ACEとともにインドの女の子を支援する興和 「エシカルファッションカレッジ」オーガニックコットンブース(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ACEとともにインドの女の子を支援する興和

さまざまな形でレポートしてきた「エシカルファッションカレッジ」。実は開催日の5月10日という日付にも意味があります。それはずばり“コットンの日”。五(こ)ten(テン)で、「コットン」の語呂合せと、夏に向けて綿素材の商品が販売のピークを迎えることから、日本紡績協会が1995年に制定したものです。今回のイベントでもコットン、なかでも「オーガニックコットン」をテーマにしたブースがいくつ出店されていたので、ここでご紹介いたしましょう。

前編はこちらから、http://www.ethica.jp/8055/

インド・コットン生産地で活動するACE(エース)

エシカルファッションカレッジの主催団体のひとつであるNPO法人ACEも、世界を代表する綿花栽培産地であるインドで活動しています。「貧しい綿花栽培農家では人手の確保が難しく、大人より賃金が低くてすむ子どもたちに労働を強いてしまうという現状があります。そのために子どもたちは義務教育を受けられず成長。また過酷な環境のもとで働いた結果、体を壊すなどして長く働くことができなくなることも。やがて今度は自分たちが親になると、同じことを繰り返してしまう。教育の重要性について十分理解されていないことが負のスパイラルを招いているのです」と子ども支援事業担当の成田由香子さん。「ピース・インドプロジェクト」を起ち上げ、「子どもの教育の徹底」「女の子の自立支援」「おとなの仕事の機会と収入改善」を柱に、コミュニティ全体で、住民自身が子どもの教育を支えられる仕組みづくりを推進しています。

NPO法人 ACE 子ども支援事業担当 成田由香子さん

インド人女性の将来自立を支援

「とりわけ深刻なのは女の子なのです」。男の子は家を継ぐという役割があるので、まだ大事にされるケースが多いようですが、女の子はいずれ家を出て嫁いでいく存在。しかもその際に持参金を持たせるのがインドの風習なので、教育は後回し、婚前まで働かされて、家計に少しでも貢献することを求められてしまうそう。

そこでACEは「職業訓練センター」をつくり、女の子たちが基礎教育と縫製の技術訓練を受けられる場を提供。彼女たちが将来自立して生活できるようにサポートしているそうです。

職業訓練センターでミシンの練習をしているナルサンナさん

職業訓練センターへ通いはじめ、自分の名前も書けるようになったデヴァマさん

ACEとともにインドの女の子を支援する興和

このACEの取り組みに賛同して、アシストしているのが興和株式会社。「キャベジン」や「バンテリン」などの医薬品が有名で、KOWAのロゴで親しまれている会社ですが、120年前の創業時は綿布問屋。生活関連事業部では、オーガニックコットン製品のブランド「tenerita」などで、自然と共生共存を目的に心の豊かさを求める消費者に商品を届けています。

「綿花栽培農家の収入を向上させたいというACEさんと志は同じ。今回はわが社のオーガニックコットン製のバッグを提供させていただきました」と生活関連事業部の稲垣貢哉さん。そのバッグはインドで、基礎教育と刺繍や縫製の職業訓練を受けた女の子たちに届けられ、刺繍。とても喜んで丁寧な仕事を施した後には、正当な賃金が支払われることになっています。ブースでお披露目されたそのバッグに、購入者も手を加えることで、日本とインドの女性の合作によるオンリーワンのバッグが誕生。そう、この楽しい企画そのものが現地への支援なのです。

また、興和は今後、綿花の種子を購入して農家に配布する計画も。インドの生産地では、種販売会社が一代限りしか収穫できないように遺伝子操作した種子を農薬とセットで農家に販売することが当たり前。農薬の扱いを十分に知らないまま大量に使ってしまうことから、生死にかかわるほどの健康被害を農夫や子どもたちが受けることも珍しくないそうです。興和が渡した種子は、次世代用の種をつけられるもの。農薬とセットではないので、有機栽培にも取り組むことができます。「まだまだはじめの一歩ですが、こうした試みが現地の農家の意識と働く環境が改善されていくきっかけになればと考えています」。

取材協力:稲垣貢哉(いながきみつや)87年、興和(株)入社、現在、開発生産部品質管理課 課長、 Textile Exchange 理事。オーガニックコットン生活用品ブランド「tenerita」事業を開始。08年より国際認証機関オーガニック エクスチェンジの役員、日本国内でもオーガニックコットン表示ガイドラインの作成に携わるなどして、国内外でオーガニックコットンの普及に努めている。

記者:とがみ淳志(とがみあつし)64年大阪府吹田市生まれ。神戸大学経済学部(国際経済学科)を卒業後、88年株式会社リクルート入社。海外旅行情報誌「エイビーロード」の営業および制作、93年には結婚情報誌「ゼクシィ」の創刊を担当。「ゼクシィ」の多角的運営に携わった後、99年に退社後フリーに。編集、プランニング、ライティングを行う。現在は、食、旅、酒、温泉、別荘、住まいなどの分野が中心。2008年10月より「日本旅のペンクラブ」会員に。2011年11月より理事就任。情報誌や雑誌、機内誌およびホームページなど幅広い媒体を手がけている。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

とがみ淳志

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

構想から3年後に実現したフラガール映画化 夢を、未来をあきらめない。 映画プロデューサー 石原仁美さん。今一押しの書籍は『ありふれた愛じゃない』
クールジャパン、フランスで愛される日本のカルチャー ethica from paris ヨーロッパ最大の日本文化の祭典

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます