繰り返し使える瓶で循環型社会を実現。大塚製薬が「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」を発売!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
繰り返し使える瓶で循環型社会を実現。大塚製薬が「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」を発売!

衛生的で便利なペットボトル。一方で使い捨てプラスチックとして、環境汚染の大きな要因の一つにもなっています。そこで今回大塚製薬が7月12日より発売を開始したのが、「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」です。使用済み瓶は回収して洗浄し、再度製品として発売。私たちは今、使い捨て社会から循環型社会への変化の時代に生きています。(記者:エシカちゃん)

「ミライから来たポカリ」

本製品最大の魅力であるリターナブル瓶。洗って繰り返し使うことによって、プラスチックの大幅な削減につながります。飲み終わった瓶は、循環型ショッピングプラットフォーム「Loop」に返却することで、洗浄工場で綺麗にされ、製造会社で再充填。その後、再度製品として店頭に並ぶ仕組みです。さらに、壊れにくい容器設計にすることで、繰り返し使える容器を実現。まさに、循環型社会の未来から来たポカリスエットと言えます。

また、リターナブル瓶の魅力の一つが、瓶を手に持ったときに直接伝わるひんやり感と、飲み口のやさしい口当たりです。丸みを帯びた独特のフォルムは、手にしっかりと馴染む設計。夏の暑い日に、ポカリスエットの冷たさがひんやりと気持ちよく感じます。さらに、飲み口は厚めに設計されており、口当たりがやさしくソフトな印象に。普段のポカリスエットもより美味しく感じられるとか。

そして、何よりもそのデザイン。どこか懐かしいようで新しいガラス瓶は、若い世代にはレトロ感を楽しめる新しい体験を、一方、昔は瓶で飲んでいた世代には懐かしい感覚をもたらします。また、鮮やかなガラスの青色は夏にピッタリ。ブランドイメージをそのまま表現したボトルデザインで、清涼感を演出しています。発売前には、「容器がかわいい」とSNSで話題になりました。

250mlの飲みきりサイズなのも良いところ。家庭内では冷蔵庫に簡単に収納でき、また、外出先では冷たいまま飲み切れて便利です。

循環型ショッピングプラットフォーム「Loop」とは

実は、瓶によるポカリスエットの発売は、25年ぶり。では、一体なぜ今、瓶入りの飲料を発売するのでしょうか?

その答えが、循環型ショッピングプラットフォーム「Loop」との提携です。Loopはアメリカのテラサイクル社が開発した、循環ショッピングプラットフォーム。使い捨て文化からの脱却を目指し、世界5カ国(米、仏、英、加、日)にて展開されています。

このLoopの存在によって、使用済み瓶を洗浄して製品として再度消費者のもとへ届けるサイクルが可能になっています。

まず、私たちが小売店舗で製品を購入します。このとき、商品価格には瓶のデポジット料金(税込み77円)が含まれています。その後、空になった容器を再度小売店舗にある「Loop専用回収ボックス」へ返却すると、デポジットが返ってきます。一方、返却された瓶は、Loop委託先倉庫へ輸送され、そこで検品と仕分けが行われます。選別された瓶は洗浄工場へと移動し、そこで綺麗に洗浄、消毒されたのち、大塚製薬の工場へ届けられ、ポカリスエットが再充填されるという仕組みです。さらに、リターナブル瓶は耐摩耗性を強化。容器全体には、保護のための特殊加工があるほか、上部と下部にも加工を施し、輸送時の衝撃を鑑賞する設計になっています。

実は牛乳配達の仕組みをヒントに作られたというこのプラットフォーム。もったいない文化が根付く日本において、リユースの価値を提供する新しい消費スタイルになることが期待されています。

「ポカリスエット リターナブル瓶」の仕組みは、このようなLoopとの連携によって成り立っているのです。

例年にない酷暑のこの夏、水分補給は欠かせないもの。ご家庭で、外出先で、ご家族やご友人と一緒に、ガラス瓶入りのポカリスエットを是非試してみてはいかがでしょうか。

【製品概要】

・製品名: ポカリスエット リターナブル瓶 250ml

・発売日: 2022年7月12日

・販売場所: 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・群馬県・茨城県・京都府の「イオン」「イオンスタイル」66店舗

*2022年7月12日現在

・容器: 循環型モデル用に強度や使用シーンを考慮して新たにデザインしたリターナブル瓶(ガラス製)

・容量: 250ml

・ラベル: なし(ロゴ等は直接印刷)

・キャップ: 王冠(栓抜きで開けるタイプ)

・メーカー希望小売価格(税抜):230円/本(デポジット料金70円含む)

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

LINE公式アカウント
https://lin.ee/aXB3GQG

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

大人気セレクトショップ「エストネーション」が2022年AWシーズンよりデニムブランド「Nails(ネイル)」をローンチ!サスティナブルな取り組みに注目
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第11章:「自己」を捉える(第4節)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます