ワインに合う「手みやげ」として雑誌BRUTUSで紹介されたドレミファームのピクルスなどべジフードが集結! オーガニックライフTOKYOレポートvol.5 <べジライフTOKYO出展ブース編>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ワインに合う「手みやげ」として雑誌BRUTUSで紹介されたドレミファームのピクルスなどべジフードが集結!

「オーガニックライフTOKYO」は、ヨガライフ、ベジライフ、エシカルライフ、ワインライフの4つの分野が融合した新しいライフイベント。その第1回が、2014年4月25日から3日間、東京都千代田区にある3331 Arts Chiyodaで開催されました。 今回のレポートでは、べジライフTOKYO出展ブースの様子をピックアップしてご紹介します。

生姜の醤油漬け、ニンニクの醤油漬け

コリアンダーペースト、椎茸ペースト、塩こうじ

真のマーケッターが創る色とりどりのピクルス

色とりどりのピクルスやジャム、シロップなどが並ぶドレミファーム。商品のパッケージや見せ方の斬新なアイデアだけでなく、塩麹をいち早く世に紹介するなど、先見の明を持つ“マーケッター”の高田さんが生み出す商品は五感をも満足させる。青山のファーマーズマーケットで酢を出展していたときに、隣で出展していた農家に漬け方のレシピを教えたことから今のピクルスが生まれたそうです。漬け汁は同じでも、それぞれの野菜の水分量の違いなどを計算に入れた上で漬けられるピクルス。話をしてくれた藤井さんは「高田さんはもっとも尊敬する人。」と照れくさそうに話してくれたことが印象的でした。

■詳しくはこちらから
http://www.geocities.jp/doremifarm831/doremifarm.html

インドの最もポピュラーなベジ・フード、サモサ

Samosa wala Timokeはサモサの専門店。はじめたきっかけはインドに何回か行ったことと、お持たせにちょうどいいと思ったことからだそうです。サモサとはインドの朝食でもあり、おやつでもあり、おかずでもある日常食。インドではチャイと一緒に売られていて、イメージとしては日本で言うところの商店街のコロッケが近いようです。植物性、なるべくオーガニックで旬な野菜、そして国内産の全粒粉を使うのがこだわり。スパイスはインド産を使用。揚げ物だけど、体に優しい。これからはナスのサモサがおすすめだそうです。お店はなく、出展という形で展開しているということなので、近所に来たときはぜひチェックを!

■詳しくはこちらから
http://tidaaaa.exblog.jp/

有機野菜が豊富、産直の東都生協

数ある生活協同組合の中でも有機の品目を多く取り扱っている『産直の東都生協』。そのこだわりは農薬を50%以上削減した野菜、果物、お米を3段階の表示によりランキングを行っていることからもうかがえます。消費者から見ると分かりにくい栽培方法の違いも、一目瞭然なのが食の安全を重視する今の市場ニーズに合っていると言えます。販売者と生産者がともに食の未来を考え、消費者にベストなものを提供していく。そんな想いがつまった野菜たちは、力強い大地のエネルギーを存分に吸収していることでしょう。

■詳しくはこちらから
http://www.tohto-coop.or.jp/

日常に野菜と取り入れてほしい、あるまま農園の想い

千葉の成田で無農薬・無化学肥料の野菜を栽培しているあるまま農園。年間30品目ほどを栽培しているそう。季節ごとの定番の野菜から、なかなか出会うことのない珍しい野菜などを自家栽培と仲間から集め、届ける旬野菜の宅配ボックスを展開しています。例えば九州の地方野菜カツオ菜。これは高菜の一種で、かつお節などの出汁入らずと言われる程よい味の汁になるそうです。また葉玉ねぎは季節限定の旬 のもの。毎日の食卓にもっと野菜を取り入れてほしいという想いからブログでは調理方法も紹介しているとのこと。 笑顔のあたたかい溝口さんに育てられる野菜 たちは幸せですね!

■詳しくはこちらから
http://www.arumamanouen.com/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

Hanako Shimizu

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

つなぐ エシカリスタVol.27 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
1人でも多くの人にクロマチックハーモニカの魅力を伝えたい。南里沙さん たくさんの人の前で演奏する時も、たった1人の前で演奏する時も、その人を笑顔に...

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます