博報堂グループ出身のコピーライターがエシカルファッションブランドを立ち上げ インド人パートナーとの出会いをきっかけに「広告業界で培ったクリエイティビティを社会に還元したい。」と思い立つ
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
博報堂グループ出身のコピーライターがエシカルファッションブランドを立ち上げ

VEGANIEのコンセプト~One piece for One peace~ 買い物は、自分や大切な人へのプレゼント。 一緒に、誰かに幸せをプレゼントできたら、もっと、うれしい。

広告代理店のコピーライターから転身しブランドを立ち上げ

「ともに働き、サスティナブルなビジネスをもたらすことで、生産者の生活水準向上をめざしながら、生産者が暮らす風土が生んだデザインや色合いを、今のデザインによって、ちょっとオシャレなものに変えていきたい。」と語る、クリエティブディレクターの竹迫千晶さん。2005年に新卒で大広のクリエイティブ局、2009年に博報堂DYメディアパートナーズの企画プロデュース部 を経て、2010年に放送作家の小山薫堂氏が代表のオレンジ・アンド・パートナーズに入社し広告業界のコピーライター、クリエイターとして働いてきたが、2011年秋にインド人パートナーとの出会いをきっかけに、広告業界で培ったクリエイティビティを社会に還元したい、と思い立ち2012年末にVEGANIEを創業。現在もコピーライティングの仕事もフリーランスとして並行して行っているというバイタリティの持ち主だ。

VEGANIE代表の竹迫千晶さん インド バロイプール村 にて

VEGANIEってどんなブランド?

VEGANIE(ヴィーガニー)は、今年の5月に生まれたばかりのエシカルブランド。”ひとや動物を力づける Empower people and animals”をコンセプトにライフスタイル商品を提案。インドの経済的に厳しい環境で暮らす女性がハンドメイドで作る、リサイクルサリーの刺繍バッグやインドの地方で途絶えてしまいそうな伝統工芸に携わる職人と製作しているクッションカバーなど、買うひとも作るひともうれしくなる夏アイテムが揃う。”One piece for One peace project” の商品であるワンピースは、売り上げ利益の7%が子ども支援団体へ寄付される仕組みになっている。またVEGANIEは、ものづくりに留まらず、音楽教育スカラシップ、女性用布ナプキンを発展途上国の女の子に贈る支援など、さまざまなソーシャルプロジェクトで積極的に活動している。

クラッチバッグ 5000円、ワンピース 9000円税抜

クラッチバッグ 各5000円税抜

エシカ編集部も注目の女性起業家

『広告業界で培ったクリエイティビティを社会に還元したいという想い。』『パートナーとの出会い。』による情熱に満ち溢れた女性起業家の竹迫千晶さんからエシカ編集部も目が離せない。

今後のイベントやポップアップストア情報は、ショッピングサイトでチェック出来るので、新しいエシカルライフスタイルブランドVEGANIE(ヴィーガニー)で、夏満喫スタイルを見つけてみよう。

 

<VEGANIEショッピングサイト> www.veganie-shop.com

<お問い合わせ先> Veganie Ltd.  Tel: 03-6869-5822

初夏の日差しが感じられるようになったこの頃。去年とは違う、物の向こう側にある、作り手の物語まで楽しめるエシカルなアイテムを夏コーディネートのスパイスにしてはいかがでしょう。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

京都の暑い夏と大自然を楽しもう。元オリンピック選手も参加する嵐山復興支援リレーマラソン おひとり様参加型で男女のチームを結成する「RUNコンチーム」や仮装ランナーの表彰式などユーモラスな企画が盛りだくさん。
多彩なエシカル講義・実習を展開 ファッション×サスティナブルの学校「エシカルファッションカレッジ」開催(後編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます