【連載】季節のプラントベースレシピ プロローグ
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【連載】季節のプラントベースレシピ プロローグ

このたび、プラントベース料理のレシピの連載を始めることになりました。

キコと申します。

以前より、ehicaで”家族とウェルビーイング”をテーマに、夫と4歳の娘との暮らしを綴った「かぞくの栞(しおり)」という連載をしていますが、そのなかで、日々の食事がウェルビーイングととても深いつながりがあることを感じました。

体にも環境にも優しい、季節のプラントベースレシピ

少し私自身の話をすると、私が食に関心を持つきっかけとなったのは、幼少期からの悩みであったアトピー体質の改善でした。

治す方法をいろいろと調べるなかで「食べたもので体はできている」という言葉と出会います。マクロビオティックやグルテンフリーなど、調理法や日々口にするものをより自然なもの、体への負担が少ないものへとシフトしていったことで症状が少しずつ改善し、食の大切さを実感しました。

一方で、その当時は食生活に対してかなりストイックに気を使っていて、自分が「正しい」と思うものと異なる考え方を否定的に捉えてしまったり、反動でジャンクフードを食べては罪悪感を感じたり……と「何を食べるべきか」に振り回されて、しんどくなっていた時期もありました。

そんな経験から、美味しいのはもちろん、家族、そして自分が心身ともに健やかに過ごすための支えとなり、無理なく続けられる食のカタチを模索するようになりました。

そのひとつが、今回ご紹介するプラントベースの食事法です。

プラントベースとは、文字通り、植物由来の食べ物を中心とした食生活のことを表します。

植物性食品は、生活習慣病の発症リスク低下など健康上のメリットに加え、動物性食品よりも生産過程での環境負荷が小さいと言われており、環境保護にもつながる食のスタイルとして世界的に注目されています。

動物性の食品を摂取しないという点では、ヴィーガンやベジタリアンとも共通していますが、大きく違うのは、これらは宗教や倫理といった観点から菜食主義の食生活を厳密に守ることを基本としているのに対し、プラントベースでは、健康や環境などを考慮して菜食を基本としつつも、必要に応じて動物性食品を摂取してもよいとされていることです。

食生活を見直してみたいと考える方にとって、個々人の嗜好や状況に合わせて無理なく取り入れることができるプラントベースのゆるやかな考え方は、日々の食事を楽しみながら、自分らしい生き方を支えてくれるものだと感じています。

プラントベースと聞くと、なんだか真新しいものに思えるかもしれませんが、実は日本では、精進料理をはじめ、古くから根付いているものでもあります。

穀物、豆類、野菜、海藻など旬の素材を中心にして、発酵食品や乾物など保存食の知恵と技術を生かしながら、無駄なく美味しく食材を活用する和食の文化を日々の食卓に取り入れていくことは、暮らしのなかでできるエシカルな選択の第一歩だと感じます。

ご紹介するレシピは、主に野菜、雑穀、乾物、豆類、発酵調味料を使ったもの、おやつは米粉、甘酒をメインに使った、体に優しく、シンプルで簡単に作れるものです。

プラントベースというと、ひと手間かかって面倒そうだったり、なんだか物足りないような印象を受けたりするかもしれませんが、ちょっとした一工夫で、大人も子どもも満足できる美味しい料理になります。普段の食卓はもちろん、体調を整えたいときにもおすすめです。

どんなに「良い」とされることでも、環境のため、健康のためと、我慢や無理をしているのでは、決して長続きしません。

時には理想通りでなくたっていい。家族や自分の体感を大切に、無理のないペースで取り入れつつ、ゆるやかに向き合っていくことが、楽しく続けられるポイントかなと思います。

ちなみに、現在のわが家のお肉との付き合いは週に3〜4回ほど。完全にプラントベースにシフトしているわけではありません。

外食や友人との食事では何でも食べますし、お肉が好きな家族の嗜好も踏まえて、今は無理なくできるこのバランスに落ち着いています。ただ、お肉に限らずですが、買うなら出来る限り生産背景にも目を向けることは大切にしています。

生きることの根っこであり、こころとからだの健康、美容、地域社会、自然環境、あらゆる物事とのつながりをもつ「食」。

これから、娘も大きくなるにつれていろいろなものと出会い、今はまだ口にしていないファーストフードやジャンクなものに魅力を感じるときが来るかもしれないけれど(私や夫もそうであったように)、心身の健康の支えとなり、いつでも帰ってこられる「基本」となるような食事を作ることができたらいいなと思っています。

それでは、前置きが大変長くなりましたが、次回より娘のお気に入りのごはんとおやつ、そしていわゆるガッツリ系が好きな夫も「美味しいやん」と認めた(!?)わが家定番のプラントベースレシピをご紹介したいと思います。

今回の連載は如何でしたでしょうか。バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

【連載】かぞくの栞(しおり)

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

LINE公式アカウント
https://lin.ee/aXB3GQG

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第12章:アリストテレスとわたし(第2節)
ビューティーブランド「クロノシャルム」がエストネーション六本木ヒルズ店でポップアップを開催!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます