ワインに合う「手みやげ」として雑誌BRUTUSで紹介されたドレミファームのピクルスなどべジフードが集結! オーガニックライフTOKYOレポートvol.5 <べジライフTOKYO出展ブース編>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ワインに合う「手みやげ」として雑誌BRUTUSで紹介されたドレミファームのピクルスなどべジフードが集結!

「オーガニックライフTOKYO」は、ヨガライフ、ベジライフ、エシカルライフ、ワインライフの4つの分野が融合した新しいライフイベント。その第1回が、2014年4月25日から3日間、東京都千代田区にある3331 Arts Chiyodaで開催されました。 今回のレポートでは、べジライフTOKYO出展ブースの様子をピックアップしてご紹介します。

生姜の醤油漬け、ニンニクの醤油漬け

コリアンダーペースト、椎茸ペースト、塩こうじ

真のマーケッターが創る色とりどりのピクルス

色とりどりのピクルスやジャム、シロップなどが並ぶドレミファーム。商品のパッケージや見せ方の斬新なアイデアだけでなく、塩麹をいち早く世に紹介するなど、先見の明を持つ“マーケッター”の高田さんが生み出す商品は五感をも満足させる。青山のファーマーズマーケットで酢を出展していたときに、隣で出展していた農家に漬け方のレシピを教えたことから今のピクルスが生まれたそうです。漬け汁は同じでも、それぞれの野菜の水分量の違いなどを計算に入れた上で漬けられるピクルス。話をしてくれた藤井さんは「高田さんはもっとも尊敬する人。」と照れくさそうに話してくれたことが印象的でした。

■詳しくはこちらから
http://www.geocities.jp/doremifarm831/doremifarm.html

インドの最もポピュラーなベジ・フード、サモサ

Samosa wala Timokeはサモサの専門店。はじめたきっかけはインドに何回か行ったことと、お持たせにちょうどいいと思ったことからだそうです。サモサとはインドの朝食でもあり、おやつでもあり、おかずでもある日常食。インドではチャイと一緒に売られていて、イメージとしては日本で言うところの商店街のコロッケが近いようです。植物性、なるべくオーガニックで旬な野菜、そして国内産の全粒粉を使うのがこだわり。スパイスはインド産を使用。揚げ物だけど、体に優しい。これからはナスのサモサがおすすめだそうです。お店はなく、出展という形で展開しているということなので、近所に来たときはぜひチェックを!

■詳しくはこちらから
http://tidaaaa.exblog.jp/

有機野菜が豊富、産直の東都生協

数ある生活協同組合の中でも有機の品目を多く取り扱っている『産直の東都生協』。そのこだわりは農薬を50%以上削減した野菜、果物、お米を3段階の表示によりランキングを行っていることからもうかがえます。消費者から見ると分かりにくい栽培方法の違いも、一目瞭然なのが食の安全を重視する今の市場ニーズに合っていると言えます。販売者と生産者がともに食の未来を考え、消費者にベストなものを提供していく。そんな想いがつまった野菜たちは、力強い大地のエネルギーを存分に吸収していることでしょう。

■詳しくはこちらから
http://www.tohto-coop.or.jp/

日常に野菜と取り入れてほしい、あるまま農園の想い

千葉の成田で無農薬・無化学肥料の野菜を栽培しているあるまま農園。年間30品目ほどを栽培しているそう。季節ごとの定番の野菜から、なかなか出会うことのない珍しい野菜などを自家栽培と仲間から集め、届ける旬野菜の宅配ボックスを展開しています。例えば九州の地方野菜カツオ菜。これは高菜の一種で、かつお節などの出汁入らずと言われる程よい味の汁になるそうです。また葉玉ねぎは季節限定の旬 のもの。毎日の食卓にもっと野菜を取り入れてほしいという想いからブログでは調理方法も紹介しているとのこと。 笑顔のあたたかい溝口さんに育てられる野菜 たちは幸せですね!

■詳しくはこちらから
http://www.arumamanouen.com/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

Hanako Shimizu

人に驚きや感動を与える仕事がしたかった 【編集長対談】(株)グリップセカンド FARM TO PARK RACINES マネージャー 柳岡律子
コラボレーション 【 2017/4/28 】 Work & Study
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
飲食業の経験はなくても、レストランを運営するチームなら作れる 【編集長対談】(株)グリップセカンド 代表取締役 金子信也
コラボレーション 【 2017/4/26 】 Food
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
<ethicaコラボ企画> 今年のGWは【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅7日間】はいかがでしょう。 ~インスタグラマー必見!『フォトコンテスト』開催~
コラボレーション 【 2017/2/20 】 Work & Study
エコ先進国でもあるニュージーランド。そのエシカルなライフスタイルに触れる旅を、『H.I.S. 』とwebマガジン『ethica(エシカ)』のコラボ企画として発売。現地のエコ生活を肌で感じて学べる7日間(2017年4月29日~5月5日)。今度のゴールデンウイークは、“楽しかった”だけではない、特別な旅を選んでみては。
今どき女子のエシカルライフの入口は“ありちゃん”。鎌田安里紗さんプロデュース【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅】発表イベントをリポート(前編)
コラボレーション 【 2017/2/16 】 Work & Study
鎌田安里紗さんプロデュース、そしてH.I.S.企画のツアーと聞けば、素敵なライフスタイルが学べる充実した旅の予感。実際に今回のイベントに集まっているのは8割が若い女性で、大学生が目立ちました。彼女たちに参加きっかけを聞くと、みんな“ありちゃん”!今どき女子のエシカル意識も探りました。
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
天候に恵まれたゴールデンウィークの3日間、池袋からほど近い都心の公園では、青々とした広い芝生の上で家族連れやカップルなど多くの人々が思い思いに楽しみ、明るい笑い声でいっぱいになりました。 これは5月3日から5日、豊島区の南池袋公園で開催された「ニュージーランドフェア」の一幕。 このイベントはニュージーランドの魅力をもっ...

次の記事

つなぐ エシカリスタVol.27 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
1人でも多くの人にクロマチックハーモニカの魅力を伝えたい。南里沙さん たくさんの人の前で演奏する時も、たった1人の前で演奏する時も、その人を笑顔に...

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます