上国アーティスト支援「ホワイト・キャンバス」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます