1人でも多くの人にクロマチックハーモニカの魅力を伝えたい。南里沙さん たくさんの人の前で演奏する時も、たった1人の前で演奏する時も、その人を笑顔に...
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
1人でも多くの人にクロマチックハーモニカの魅力を伝えたい。南里沙さん

ハーモニカといえば、誰もが知っているポピュラーな楽器です。子供の頃、吹いたことがある人も多いでしょう。しかし、クロマチックハーモニカというと、知っている人はほとんどいないかもしれません。

南里沙さんは今年27歳の、日本では数少ないプロのクロマチックハーモニカ奏者です。その南さんにその魅力やクロマチックハーモニカにかける想いをお聞きしました。

オーボエからクロマチックハーモニカへ

クロマッチハーモニカはたった16個の穴とレバーの操作で4オクターブ+2音を出すことのできる楽器です。クロマチックとは「半音階」の意味で、ピアノの白鍵黒鍵の音が全て鳴らせるのが大きな特徴になっています。

もともと3歳からピアノを始め、大学時代はソリストになることを夢見てオーボエを専攻していた南さんがクロマチックハーモニカと出会ったのは今から6年前のことでした。

「私がやっていたオーボエはリード(音を鳴らす竹の振動体)を自分で削れないと一人前とは言えないのです。ある時、インターネットでオーボエのリードについて調べていたら、クロマチックハーモニカも同じリードを使う楽器だということを知ったのです。それで、とってもシンプルな楽器でありながらオーボエのようにも聞こえるし、サックスにも弦楽器にも聞こえるその奥深い音色を聞いて、魅了されてしまいました」

世界的クロマチックハーモニカ奏者の南里沙さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

いつでもどこでもどんな曲でも…… 

南さんが大学時代にオーボエを専攻していた頃、弾く曲はほとんどがクラシックでした。しかし、クロマチックハーモニカと出会ってからというもの、クラシックはもちろんのこと、ジャズやポップス、ロックから演歌まで、南さんが演奏する曲はジャンルが広がっていきました。

「クロマチックハーモニカは4オクターブ+2音の音域があるので、どんな曲でも吹けますし、どんな楽器ともアンサンブルができます。それがクロマチックハーモニカの大きな魅力ですね」

さらに、小さなバッグに入ってしまうほど小さく、どこにでも簡単に持ち運びできるのもクロマチックハーモニカならではの魅力です。

「大きなステージだけではなく、私一人立てる場所さえあればどこでも演奏できます。そんなところも、ほかの楽器にはないクロマチックハーモニカならではのいいところだと思いますね」

世界的クロマチックハーモニカ奏者の南里沙さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

基本は一つの音を確実にきれいに出すこと

クロマチックハーモニカは穴に息を吹き込んだり、吸ったりして音を出します。そして、横にあるレバーを押すことで半音、ピアノでいう黒鍵の音を出すことができます。

「クロマチックハーモニカの基本は、一つの音を確実にきれいに鳴らすということです。それには一つの穴に口を寄せて吹くのですが、その基本がいちばん難しい。どうしても音が濁ってしまうのです」

基本ができるようになれば、舌の使い方によって1オクターブの和音を出したり、息遣いで音の響きや音色の幅を変えることもできようになります。シンプルな楽器でありながら、さまざまな奏法を駆使してあらゆるジャンルの曲を自由自在に演奏ができるというわけです。

南里沙さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

音楽は言葉の壁を超える

最近では上海やウクライナ、ブルガリアなど海外で演奏することも多いという南さん、言葉は通じなくてもクロマチックハーモニカを吹くだけで国境を超えて通じ合うことができ、音楽には言葉の壁がないということが実感できるといいます。

「クロマチックハーモニカを知らない方も多いので、海外に行くと空港の手荷物検査で引っ掛かることもしばしばあるんです、これは何だって聞かれて。そんな時には、その国の曲をその場で演奏しちゃうんですよ。そうすると、ニコニコしながらOKを出してくれますよ」

聞いている人を笑顔にする演奏

かつて小学校の授業で必ず習ったハーモニカも、今は取り上げられることもなくなり、特に若い世代では、ハーモニカに触れる機会も少なくなっています。

「若い人たちの前で演奏すると、聞いた人たちは『初めてなのに、なぜか懐かしい、どこかで聞いたような音に感じる』とか『心が洗われるような気がする』といってくださるんです。そういう声を聞くとすごく嬉しいですね。クロマチックハーモニカだけではなく、そもそもハーモニカのことを知らない若い人たちにつなげるバトンを私が持っているのかなと思うと、責任を感じる反面、やりがいもありますね」

南さんは、心の扉を開くもの、それが音楽であり、そして、悲しい時や辛い時、もちろん、楽しい時も、クロマチックハーモニカの音色が寄り添ってくれるのだといいます。

「たくさんの人の前で演奏する時も、たった1人の前で演奏する時も、その人を笑顔にできる演奏ができればいいですね。それができるクロマチックハーモニカは、私にとっていいものですし、世界にとってもいいものだと信じています」

ーーETHICA TVーー

エシカ独自インタビュー映像をお楽しみ下さい。エンディングに南さんからエシカ読者への素敵なメッセージを頂きました。

*ETHICA TVとは、「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトとした映像番組です。エシカ編集部では、「私によくて、世界にイイ。」ストーリーを語って頂けるアーティストさんやストーリーをお持ちの企業様を広く募集しております。

CD2タイトルを同時発売

6月18日、2タイトルのCDが同時発売になりました。

1枚は世界中で愛され続けるシネマ・ミュージック全15曲を集めた「RISA Plays CINEMA」、そしてもう1枚は数々の歌謡ヒット曲全15曲を集めた「RISA Plays J-songs」。

「時にはささやくように、そして時にはむせび泣くように、情感たっぷりに奏でました。この2枚を聞いていただければ、クロマチックハーモニカの魅力が分かっていただけるのではないかと思っています」

世界の”映画音楽”と日本の”歌謡曲”の2タイトルを同時リリース

南里沙さんオフィシャルサイト(キングレコード)

ーーBackstage from “ethica”ーー

取材の際、目の前で吹いてくださった「曼珠沙華」は「RISA Plays J-songs」に収録された山口百恵さんの代表曲。その情熱的で繊細な音色の素晴らしさはまさに感動的でした。

あなたもぜひクロマチックハーモニカの世界に身を委ねてみては?

記者: 清水 一利(しみずかずとし) 55年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、79年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。86年、同社退社後、87年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。12年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、13年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

ワインに合う「手みやげ」として雑誌BRUTUSで紹介されたドレミファームのピクルスなどべジフードが集結! オーガニックライフTOKYOレポートvol.5 <べジライフTOKYO出展ブース編>
ジャパンエキスポ2014「料理の鉄人ー永谷園お茶漬け対決」ethica from paris クールジャパン、フランスで愛される日本のカルチャー、私によくて、世界にイイ。(日本によくて、フランスにイイ。)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます