【サステナブル×アパレル】プラザクリエイトとイスラエル企業のコラボによる最新プリント技術が体験できる新施設が渋谷にオープン!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【サステナブル×アパレル】プラザクリエイトとイスラエル企業のコラボによる最新プリント技術が体験できる新施設が渋谷にオープン!

世界第2位の汚染産業と言われるアパレル産業。その最大の問題が大量生産と大量廃棄、ならびに汚水の大量発生です。そんな課題に対し、新たな答えのあり方を示したのが、写真プリントビジネスを30年以上展開してきた株式会社プラザクリエイトと、イスラエルのアパレルプリント企業Kornit Digitalです。両社の提携で今秋オープンする、渋谷神宮前にオープンする新施設「CREATIVE PLAZA HATTO」の魅力とは?(記者:エシカちゃん)

プラザクリエイトとKornit Digital

株式会社プラザクリエイトは、写真屋「パレットプラザ」をはじめとした写真プリント事業を展開する企業。カメラやスマホで撮影した写真を印刷する、いわゆるオンデマンド印刷サービスを長らく提供してきました。そんなプラザクリエイトが今回、アパレル業界へ進出する理由が、自社のオンデマンド型ビジネスで環境負荷の大きいアパレル産業を改革するためでした。

ファストファッションの流行に伴い、安価で低品質の服を大量に生産するようになったアパレル産業。そのせいで、生産過程において大量の水が汚染されたり、大量の衣服を生産することによって資源が大量に消費されたりしています。

プラザクリエイトが目指すのは、生産したものを市場で売るのではなく、需要に基いて生産を行い、商品を消費者に確実に届けるアパレル産業のあり方です。ここで、長年培ってきた、オンデマンドの発想が鍵になるわけですね。

そして今回、プラザクリエイトがパートナーとして選んだのが、イスラエルの企業Kornit Digitalです。Kornit社は、主に繊維の上にプリントを行う、繊維産業用デジタル印刷技術の最先端を行く企業。自社で開発・製造・販売を行い、衣料品業界のデジタルプリント市場をリードしています。

また、Kornit社はグリーン企業としても有名で、高品質かつ小ロット生産ができ、さらには水を使わないサステナブルなプリンターを展開しています。企業目標として、2026年までに11億着の余剰製品の削減、4兆3千億リットルの水の使用量の削減、172億キログラムの温室効果ガス削減を掲げるなど、とても環境に配慮した企業なんです。

「CREATIVE PLAZA HATTO」の魅力

そんな両社がコラボして、今秋実現するのが、プリント工房とカフェが融合した新拠点、「CREATIVE PLAZA HATTO(クリエイティブ プラザ ハット)」です。

その魅力は何と言っても、最新技術を搭載したプリンター、Atlas MAX(アトラスマックス)。Atlas MAXには、Kornit社が独自開発した3D印刷技術が搭載されていて、糸を使わずに、刺繍、ワッペン、ラバーカッティングシート、厚盛のような質感のプリントが出来ちゃうんです。

Atlas MAXでプリントした刺繍風プリント

しかも、印刷スピードは、1時間に130枚。もちろん小ロットでの印刷も可能なので、作業効率が各段に良いのが特徴。60×90cmの大きさまで印刷可能で、セッティングしたらボタンを押すだけという操作性の簡易さも魅力の一つ。

また、インクに有害な化学物質を含んでいないことを証明する「エコパスポート」や、テキスタイルの製造過程で環境的かつ社会的な考慮がなされていることを証明する「GOTS(Global Organic Textile Standard)」の認証を受けているなど、とことん良いとこ尽くし!

Atlas MAX実演の様子

新施設「CREATIVE PLAZA HATTO」では、カフェや展示スペースが用意される他、アパレル関係者がAtlas MAXを使って試作品をつくれる機会も提供。コーヒーを片手に、アパレル業界の新たな未来を想像したり、ポップアップや展示会を行うことができるなど、アパレル業界全体でサステナブルな産業のあり方を語り合うことができる場となっています。

CREATIVE PLAZA HATTOの完成イメージ

ファッションイベント「FASHION THE FUTURE」をレポート!

7月27日には、プラザクリエイトがイベントを開催。Kornit社のCEOも登壇し、ファッションとサステナビリティの未来、そしてデジタル技術のこれからについて発表を行いました。

イベントの第1部では、プラザクリエイトの代表取締役社長、新谷隼人氏がファッション事業に参入する意義、環境問題をKornit社とともに解決していく決意を発表し、その取り組みとして、CREATIVE PLAZA HATTOの紹介が行われました。

プラザクリエイトの代表取締役社長 新谷隼人氏

また、Kornit DigitalのCEO、Ronen Samuel(ロネン サミュエル)氏は、自社のサステナビリティへの取り組みを紹介し、水を使わないAtlas MAXの強みをアピール。現在開発中のテクノロジーも紹介し、ファッション業界における仮想空間と実世界の架け橋になるという目標を共有しました。

Kornit DigitalのCEO Ronen Samuel氏

変わって、第2部では、バーチャルリアリティーの発展に伴うファッション業界の未来、そして、コロナ禍におけるファッション業界のあり方などに関して、ゲストスピーカーからの講演会がありました。中でも共通していたのが、大量生産(マス・プロデュース)から受注生産(オンデマンド)への移行。ファッション業界全体が変革の時を迎えていることが示されました。

講演会の様子

そして、イベントの目玉がファッションショー。Atlas MAXを使用して作成したプリント衣服が発表された他、イスラエルのファッション業界を牽引するコンビ、YANKY & NATAFがコレクションを発表。80年代から90年代、そして未来のデジタル世界からインスピレーションを受けたという作品は、個性的かつサステナブル。Kornit社のデジタルプリント技術を用いた衣服は、これからのファッション業界を象徴しているようです。

ファッションショーの様子

今秋、渋谷神宮前にオープンする「CREATIVE PLAZA HATTO」。東京の、そして世界の、アパレル×サステナブルの新拠点になりそうな予感がします!

【CREATIVE PLAZA HATTOの概要】

施設内容:フェアトレードコーヒーやフードの提供、最新プリンターの体験、ポップアップや展覧会などのイベント開催。

サービスサイト:https://hatto.tokyo

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前二丁目18番19号 the Folks BY IOQ 1階

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

LINE公式アカウント
https://lin.ee/aXB3GQG

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

(第46話)小さな畑をはじめました ー開墾編ー【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being
【あむんが行く!第6話】世界遺産の島、奄美大島の瀬戸内町へあそびにいってきました!(前編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます