読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第10章:雨ニモマケズ(第3節)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第10章:雨ニモマケズ(第3節)

新企画「あなたにとってウェルビーイングとは何か」を担当します永島郁哉と申します。早稲田大学大学院で社会学を研究しながら、休日には古着屋に行ったり小説を書いたりします。

この連載は、ストレス社会に生きる私たちが、ふと立ち止まって「豊かさ」について考えるきっかけとなる、ささいな休憩所のようなものです。皆さんと一緒に、当たり前だと思っていた価値観を一つ一つほどいていく作業が出来たらと思います。

第10章 雨ニモマケズ

第3節 お天気屋のお天気

雨は、ある意味では、誰の上にも等しく降るわけですが、少し視野を広げてみると、世の中には雨の降る地域と降らない地域があることに気付きます。雨の降らない地域に暮らす人々にとって、雨は文字通り「恵みの雨」。今回エピソードを紹介してくれた読者の方は、雨の少ない地域出身だそうで、彼女のストーリーには独特の価値観が垣間見えます。

私の故郷は、雨のあまり降らない地域です。そこで暮らす人々にとって、雨は望んでも手に入らないもので、ひとたび雨が降れば、皆大喜びするのです。私の家族も、友人も、誰だって雨を見て笑顔になります。

そんな環境で、私は一人違っていました。どうしても雨というものが好きになれなかったのです。雨がお天道様からの恵みだとか、貴重な自然の資源だとか、そういうことはわかっています。でも、どういうわけか、空からお水が降ってきて、辺り一面を濡らしてしまうことに、「身勝手さ」みたいなものを感じてしまうのです。だから、雨が降るたび、私は気分が落ち込んでいました。

もし空の上に、天気をつかさどる存在があって、人々の日常を空の上から見守っているとすれば、私はもっと一思いにやってほしい、と思っていました。つまり、わざわざ思いついたように私たちの頭上に雨を降らさなくてもいいんじゃないか、ずっと晴れにしておいてくれと、そう思ったのです。

とある日、久しぶりに雨が降りました。

私はそのとき、居間のソファーで横になって、午後の気持ちいい陽気を楽しんでいました。周りの世界全体がまどろんでいくような感覚がし、温かい日差しの中でウトウトし始めたころ、不意に空が暗くなりました。私はなんだか嫌な予感がしました。悲劇が起こる前触れに黒猫が目の前を横切ったような、そんな感覚がしていたのです。

すると遠くから紙をこすり合わせるような音が聞えてきました。規則正しく、途切れのない、甲高い音です。そのうち、それはこちらに近づいてきました。同時に、周波数が下がり、また音の輪郭がはっきりとしてきます。ふと庭に目を向けると、花々が水滴に揺らされているのが見えました。地面には小さな染みがいくつもありました。「雨だ」と思いました。すると次の瞬間、大粒の雨が一気に降り注ぎ始めたのです。ものすごい音のせいで、私の眠気はすっかり吹き飛びました。

近くにいた母親に目を向けると、彼女は窓に顔を近づけて笑っていました。「久しぶりね」彼女はそう言いました。その声には嬉しさが混じっていました。私は少しだけイライラしながら、「私は雨が嫌い。だって、気分が落ち込むもの」と言いました。すると、彼女はこう言ったのです。

「お空にだって気分があるのよ。あなたが今落ち込んでるみたいにね。だから、何でもあなたの好きなように考えるんじゃなくて、お空にもちょっと休みをあげなくちゃね」

今思えば、彼女は皮肉っぽくそう言ったのかもしれません。でも、そのときは、不思議とその言葉が私を励ましました。そっか、お空も好き勝手に雨を降らせたりするんじゃなくて、私たちと同じように、笑ったり、怒ったり、悲しんだりする中で、それが雨となって私たちを濡らすんだ。そう思ったのです。

それから、私は雨で落ち込むことはなくなりました。それから雨のたくさん降る地域に引っ越したりしましたが、それでも私は決して雨を嫌いになることはありませんでした。私は今でも、雨に関する考え方をまるっきり変えてくれた母に感謝しています。

雨と人の関係。雨と場所の関係。その独特の様相が生き生きと見えてきます。彼女の雨とのコミュニケーションは、どこか私たち自身のウェルビーイングとも関わっているような気がします。すなわち、他者の感情を推し量ること、共感すること、それによって自分自身の感情と上手く付き合うことを可能にするコミュニケーションの形です。

雨と上手く付き合う方法は、空の擬人化なのかもしれません。

今回の連載は如何でしたでしょうか。バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

[読者対話型連載]あなたにとってウェルビーイングとは何か

永島郁哉

1998年生まれ。早稲田大学で社会学を学ぶ傍ら、国際学生交流活動に携わる。2019年に公益財団法人イオン環境財団主催「アジア学生交流環境フォーラム ASEP2019」に参加し、アジア10カ国の学生と環境問題に取り組んだ他、一般社団法人アジア教育交流研究機構(AAEE)では学生スーパーバイザーを務め、ベトナムやネパールでの国際交流プログラム企画・運営を行っている。2019年9月より6か月間ドイツ・ベルリン大学に留学。

——Backstage from “ethica”——

今回の連載は、読者対話型の連載企画となります。

連載の読者と、執筆者の永島さんがオンラインオフ会(ZOOM)で対話をし、次の連載の話題や企画につなげ、さらにその連載を読んだ方が、オンラインオフ会に参加する。という形で、読者との交流の場に育てていければと思います。

ご興味のある方は、ethica編集部の公式Facebookのメッセージから、ご応募ください。

https://www.facebook.com/ethica.jp

抽選の上、次回のオンラインオフ会への参加案内を致します。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

ウェルビーイングな旅行体験をお届けする「エシカ宿泊プラン」事業をスタート
【あむんが行く!第4話】スマイルズが開催する蚤の市「PASS THE BATON MARKET vol.7」体験レポート

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます