ワインに合う「手みやげ」として雑誌BRUTUSで紹介されたドレミファームのピクルスなどべジフードが集結! オーガニックライフTOKYOレポートvol.5 <べジライフTOKYO出展ブース編>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ワインに合う「手みやげ」として雑誌BRUTUSで紹介されたドレミファームのピクルスなどべジフードが集結!

「オーガニックライフTOKYO」は、ヨガライフ、ベジライフ、エシカルライフ、ワインライフの4つの分野が融合した新しいライフイベント。その第1回が、2014年4月25日から3日間、東京都千代田区にある3331 Arts Chiyodaで開催されました。 今回のレポートでは、べジライフTOKYO出展ブースの様子をピックアップしてご紹介します。

生姜の醤油漬け、ニンニクの醤油漬け

コリアンダーペースト、椎茸ペースト、塩こうじ

真のマーケッターが創る色とりどりのピクルス

色とりどりのピクルスやジャム、シロップなどが並ぶドレミファーム。商品のパッケージや見せ方の斬新なアイデアだけでなく、塩麹をいち早く世に紹介するなど、先見の明を持つ“マーケッター”の高田さんが生み出す商品は五感をも満足させる。青山のファーマーズマーケットで酢を出展していたときに、隣で出展していた農家に漬け方のレシピを教えたことから今のピクルスが生まれたそうです。漬け汁は同じでも、それぞれの野菜の水分量の違いなどを計算に入れた上で漬けられるピクルス。話をしてくれた藤井さんは「高田さんはもっとも尊敬する人。」と照れくさそうに話してくれたことが印象的でした。

■詳しくはこちらから
http://www.geocities.jp/doremifarm831/doremifarm.html

インドの最もポピュラーなベジ・フード、サモサ

Samosa wala Timokeはサモサの専門店。はじめたきっかけはインドに何回か行ったことと、お持たせにちょうどいいと思ったことからだそうです。サモサとはインドの朝食でもあり、おやつでもあり、おかずでもある日常食。インドではチャイと一緒に売られていて、イメージとしては日本で言うところの商店街のコロッケが近いようです。植物性、なるべくオーガニックで旬な野菜、そして国内産の全粒粉を使うのがこだわり。スパイスはインド産を使用。揚げ物だけど、体に優しい。これからはナスのサモサがおすすめだそうです。お店はなく、出展という形で展開しているということなので、近所に来たときはぜひチェックを!

■詳しくはこちらから
http://tidaaaa.exblog.jp/

有機野菜が豊富、産直の東都生協

数ある生活協同組合の中でも有機の品目を多く取り扱っている『産直の東都生協』。そのこだわりは農薬を50%以上削減した野菜、果物、お米を3段階の表示によりランキングを行っていることからもうかがえます。消費者から見ると分かりにくい栽培方法の違いも、一目瞭然なのが食の安全を重視する今の市場ニーズに合っていると言えます。販売者と生産者がともに食の未来を考え、消費者にベストなものを提供していく。そんな想いがつまった野菜たちは、力強い大地のエネルギーを存分に吸収していることでしょう。

■詳しくはこちらから
http://www.tohto-coop.or.jp/

日常に野菜と取り入れてほしい、あるまま農園の想い

千葉の成田で無農薬・無化学肥料の野菜を栽培しているあるまま農園。年間30品目ほどを栽培しているそう。季節ごとの定番の野菜から、なかなか出会うことのない珍しい野菜などを自家栽培と仲間から集め、届ける旬野菜の宅配ボックスを展開しています。例えば九州の地方野菜カツオ菜。これは高菜の一種で、かつお節などの出汁入らずと言われる程よい味の汁になるそうです。また葉玉ねぎは季節限定の旬 のもの。毎日の食卓にもっと野菜を取り入れてほしいという想いからブログでは調理方法も紹介しているとのこと。 笑顔のあたたかい溝口さんに育てられる野菜 たちは幸せですね!

■詳しくはこちらから
http://www.arumamanouen.com/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

Hanako Shimizu

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

つなぐ エシカリスタVol.27 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
1人でも多くの人にクロマチックハーモニカの魅力を伝えたい。南里沙さん たくさんの人の前で演奏する時も、たった1人の前で演奏する時も、その人を笑顔に...

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます