サステナブルな魚醤「五島の醤」を使用した夏季限定特別メニュー、アマン東京・イタリアンレストラン「アルヴァ」にて提供開始
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
サステナブルな魚醤「五島の醤」を使用した夏季限定特別メニュー、アマン東京・イタリアンレストラン「アルヴァ」にて提供開始

長崎県に浮かぶ自然豊かな島、五島市。市内には椿の原始林や、綺麗な水質を保った海水浴場など、自然のめぐみを活かしたスポットがたくさんあります。そんな五島市で生まれた魚醤「五島の醤(ひしお)」が、この度、東京・大手町のラグジュアリーホテル、 アマン東京のメインダイニング「アルヴァ」にて、期間限定で提供されることとなりました。五島列島の幸を楽しめる料理を是非試してみては。(記者:エシカちゃん)

アマン東京の大人気イタリアン「アルヴァ」

世界中で高級リゾートホテルを展開するアマンリゾーツ。その世界初の都市型リゾートとして誕生したアマン東京には、世界中から多くの人が訪れます。そんなアマン東京で、世界中の人々の舌をうならせてきたのが、高級イタリアン「アルヴァ」です。

食材そのものの旨味を活かすイタリア料理にインスパイアを受け、厳選された地元食材を用いてシンプルかつ奥深い料理を提供する「アルヴァ」。東京の景色を一望しながら楽しむ料理は、これまで多くの人に愛されてきました。

「アルヴァ」では東京を望むビューが楽しめる

島の醤 米麹を使用した「リゾット ディ ア ゴ フェンネル」

今回、「アルヴァ」で新たに提供されることになったのが、長崎県五島市で開発された魚醤「五島の醤(ひしお)」を使ったスペシャルメニュー「Isole di Goto – 五島の海の恵み」です。

魚醤はもともとイタリア料理ではよく使われる調味料。本場イタリアで17年間を過ごした一流シェフである、「アルヴァ」料理長の平木正和氏が惚れたという「五島の醤」は、魚の旨味が詰まった食材です。

料理長自らが、五島列島を訪問し、現地の生産者を視察したことで実現したこのスペシャルメニューは、ランチとディナーのコースとアラカルトメニューとして8月18日(木)~9月5日(月)まで提供されます。

「アルヴァ」料理長 平木正和氏

「五島の醤」を使用したスペシャルメニュー概要

「Isole di Goto – 五島の海の恵み」

・五島の醤 醤油麹を使用した「五島手延べスパゲッティ 烏賊 五島の醤 自家製ボラのボッタルガ」

・五島の醤 米麹を使用した「リゾット ディ ア ゴ フェンネル」

※ランチコース、ディナーコース、アラカルトメニューにてご提供。要ご予約。

【期間】 2022年8月18日(木)~9月5日(月) ※定休日 火曜日、水曜日

【料金】 ランチ・ディナーコース お1人様 27,000円、アラカルト 4,000円~(税・サービス料込み)

【場所】 アマン東京 イタリアンレストラン「アルヴァ」(ホテル33階)
https://www.aman.com/ja-jp/hotels/aman-tokyo/dining/arva

五島の恵み、魚醤「五島の醤」

魚醤「五島の醤」の魅力は、その凝縮された魚の旨味と、癖のないさわやかな味わい。もちろん、食材は五島列島で獲れた旬な魚たち。加えて、発酵に用いられるのは、五島列島の特産物である椿から取れた「五島つばき酵母」です。この酵母と麹を合わせることで、癖のない味わいを実現しています。

五島列島の漁業を視察する「アルヴァ」平木正和料理長

「五島の醤」の魅力はこれだけではありません。「アルヴァ」料理長の平木正和氏が惹かれたのは、製造過程における海を守るサステナブルな取り組みでした。

「五島の醤」には、五島を代表するアゴ(トビウオ)や鯛といった魚が用いられていますが、他にも、アイゴやイスズミといった聞き慣れない魚も使用されています。実はアイゴやイスズミ、藻場の海藻を食べることで海の砂漠化(磯焼け)を引き起こす魚たちなんです。なおかつ、手間がかかったり、知名度が低いなどの理由から、価値がないとされる「未利用魚」なので、食材として活かすこともなかなか難しい魚でした。

左から、「五島の醤」を共同開発した五島の椿株式会社の谷川富隆社長、「アルヴァ」の平木正和料理長、金沢鮮魚の金澤竜司社長

「五島の醤」の生産元である「五島の椿株式会社」はこれに目をつけ、地元の鮮魚店「金沢鮮魚」と連携。そうして生まれたのが、未利用魚を活用した地球に優しい魚醤「五島の醤」です。

2020年には、第58回長崎県水産加工振興祭水産製品品評会にて水産庁長官賞を受賞しました。

「五島の椿・五島の醤-醤油麹-」(左)、「五島の椿・五島の醤-米麹-」(右)

「五島の醤」商品概要

商品名:「五島の椿・五島の醤-醤油麹-」 / 「五島の椿・五島の醤-米麹-」

価格:各 850円(税込 918円)

容量:150ml

製造:金沢鮮魚

販売:五島の椿株式会社

オンラインショップ: https://shop.gotonotsubaki.co.jp/collections/goto-hishio

アマン東京の高級イタリアン「アルヴァ」料理長が惚れ込んだ魚醬「五島の醤」。この特別な魚醤を使用した夏限定スペシャルメニュー「Isole di Goto-五島の海の恵み」、気になる方は是非試してみて。

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

LINE公式アカウント
https://lin.ee/aXB3GQG

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第12章:アリストテレスとわたし(第1節)
廃棄予定の古本を再生した「本だったノート」、広島 蔦屋書店で独占先行販売開始!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます